個人事業主の店舗にクレジットカード決済導入~自営業のための主要モバイル決済比較、評判・口コミ・キャンペーン情報まとめ

モバイル決済比較と口コミ 【2019年版】(おすすめ&お得)店舗向けクレジットカード導入徹底解説

【NEW】10月1日モバイル決済診断チャートをリリースしました  9月26日 楽天ペイがWAONに対応しました     

コラム

宿泊業におすすめのクレジットカード決済~ホテル・旅館・民泊・ゲストハウス

旅館クレジットカード導入

昔と違う?クレジットカード決済のメリットとデメリット

ホテルや旅館などの宿泊施設は、クレジットカード決済の要望が多いにも関わらず、現金払のみのところも少なからずあります。

家族経営の小規模な旅館などからは、「カード決済の導入は、あまりメリットが感じられず、積極的になれない」という声も聞こえます。

しかし、キャッシュレス決済は、昔とは色々な面で状況が変わってきています。

今現在のキャッシュレス決済のメリットとデメリットを知れば、

「今、このタイミングでカード決済を導入しないと、逆にマズイかも・・・」

そんな風に思う方もいるかもしれません。

このページでは、キャッシュレス決済の現状と、宿泊施設におすすめのクレジットカード決済について解説します。

 

クレジットカード導入のデメリットは決済手数料や導入費用

オーナー側がクレジットカード決済の導入を渋るのは、主に次の理由です。

  • 決済手数料を払って損をしたくない
  • 導入にかかる費用や手間に見合ったメリットを感じられない
  • カード決済端末の使い方が難しそう
  • カード決済で何かトラブルが起こるのが嫌

手数料や費用、手間を考えると、利用者からの要望が高いと分かっていても、これまで通りの現金払いで様子見してしまう気持ちも分かります。

しかし、手数料や導入費用は、以前と比べて、だいぶ安く済むようになっています。

また、以前にはなかったメリットもあります。

 

初期費用や決済手数料は以前ほどかからず、政府の補助金でさらにお得に

クレジットカード決済の決済手数料は、これまで5%程度が平均的でした。

しかし、最近は、3%程度の手数料で使えるクレジットカード決済サービスが主流になりつつあります。

また、新規でクレジットカード決済を導入する場合、政府によるキャッシュレス・消費者還元事業を利用して、決済端末を無料で手に入れる手段もあり、期間限定ではあるものの、低い決済手数料で使用できるなど優遇措置もあります。

キャッシュレス・消費者還元事業とは

今のタイミングは、費用をかけないで導入できる絶好のチャンスです

また、最近は、クレジットカード決済を導入することで、以前よりも大きなメリットを得ることができる状況です。

これまで導入に尻込みしていた人も、前向きに検討してみることをおすすめします。

 

カード決済を外国人観光客にアピールすれば集客力もアップする

クレジットカードを導入することの店側のメリットと言えば、

  • 顧客単価が増える
  • 顧客数が増える
  • レジ締め作業が軽減する

などがあります。

客の立場からすると、宿泊料金は高額になりやすく、カード決済すればカード会社のポイントが貯まりやすい。

旅先でたくさんの現金を持ち歩かなくてすむメリットもあるので、クレジットカードが使える宿を選びたい気持ちがあります。

実際に、クレジットカードを導入して、売上がアップしたという例は多いのです。

また、最近、増えている外国人観光客も、現金よりクレジットカード決済を好んで使います。

日本は現金主義で、世界的に見るとキャッシュレス後進国です。キャッシュレス決済の普及が進んでいる海外では、支払いのほとんどをキャッシュレス決済で行っている国も多くあります。

多くの外国人観光客にとって、普段から慣れているカード払いの方がスムーズに支払いができ、日本円に両替する手間も省けます。

ホームページに「クレジットカード利用可」と書いただけで、それまでより売上が上がったという実例もあります。

宿選びで、カード払いできるかどうかは、大きなポイントになります。

 

予約時にカード決済してもらえばドタキャン・ノーショウ対策もできる

また、集客のメリット以外にも、予約時にクレジットカードでオンライン決済できるものを選んで導入すれば、ノーショウ(無断キャンセル)対策にもなります。

前払いできるカード会社と、そうでないところがあるので、選ぶ時に注意が必要です。

 

