コラム

エステ・個人サロンのクレジットカード決済導入おすすめは回数券もOKのSquare

エステのクレカ導入おすすめ

エステ店は、客単価が比較的高く、「クレジットカードを使いたい」という要望が多い業種のひとつです。

店舗としても、現金の持ち合わせがない方にも追加サービスを促すことができ、決済手数料を差し引いてもクレジットカードを導入した方が、売上が上がるメリットがあります。

しかしながら、エステ店がクレジットカードを導入しようとしても、加盟店審査で落とされるケースが少なくありません。

また、個人のプライベートサロンのような小規模の店の場合、導入費用や運用費が負担となるなって、なかなか導入に踏み切れない方もいると思います。

このページでは、個人のエステ店などにも導入しやすい、費用が安く、審査が通りやすいクレジットカード決済サービスをご紹介しています。

 

費用を抑えたいならモバイル決済がおすすめ

一般的に普及が進んでいる従来型のクレジットカード決済は、クレジットカードの認証に「CAT端末」と呼ばれるカードリーダーが使われています。

このタイプですと、端末代が割高で、導入にかかる初期費用が10万円前後となる場合があります。

そこでおすすめなのが、手持ちのスマートフォンやタブレットを使ってクレジットカード決済をする「モバイル決済です。

モバイル決済は、スマホorタブレットに、無料のPOSレジアプリをインストールし、カード会社のカードリーダーとBluetoothなどで接続して決済をします。

スマホ決済Bluetooth接続

カードリーダーは無料、スマホやタブレットがあれば使える

このいったモバイル決済は、今なら、ほとんどの場合で、導入の際のカードリーダーは、無料で手に入れることができます。

各社が実施しているキャンペーンを利用することで、カードリーダーが実質無料で手に入れられます。

カードリーダー無料キャンペーン 難易度
モバイル決済導入キャンペーン比較【2020年9月版】条件に注意!Square・Airペイ・STORESターミナル:旧Coiney・おてがるPay・楽天ペイ

カードリーダー無料など最新キャンペーンまとめ このページでは、これからモバイル決済を導入する方に向けて、カードリーダー端末をお得に手に入れるための最新情報をご紹介しています。 モバイル決済は併用できる ...

続きを見る

また、レシートプリンタについても、モバイル決済は電子レシートが発行できるので、お客様にメールでレシートを送信する場合は、レシートプリンタがなくても使えます。

最低限必要なのは、スマホやタブレット、カードリーダー。

これだけでも使えますが、紙のレシートが必要な場合は、レシートプリンタを購入してください。

 

モバイル決済の導入費用・月額固定費・手数料は?

主要なモバイル決済の決済手数料は3%程度と割安で、月額固定費・初期契約料金・解約手数料はかかりません。

導入費用や手数料については、下記のページで詳しく解説しています。

no image
【モバイル決済導入】安いおすすめは?導入費用・手数料比較

クレジットカード決済を安く店舗に導入するには、モバイル決済がおすすめです。 最近人気のモバイル決済は、スマートフォンやタブレットを使うので、大がかりな機器を購入する必要がありません。 導入費用が安く抑 ...

続きを見る

このように、モバイル決済はそれほどお金をかけなくても、店舗にクレジットカードが導入できるのですが、エステ店に導入する場合は、エステに向いているモバイル決済会社を選ぶ必要があります。

エステのような継続的役務提供のサービスの取引で、クレジットカード決済することを禁止しているカード会社があるからです。

 

エステ店の審査が厳しい理由

ご存知の通り、エステは特定商取引法の規制対象となる「特定継続的役務提供」のサービスが含まれる業種のため、クレジットカード加盟店審査が厳しい側面があります。

特定継続的役務提供とは

「特定継続的役務」とは、政令で定める「特定継続的役務」(※)を、一定期間を超える期間に渡り、一定金額を超える対価を受け取って提供することを意味します。これには役務提供を受ける権利の販売も含まれ、「特定権利販売」と呼ばれます。上記要件に該当すれば、店頭契約も規制対象となります。

(※)「特定継続的役務」とは、役務提供を受ける者の身体の美化、知識・技能の向上などの目的を実現させることをもって誘引されるが、その目的の実現が確実でないという特徴を持つ有償の役務のことを意味します。

特定商取引法ガイドより引用

特定継続的役務の詳細や、その審査については、「役務提供(エステ・美容医療・塾・家庭教師・結婚相手紹介など)のクレジットカード決済導入~審査の難易度比較」に詳しく書いているので、そちらをご覧ください。

 

エステでクレジットカード決済を導入するには?

