本サイトはプロモーションを含みます

POSレジ

【SquarePOSレジ】無料で使えるスクエアのポスレジ評判・解説

SquarePOSレジ

SquareのPOSレジとは?

Squareが提供するPOSレジは、タブレット端末やスマートフォンにアプリを入れて使う無料のPOSレジです。

シンプルなインターフェイスで、操作が簡単なのが特徴です。

SquareのPOSレジは、3種類あります。

  • 業種や規模を問わない「Square POSレジ」
  • 小売店向け「Square リテールPOSレジ」
  • 飲食店向け「Square レストランPOSレジ」

この記事では、SquarePOSレジを中心に、SquareリテールPOSレジ・SquareレストランPOSレジについても解説します。

特にSquarePOSレジについては、導入前に知っておきたい評判デメリットなどもご紹介しています。

口コミ・評判をすぐ見る

 

SquareのPOSレジのプラン詳細

すべて無料で使えますが、「Square レストランPOSレジ」と「Square リテールPOSレジ」は、有料プランも用意されています。

 SquarePOSレジSquareリテールPOSレジSquareレストランPOSレジ
対象/特徴業種・規模を問わない小売店向け/ 
商品登録無制限
飲食店向け/ 
メニュー管理・注文管理・テーブル管理など
無料プラン 〇 〇
有料プラン× 〇 〇
対応OSAndroid・iPad・iPhoneiPad・iPhoneiPad

有料プランへの変更はいつでも可能で、有料プランから無料プランへのダウングレードもいつでもできます。

Squareターミナルは、SquarePOSレジ・SquareリテールPOSレジ・SquareレストランPOSレジ、いずれにも対応しています。

 

Square POSレジ~業種・規模を問わない

SquarePOSレジは、無料で使える高機能なPOSレジアプリです。

iOS・Androidに対応しており、使いやすい直感的なインターフェイスで操作が簡単。

金額を手打ちしなくても画面上の商品ボタンをタッチして会計でき、スピーディーでミスも防げます(金額入力にも対応しています)。

別売りのバーコードスキャナーを使った読取にも対応。

業種や規模を問わず、入出金管理、売上分析、在庫管理、顧客情報・勤怠管理がいつでも確認できて、手作業の計算も不要なのでレジ締めも簡単です。

キャッシュレス決済にも対応しています(加盟店審査があります)。

 

量り売りにも対応

量り売りにも対応しているので、グラムやミリリットル、メートルなどの単位で、商品の価格設定ができます。

 

個別精算やオーダーエントリーも

個別精算もかんたんで、飲食店ならオーダーエントリーシステムもSquareで無料で使えます。

簡単な設定を済ませれば、座席ごとに注文を受けて、レジ精算のタイミングまで会計を保留しておけばOK。

対応機種のプリンターを用意すれば、SquarePOSレジと連携してキッチンプリンターとして使えます。

飲食店には「SquareレストランPOSレジ」の方が適していますがiPadのみ対応なので、Androidタブレットで使いたい場合は、SquarePOSレジも検討してみてもいいかもしれません。

ただ、Androidタブレットも端末によっては非対応なので、Squareの公式サイトで対応端末を確認してください。

\ 公式サイトはこちら /

 

充実したレポート機能

SquarePOSレジSquareデータ

リアルタイムで、売上状況や人気商品の確認が簡単にできます。

レポート画面では、日ごと・週ごと・月ごとの売上だけでなく、前週との比較、前月や半年前や任意の期間と比較できます。

店舗別、商品別、支払方法別(キャッシュレス決済、現金払いなど)、詳細な売上レポートも見れるので、今後の店舗運営に活用できます。

有料機能「スタッフ Plus」(月額利用料金 税込3,000円/店舗)を利用すると、従業員別の売上も確認できます。

 

複数店舗の管理ができる

SquarePOSレジは、同業種であれば複数店舗もひとつのアカウントで運用可能です。

設定できる店舗数は、最大300店です。

 

キャシュレス決済にも対応

SquarePOSレジは、キャッシュレス決済にも対応しています。

決済用のカードリーダー(税込4,980円~)の購入が必要ですが、他社と比べると大幅に割安な価格で、経費をあまりかけたくないという方にもおすすめです。

ひとつのカードリーダーで、クレジットカードも電子マネーも決済ができます。

キャシュレス決済の運用費用としては、決済手数料(3.25%~)がかかりますが、他に月額利用料などはかかりません。振込手数料も無料です。

何より、他社に比べて格段に入金サイクルが早いです。

キャッシュレス決済の利用は加盟店審査があるので、審査を通過してからカードリーダーを購入してください。

レシートプリンターやキャッシュドロアは、必要に応じて購入となります。

Squareの決済端末

Squareリーダー

Squareリーダー外観

税込4,980円 
キャンペーン中3,980円

スマホやタブレットと連動して使うコンパクトなカードリーダー。Android・i-OS対応。 

Squareターミナル

マルチ決済端末Squareターミナル

税込39,980円 
キャンペーン中31,980円

これ一台でカード読取・POS機能・レシート印刷が可能。Wi-Fi環境が必要。

Square スタンド

NEWSquareスタンド

税込29,980円

カードリーダー内蔵のi-Padスタンド。お客様に向けて回転できる(iPadはついていません)

Squareレジスター
NEW

Squareレジスター

税込84,980円

カードリーダー内蔵のPOSレジ。対面の2画面でお客様の操作もスムーズ。

決済端末不要、スマホだけでキャッシュレス導入できる!