宿業界だけの端末C→REX(シーレックス)

c→rex

JTBが代行しているクレジットカード決済サービスです。

JTBと直契約があるか、全旅連(全国旅館生活衛生同業組合連合会)に加盟している施設は、低い手数料で利用できます。

決済手数料はホームページには明記されていませんが、導入実績では、カードブランドによっては3%以下の手数料になっています。

C→REX(シーレックス)の基本情報

入金サイクル 当月末と翌月15日の月2回
振込手数料 無料
対応決済 クレジットカード*、銀聯カード、デビットカード、6種類の電子マネー、Apple Pay、自国通貨建て決済サービス(DCC)
初期費用 端末設置管理費用30,000円(税別)
月額費用 端末貸与料1,500円(月100万円以上の取引があれば無料)
その他 デビットカード利用時は、1回ごとに300円かかります

クレジットカードブランドによっては、別途契約が必要なものもあります。

JTBは、キャッシュレス加盟店支援事業者です。JTB加盟店登録とキャッシュレス消費者還元事業の登録店舗には、決済端末(カードリーダー)の導入費用が無料となります。

C→REX公式サイト

 

オンライン決済でノーショウ対策もできるSquare(スクエア)

Squareは、手持ちのスマホやタブレットを使って、カード決済が導入できるモバイル決済の代表格です。

無料のPOSレジアプリをインストールしたタブレットやスマートフォンに、小さなカードリーダーを接続して使います。

こういった仕組みのモバイル決済は他にもありますが、その中でもSquareは使いやすさに定評があります。

POSレジアプリもシンプルで、操作も簡単です。

規模の小さい個人事業主でも審査が通りやすいですし、Squareに申込時に、キャッシュレス・消費者還元事業にも簡単に申し込めます。

Square経由でキャッシュレス・消費者還元事業に参加すれば、カードリーダー料金は0円となり、決済手数料も通常3.25%が期間限定で実質2.16%になります。

また、もしキャッシュレス・消費者還元事業の対象外の方でも、カードーリーダーが実質無料になるキャッシュバックキャンペーンが利用できます(キャッシュバック対象となるには、いくつかの条件があります)。

Squareの基本情報

入金サイクル 【三井住友銀行orみずほ銀行】翌営業日

【その他の銀行】週1回

振込手数料 無料
対応決済 クレジットカード(電子マネーは今後対応予定)
初期費用 不要(レシートプリンタは別途購入)
月額費用 無料

Squareは電子レシートがメール送信できるため、レシートプリンタはオプション扱いです。必要な場合は、別途購入が必要です。

また、決済時の本人確認は、画面に電子サインをもらう形式です。暗証番号入力による認証はありません。

 

Squareのインボイス(請求書)機能でノーショウ対策

Squareは、決済用のオンラインページURLをメール送信でき、予約者に前払いの依頼ができます。

(オンライン決済は、カードリーダーがなくても利用できます。カードリーダーによる決済手数料)

仮押さえで予約しているケースでは、たいてい支払期日までにキャンセルが入るので、ドタキャン・ノーショウのリスクを抑えることができます。

送付する請求書も日本語と英語と選べるようになっているので、海外のお客様にも利用できます。

支払忘れを防ぐために、リマインダーが送れる機能もあって便利です。

\Squareの請求書機能の詳細はこちら/

Square請求書(インボイス)

 

【コイニー】クレジットカードの他、WeChatPayなども決済できる

Coineyは、Squareと同じく、スマホやタブレットを専用のカードリーダーに接続して決済するモバイル決済です。

Coineyの特徴は、クレジットカードの他、交通系電子マネーや、中国人向けQRコードWeChatPayにも対応しています。

中国人集客に力を入れたい方におすすめです。

また、コイニーも、キャッシュレス・消費者還元事業を利用すれば、カードーリーダー(Coineyターミナル)が無料になり、対象期間中は、手数料が実質2.16%となります。

