個人事業主の店舗にクレジットカード決済導入~自営業のための主要モバイル決済比較、評判・口コミ・キャンペーン情報まとめ

モバイル決済比較と口コミ 【2020年版】(おすすめ&お得)店舗向けクレジットカード導入徹底解説

2月3日【NEW】Coineyが「のっトク!キャンペーン」を開始   2月1日【NEW】おてがるPayが「まだまだキャッシュレス!導入しようキャンペーン!!」を開始   1月21日 Squareがピピッとお試しキャンペーンを開始   12月19日  Airペイが2020年1月よりユニオンペイ(銀聯)の取扱開始を発表しました      

コラム

【モバイル決済導入】安いおすすめは?導入費用・手数料比較

クレジットカード決済を安く店舗に導入するには、モバイル決済がおすすめです。

最近人気のモバイル決済は、スマートフォンやタブレットを使うので、大がかりな機器を購入する必要がありません。

導入費用が安く抑えられる上、決済手数料も低く設定されています。

しかし、決済手数料以外にもかかる費用はあるし、どのモバイル決済を選べば、よりお得にクレジットカード決済が導入できるのか気になるところではないでしょうか。

このページでは、モバイル決済の

  • 導入費用
  • ランニングコスト

について解説します。

モバイル決済導入に使える補助金情報も掲載しています。

モバイル決済の仕組みや使い方は、こちらをどうぞ

モバイル決済導入時の費用

モバイル決済の導入に必要な物

モバイル決済を利用する時に必要な物は、次の3点です。

  1. スマートフォン or タブレット(必須)
  2. カードリーダー(必須)
  3. レシートプリンタ

このうち、スマートフォンやタブレットは、手持ちで使えるものがあれば、それを使ってもOKです。

ただ、中には、対応していない機種もあります。各サイトのヘルプコーナーやQ&Aページに、対応端末が掲載されています。

補助金を使って導入費を抑えることができる

また、これらの購入に使える補助金として、

  • キャッシュレス・消費者還元事業
  • 軽減税率対策補助金

があります。

モバイル決済導入に使える補助金

キャッシュレス・消費者還元事業

キャッシュレス・消費者還元事業とは、中小規模の店舗のキャッシュレス化の促進と、消費税率引き上げに伴う負担軽減措置として、キャッシュレス決済を導入する企業や店舗に対し、

  • カードリーダー端末を無料提供
  • 決済手数料引き下げ(期間限定)
  • キャッシュレス決済をした消費者へのポイント還元

が行われる政府の取り組みです。

キャッシュレス・消費者還元事業は、主要モバイル決済会社のサイトから、簡単に申込をすることができます。

店舗の規模や形態、業種によって、一部、対象外の店舗もありますが、申込がとても簡単で参加しやすいので、対象の方は必ず申込みましょう。

キャッシュレス・消費者還元事業に参加でもっともお得なのは?

キャッシュレス・消費者還元事業に参加すると無料で手に入る端末一覧

モバイル決済各社は、各社経由でキャッシュレス・消費者還元事業に参加した店舗に対し、カードリーダー端末を無料で提供しています。

さらに、Airペイや楽天ペイは、カードリーダーに加え、タブレットなども無料提供しています。

注意ポイント

ただし、あくまで、キャッシュレス・消費者還元事業に参加する方が対象なので、申込をしてタブレットが届いても、キャッシュレス・消費者還元事業の審査に落ちてしまった場合は、後からタブレット代が請求されます

こちらの記事で、キャッシュレス・消費者還元事業の対象となる方について解説していますが、念のため、電話で問い合わせすると確実です。

ご自分の店舗がキャッシュレス・消費者還元対象かどうかの確認はこちら↓↓↓

+ クリックで問い合わせ先を表示

ポイント還元窓口 中小・小規模事業者向け

TEL: 0570-000655

平日 10:00~18:00(土日祝日をのぞく)