詳しくはこちら→Squareの「スマホでタッチ決済」解説記事

 

\ 公式サイトで詳しく見る /

 

Squareの操作画面
Square(スクエア) 評判 口コミ・感想まとめ

続きを見る

 

Eメール・SMSで電子レシートが発行できる!

SquarePOSレジは、ショートメールまたはEメールで、電子レシートが発行できます。

Eメールだとメールアドレスの入力が少し面倒ですが、ショートメールの方は、数字の打ち込みだけなので、お客様にもスムーズに入力できます。

レシートプリンター買っていない店舗の対処法
レシートプリンターがない店舗の対処法~紙の控えが欲しいと言われたら

続きを見る

 

顧客管理が優秀!リマインダーやデータファイルのファイリング機能も

SquarePOSレジでは、Square経由でキャシュレス決済を利用した顧客は、自動的にカード名義の氏名が顧客登録されます。

その他の項目は手動入力ですが、顧客データをインポートすることもできます。

登録できる情報は、電話番号・メールアドレス・住所・グループ・メモ・予約の通知手段・会社名・リファレンスID・データファイルです。

メモ欄は、お客様の好みや会話から得た情報を書いたり、自分用にリマインダー設定もできる機能もついて、とても便利。

無料でオンライン予約も受付できるSquareの予約システム「Square予約」を使っている場合は、予約の通知手段の選択などの項目を登録して利用できます。

リファレンスIDは、顧客を管理する番号で、店舗側で好きな番号を割り振れます。

ファイルと写真をアップロードすることも可能で、記録や契約書、文書、写真などが顧客ごとにまとめてファイリングできます(サイズは20MB以下、形式は.pdf、.gif、.jpg、.jpeg、.pngのファイルに対応)。

 

会計ソフトと連携できる

SquarePOSレジは、会計ソフト

と連携できます。

また、ミロク情報サービス(MSJ)の会計システム4製品

  • MJSLINK DX(エムジェイエスリンク ディーエックス)財務大将
  • ACELINK NX-Pro(エースリンク エヌエックスプロ)会計大将
  • ACELINK NX-CE(エースリンク エヌエックス シーイー)会計
  • かんたんクラウド会計

のオプション機能「AI仕訳」とのAPI連携も可能で、過去の仕訳データと照合して自動で仕訳作成してくれるAI仕訳機能により、会計処理の手間が格段に省けます。

 

SquarePOSレジはネットショップと在庫・売上がリアルタイムで自動連動

Squareは、無料で使えるネットショップ作成ツール「Squareオンラインビジネス」も提供しています。

Squareオンラインビジネスでかかる費用は、決済手数料(3.6%~)のみで、月額利用料や初期費用はかかりません。

ネットショップとしては、かなり安い費用で済みます。

また、難しい知識がなくても、かんたんにネットショップが作れます。

手の込んだネットショップを作りたい方には物足りないかもしれませんが、シンプルで落ち着いたデザインに仕上がります。

Squareオンラインビジネスでネットショップを作れば、店頭在庫とネットショップの在庫が自動で連動し、注文や売上データも同期され、手作業で在庫調整する手間が省けます。

飲食店の注文サイトとしてSquareオンラインビジネスは利用でき、店頭受取やテイクアウトやデリバリーなどにも対応しています。

↓こちらの記事では、Squareオンラインビジネスで作ったサイト事例もご紹介しています。

Squareオンラインビジネス
【Squareオンラインビジネス】初心者でも作りやすいと評判の無料ネットショップ作成ツール

続きを見る

 

 

SquarePOSレジのデメリットは?

紙レシートの文字が小さめ

レシートプリンターを接続して紙のレシートを印刷した場合、レシートの文字がやや小さめです。

Square紙レシート印字

現状、文字の大きさは調整できないので、見づらいと感じる方もいるようです。

 

【デメリット】端末によって使えない機能がある

SquarePOSレジは、Android・iPhon・iPadで使えますが、端末によっては使えない機能があるで注意が必要です。

例えば、飲食店でテーブル管理をしたい場合、SquarePOSレジの事前定義伝票という機能を使いますが、iPhoneとAndroid スマートフォンでは事前定義伝票は使えません。 iPadかAndroid タブレットのみに使える機能です。