キャッシュレス・消費者還元事業の参加登録も、コイニー経由で簡単にできます。

また、キャッシュレス・消費者還元事業の対象外の方に対してもカードリーダーがタダでもらえるキャンペーンを実施中です。

Coiney基本情報

入金サイクル 月6回の手動入金 or 月1回の自動入金
振込手数料 売上合計が10万円未満:200円
売上合計が10万円以上:無料
対応決済 クレジットカード・電子マネー・WeChatPay

(電子マネーはiPhone/iPadのみ利用可、Androidは不可)

初期費用 不要(レシートプリンタは別途購入)
月額費用 無料

 

Coineyペイジは中国語・韓国語・タイ語にも対応!

Coineyペイジは、Squareのインボイスと同じような機能で、決済用のページを作ってお客様にメールで送信できます。

Squareは、日本語と英語に対応していますが、コイニーは、日本語・英語・中国語・韓国語・タイ語と多言語対応しています。

海外からのお客様が多い施設などには、とても便利ですね。

ただ、Coineyペイジは、決済できるカードブランドが限られていて、VISAとMastercardしか使えません。

Squareインボイスは、6ブランドに対応しているので、この点は注意が必要です。

SquareとCoineyは、機能的には似ていますが、売上金が入金される際の入金サイクルや振込手数料に違いがあるので、そこもチェックしておきましょう。

\Coineyの詳細はこちら/

 

中国人集客に力を入れるならAirペイもおすすめ

iPhoneやiPadとカードリーダーをつないで使うAirペイは、クレジットカードだけでなく、決済できる電子マネーが多いのが特徴です。

主要クレジットカードの他、交通系電子マネー・「iD」・「QUICPay」の決済や、Apple Payにも対応。

また、Airペイと同時申込ができる「AirペイQR」は、LINE Pay、d払い他、中国人の利用が多いAlipayやWeChat Payの決済も可能です。

中国人の集客に力を入れたい方は、Airペイもおすすめです。

(AirペイQRを利用するには、Airペイとは別に、「AirペイQR」の申込が必要です)

また、Airペイも、キャッシュレス加盟店支援事業者に登録しているので、対象期間中は、決済手数料が2.16%になります。

(アリペイとウィーチャットペイの決済手数料は、期間中も既存のまま 3.24%です)

キャシュレス・消費者還元事業への参加申請は、Airペイの申込画面から簡単に行えます。

入金サイクル 月3回or6回(銀行による)
振込手数料 無料
対応決済 クレジットカード、電子マネー(別途申込の『AirペイQR』利用で、WeChatPay・Alipay・Paypay・LINEPay等も可能)
初期費用 無料
月額費用 無料
その他 iOSのみ利用可、Android使用不可

キャシュレス・消費者還元事業参加すると、iPadとカードリーダーが無料になります


\ Airぺいの詳細はこちら /

 

 

関連記事

Squareの操作画面
Square 評判・口コミ・感想まとめ【スクエア-カード決済導入】

中小の店舗や個人事業主を中心に人気のモバイル決済。中でも、導入しやすいと評判なのがSquare(スクエア)です。 このページでは、Squareの評判・口コミ・レビューを集め、スクエアを実際に導入してい ...

続きを見る

coiney
Coiney(コイニー)-評判・口コミ・使ってみた感想まとめ【カード決済導入】

チェック Coiney(コイニー)は、キャッシュレス加盟店支援事業者に登録完了しています。 Coiney経由でキャッシュレス加盟店支援事業に加盟店登録すると、カードリーダーの無料導入や決済手数料の負担 ...

続きを見る

Airペイ写真
Airペイの評判~口コミ・感想まとめ-AirPAY(エアペイ)

このページでは、Airペイの評判・口コミをご紹介しています。 AirPAYは、リクルートが提供するモバイル決済サービスです。 現在、Airペイは、 iPad+カードリーダーが無料になるキャッシュレス・ ...

続きを見る

迷ったらやってみよう!

モバイル決済診断チャート

-コラム

Copyright© モバイル決済比較と口コミ 【2019年版】(おすすめ&お得)店舗向けクレジットカード導入徹底解説 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.