IP電話番号用 042-303-4203

キャッシュレス・消費者還元事業に参加の方おすすめモバイル決済

おすすめ1位 楽天ペイ

新規契約の方が楽天ペイ経由でキャシュレス・消費者還元事業に参加すると、次の3つの無料貸与プランを選ぶことができます。

  • カードリーダー
  • カードリーダー&専用プリンタ
  • カードリーダー&タブレット

カードリーダーだけでなく、専用プリンタやタブレットをセットで無料貸与してくれるので、導入費用を抑えることができます。

キャンペーン詳細 楽天ペイの評判

公式サイトはこちら→ 翌日入金のキャッシュレス決済 加盟店募集中! 今日の売上、明日入金。

おすすめ2位 Airペイ

こちらも新規契約の方で、キャッシュレス・消費者還元事業に参加する方への特典となりますが、手持ちで業務用に使えるスマホやタブレットがない場合、AirPAYはiPadを無料提供しています。

キャンペーン詳細 Airペイの評判

公式サイトはこちら→店舗決済システムAirPAY

補助金の対象外ならキャッシュバックキャンペーンを利用しよう!

ここまでキャッシュレス・消費者還元事業に参加する方に向けて、お得なモバイル決済をご紹介しましたが、店舗の業態や規模、種類などにより、「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象でない方もいると思います。

対象外の場合、各社が実施しているカードリーダーのキャッシュバックキャンペーンが利用できます。

実施している時期によって、キャンペーンの対象条件が異なり、「〇〇円以上の決済を行うこと」など、利用金額が条件になっている場合もあります。

2020年1月現在では、各社のキャンペーンの主な条件は次の通りです。

モバイル決済キャンペーン条件

(楽天ペイは、楽天銀行以外なら4ヶ月以内で30万以上のプランもあります)

この表に書かれている事以外にも、アカウントを作って決められた手順通りに手続きを行うなど、若干の注意点はありますが、条件が厳しくないものがほとんどなので、カードリーダーを無料で手に入れることは難しくありません。

下記のページで、各社の最新のキャンペーン情報をまとめています。

キャッシュバックキャンペーン比較アイキャッチ画像
モバイル決済導入キャンペーン比較【2020年2月版】条件に注意!Square・Airペイ・Coiney・おてがるPay・楽天ペイ

カードリーダー無料の最新キャンペーン情報をまとめました このページでは、これからモバイル決済を導入する方に向けて、カードリーダー端末をお得に手に入れるための最新情報をご紹介しています。 現在、カードリ ...

続きを見る

ココがポイント

キャッシュバックキャンペーンは、条件がゆるいものが多い。各社の最新情報を確認の上、申込をしよう。

キャンペーンの内容だけでなく、使うタブレットが対応端末かどうかなども忘れずにチェック!

AirペイはAndroidに対応していません。導入の際は、各社サイトの対応端末についてのページで、ご自分のタブレットが使えるかどうかの確認をお願いします。

レシートプリンタが無くてもモバイル決済は可能

軽減税率対策補助金では、レシートプリンタ等を安く購入することができます。

しかし、モバイル決済は、メールで電子レシートを送ることができ、レシートプリンタなしでも使うことができます。

小規模の店舗では、少なからずプリンタなしで使っている店舗もあります。

レシートプリンター買っていない店舗の対処法
レシートプリンターがない店舗の対処法~紙の控えが欲しいと言われたら

SquareやAirペイ、Coineyなどのモバイル決済では、電子レシートが発行できます。 お客様のメールやSMSにレシートが送信できるので、レシートプリンターがなくても決済業務が行えます。 そのため ...

続きを見る

補助金まとめ

キャッシュレス・消費者還元事業は、基本的には、カードリーダー端末がまるまる無料となり、サービス会社によっては、タブレットなども無料貸与としているケースがあります。

この事業で決済手数料が補助される期間は、2020年6月までの期間限定で残りわずかですが、カードリーダーなどが無料で手に入るので、キャシュレス・消費者還元事業を利用するメリットはまだあります。

 

モバイル決済の手数料は?ランニングコスト

モバイル決済は、月々の固定費はかかりません。

しかし、クレジットカード決済の加盟店には、決済のたびに、その何パーセントかをひかれる決済手数料がかかります。

決済手数料は横並び

従来のクレジットカード決済に比べると安いと言われるモバイル決済の決済手数料は次の通りです。

スマートフォンで表を見る時は、横にスクロールしてください

手数料比較 Square Airペイ 楽天ペイ コイニー
VISA 3.25% 3.24% 3.24% 3.24%
MastercardR 3.25% 3.24% 3.24% 3.24%
American Express 3.25% 3.24% 3.24% 3.24%
Diners Club 3.25% 3.74% 3.74% 3.74%
Discover 3.25% 3.74% 3.74% 3.74%
JCB 3.95% 3.74% 3.74% 3.74%