回数券やコースの金額や期間の設定に注意する

ほとんどのカード会社は、特定継続的役務(一定の期間や金額を超えるもの)の取引でのクレジットカード決済を禁止しています。

エステは、期間は1ヶ月を超えるもの、金額は5万円を超えるものが「特定継続的役務」になります。

コース料金や回数券が、1ヶ月を超えたり、5万円以上になると、クレジットカード加盟店の審査が難しくなることを覚えておいてください。

そこで、エステでクレジットカードを導入するなら、コース料金・回数券を、特定継続的役務として指定されている期間・金額を超えないように設定するのがおすすめです。

さらに大事なポイントがこちら

継続的役務の決済ができるカード会社を選ぶ

カード決済会社によっては、金額や期間に関わらず、「継続的役務の取引はクレジットカード決済禁止」としているところもあります。

例えば、Airペイの利用規約では、行ってはならない取引として、以下のような記載があります。

商品等の引渡し若しくは役務提供を複数回に渡り又は継続的に行う取引(特定商取引法第41条第1項に定義される「特定継続的役務提供」を含むが、これに限られない。)

Airペイ加盟店規約より引用

「特定継続的役務提供」を含むが、これに限られない。とあるので、特定継続的役務とならない5万円以内・1ヶ月以内であっても、複数回のサービスや、継続的なサービスの決済にAirペイを使うことは禁止ということになります。

他のモバイル決済会社を含めどのようになっているか、主要なところを見てみると、以下のようになっています。

Airペイ 継続的役務はNG
楽天ペイ 継続的役務のまとめ払いや前払いはNG。都度払いはOK。
STORESターミナル

5万円以内・1ヶ月以内の条件内で可*

継続的役務の前払いはNG。

まとめ払いはサービス提供後なら可*

*JCB / American Express / Diners Club / Discoverブランドはサービス内容に関わらず、役務提供を複数回又は継続的に行う取引は禁止

Square

5万円以内・1年以内の条件内で可。

5万円を超えても1ヶ月以内なら、VISA/MASTER/American Expressのみ可。

 

エステ店舗のクレジットカード決済導入はSquareがおすすめ

エステ店のクレジットカード導入なら、Square(スクエア)がおすすめです。

Squareで許可されているエステ店の取引は以下のようになっていて、審査が厳しくなる5万円を超えるものについても、期間が1ヶ月以内であれば、カードブランドは限定されますが決済が可能です。

Squareは、他社に比べて継続的役務で決済できる条件がゆるいので、エステ店のカード決済に向いています。

おしゃれな外観のカードリーダーも、エステ店向きと言えるかもしれません。

他にも、売上金額の入金手数料が無料であったり、入金のスピードが早い操作が簡単など、使い勝手が良さも魅力です。

Squareを実際に使った人の口コミや評判は、下記のページでまとめてご紹介しています。

 

Squareの詳細は公式サイトでご確認ください。

 

各社とのサービスの比較は、モバイル決済比較(最新版)にまとめています。

 

迷ったらやってみよう!

モバイル決済診断チャート

よく読まれている記事

どれを選ぶ 1

クレジットカード決済を店舗に導入するなら、タブレットやスマホをカードリーダーとつないで使うモバイル決済サービスがおすすめです。 中小規模の店舗や個人事業主でも、大きな費用をかけずに導入できます。 ただ ...

カードリーダー無料キャンペーン 難易度 2

カードリーダー無料など最新キャンペーンまとめ このページでは、これからモバイル決済を導入する方に向けて、カードリーダー端末をお得に手に入れるための最新情報をご紹介しています。 モバイル決済は併用できる ...

Squareの操作画面 3

\ Squareの公式サイトはコチラ / Square 中小の店舗や個人事業主を中心に人気のモバイル決済。中でも、導入しやすいと評判なのがSquare(スクエア)です。 このページでは、Squareの ...

Airペイ写真 4

\ 公式サイトはこちら / AirPAY 0円キャンペーン実施中! このページでは、Airペイの評判・口コミをご紹介しています。 AirPAYは、リクルートが提供するモバイル決済サービスです。 現在、 ...

coiney 5

おしらせ 2020年4月、コイニーは、サービス名が「STORESターミナル」に変わりました。 下記の通り名称が変わりました。 Coineyターミナル → STORESターミナル Coineyスキャン  ...

レシートプリンター買っていない店舗の対処法 6

SquareやAirペイ、Coineyなどのモバイル決済では、電子レシートが発行できます。 お客様のメールやSMSにレシートが送信できるので、レシートプリンターがなくても決済業務が行えます。 そのため ...

スクエアとエアペイ比較 7

  専用のカードリーダーにスマートフォンやタブレットを接続して、クレジットカード決済ができるモバイル決済。 その中でも、AirPay(エアペイ)とSquare(スクエア)は、人気が高いサービ ...

-コラム

© 2020 モバイル決済比較と口コミ 【2020年】クレジットカード店舗導入おすすめ診断チャート Powered by AFFINGER5