Squareだけ、少し料率が違いますが、大差なく、ほぼ横並びと言えます。

 

入金手数料(振込手数料)が安いのはSquareとAirペイ

クレジットカード決済をした売上金は、後日、指定した自分の銀行口座に振り込まれます。

その振込の手数料は、どのようになっているか見てみましょう。

振込手数料一覧

Square・Airペイは無料です。

楽天ペイは、楽天銀行を振込指定口座にしていれば無料ですが、その他の銀行だと330円かかります。

Coineyは、10万円未満だと200円かかりますが、自動振り込みと手動振込どちらか選ぶことができるので、売上金が10万円に満たない場合は、手動振込にして、10万円を超えたら振込依頼をするようにすると手数料が無料になります。

ちなみに、Airペイはゆうちょ銀行は登録できないので気を付けて下さい。

カードリーダー代の買い替えにかかる費用は?

カードリーダーは、各社のオンラインサイトで、専用の物が販売されています。

新規の場合は、キャンペーンなどでカードリーダーを無料で手に入れることができても、故障により、数年経ったら買い替えが必要になる場合があります。

経年劣化による故障の買い替えは実費ですので、カードリーダーがどれくらいかもチェックしておきましょう。

現在、各社のカードリーダーの価格は以下のとおりです。

Square Airペイ 楽天ペイ Coiney

 

7,980円

(送料無料)

エアペイカードリーダー画像

 

19,800円

(送料無料)

楽天ペイ Rakuten Card & NFC Reader Elan

 

18,800円

コイニーターミナルPLUS画像

 

19,800円

(クレカ払は送料無料)

Squareのカードリーダーは、他社の半額以下と、かなり安いです。

カードリーダーは、ある種消耗品ですので、故障による買い替えが必要になることもあります。

初回はキャンペーンでお得に手に入ったとしても、買い替えは実費がかかりますから、元々の値段が安い方が助かります。

Squareのカードリーダーが安い要因は、本人認証がサインのみで、暗証番号入力用のテンキーがない仕様が関係していると思われますが、見た目としては、スタイリッシュでかっこいいデザインに仕上がっています。

おしゃれな店内の雰囲気にマッチするのも人気の一因になっています。

まとめ

導入費用を安く抑えるには、キャッシュレス・消費者還元事業に参加できる店舗は、カードリーダーだけでなくタブレットが無料貸与される楽天ペイAirペイがおすすめです。

キャッシュレス・消費者還元事業に参加できない店舗は、各社のキャッシュバックキャンペーンを利用して、カードリーダーを無料で手に入れることができます。

キャッシュバックキャンペーン比較アイキャッチ画像
モバイル決済導入キャンペーン比較【2020年2月版】条件に注意!Square・Airペイ・Coiney・おてがるPay・楽天ペイ

カードリーダー無料の最新キャンペーン情報をまとめました このページでは、これからモバイル決済を導入する方に向けて、カードリーダー端末をお得に手に入れるための最新情報をご紹介しています。 現在、カードリ ...

続きを見る

ランニングコストを抑えるには、決済手数料は各社それほど変わらないので、入金手数料に注目すると、入金手数料が無料のSquareAirペイがおすすめです。

Squareは、元々カードリーダー代が安いので、買い替えの時も負担が少なくてすむというメリットもあります。

以上、費用をかけずにモバイル決済を導入したい方に、おすすめのモバイル決済をご紹介しました。

その他、使い勝手などの口コミをまとめたページもあるので、よかったらそちらもご覧ください。

Square評判 Airペイ評判 楽天ペイ評判 Coiney評判

各社の特徴をまとめた比較表はこちら

迷ったらやってみよう!

モバイル決済診断チャート

-コラム

Copyright© モバイル決済比較と口コミ 【2020年版】(おすすめ&お得)店舗向けクレジットカード導入徹底解説 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.