また、キャッシュドロワーとの接続はiPhoneではできず、Android端末(スマホ・タブレット)かiPadならできます。

多くの機能に対応しているのは、iPadです。

どんな機種でどのような機能が使えるか確認したい場合は、Squareのサポートページで確認できます。

Squareサポートページの検索欄に「モバイル端末タイプ別: Square POSレジ機能比較表」と入れて検索すると、一覧で確認できます。

 

トレーニングモード・テストモードがない

SquarePOSレジにはトレーニングモードやテストモードがありません。

初めて使う場合、本番の前に、実際にPOSレジの操作をして、操作手順を覚えたり慣れたりしたいところ。

SquarePOSレジはトレーニングモードがないので、レジ操作を決済完了までやってしまうと、すべてレポートに反映されます。

払い戻し処理をすればいいので、試しにやってみてもいいかもしれませんが、クレジットカード決済の場合、自店決済は加盟店規約で禁止されており、自分のカードを使って決済するのは基本的にはNGです。

ただし、試しに、自分のクレジットカードカードで決済金額を1円として、1~2回テスト決済するのは認められています。

少し不便ですが、Squareは操作手順が分かりやすく直感的にできるので、操作にはすぐ慣れると思います。

 

自動釣銭機と連携できない

Squareは自動釣銭機と連携できません。

(Squareターミナルは、Windows用POSレジ「BCPOS」(有料パッケージ)とAPI連携すれば、自動釣銭機と連携でき、セミセルフレジとして利用することは可能)

自動釣銭機と連携できるPOSレジは、AirレジスマレジPOS+(ポスタス)などがあります。

 

【デメリット】会計ソフト「弥生シリーズ」と連携できない

SquarePOSレジは、freeeやマネーフォワード、ミロク情報サービスの会計ソフトなどとデータ連携できる仕様ですが、シェアが多い会計ソフト弥生シリーズとデータ連携できません。

弥生シリーズを使っているユーザーは多いので、今後のアップデートで連携可能になることを期待です。

ちなみに、リクルートが提供している無料のPOSレジ「Airレジ」は、弥生シリーズと連携できます。

Airレジ
Airレジ(エアレジ)を実際に使った評判・料金・使い方・デメリットを解説

続きを見る

 

SquarePOSレジの使い方は?

SquarePOSレジを使うには、次の手順になります。

(キャシュレス決済を利用しない場合は、2.のPOSレジアプリをダウンロード後にアカウントを作成します)

  1. Squareの公式サイトでアカウントを作成
  2. SquarePOSレジをダウンロード  GooglePlay  App Store
  3. アプリにログインする
  4. 商品を登録する
  5. レシートをカスタマイズする

スマホやタブレットのアプリから商品登録できますが、パソコンでも可能で、Square公式サイトからログインすると、Squareデータ(パソコン用のSquare管理画面)で、商品の登録ができます。CVSデータのインポートも可能です。

商品画像を入れたり、在庫数の登録、カテゴリー設定やオプション・バリエーションの設定も可能です。

Squareのヘルプページに商品登録の詳しい説明があります。

レシートの設定では、店舗情報の編集や、自由なメッセージや、交換やキャンセルに関する方針の追記が可能です。

電子レシートにはお店のロゴを入れたり、文字をブランドカラーに変更したりすることもできます。

必要に応じて、顧客登録スタッフ登録ディスカウントの設定をしてください。

また、すでにある顧客リストを利用する場合は、Squareデータからインポートできます(Squareのサイトからインポート用のテンプレートがダウンロードできます)。

キャッシュレス決済を使う場合は、こちらの記事も参考にしてください。

ステッカーと卓上POPの写真
スクエアの登録方法・申し込みは簡単!導入の流れ・審査手順を解説

続きを見る

Squareの操作画面
Square(スクエア) 評判 口コミ・感想まとめ

続きを見る

 

SquarePOSレジの評判・口コミ・感想

SquarePOSレジを実際に使っている人の感想をご紹介します。

操作が簡単という口コミ

私もSquarePOSレジを使っていますが、とても使いやすいです。

操作がかんたんなので難しい説明がいらず、機械オンチ気味のスタッフでも扱えるのでありがたいです。

 

いつでもスタッフの出勤状況・在庫管理がチェックできる

会計額の表示が小さい

あまり気にしていませんでしたが、たしかに小さめです。

特に、使用している端末の画面が小さいと気になるかもしれません。

 

モバイルオーダーもできてオススメ

Square オンラインビジネスで、注文と事前決済ができるウェブサイトが無料で作れます。

現金決済・店頭注文も受け付けたい場合は、iPadで利用できるSquare レストランPOSレジがおすすめです。

 

小売店向け「Square リテールPOSレジ」

SquareリテールPOSレジは、小売店向きの機能が強化されたPOSレジです。

Square POSレジの機能に加え、在庫や原価の管理、取引先とのやりとりなど、複数店舗の在庫管理や、実店舗とオンラインの売上集約など、便利な機能が搭載されています。

iPhoneやiPadの内蔵カメラで、バーコードをスキャンを読み取ってかんたんに売上が計上できたり、商品検索ツールで会計時にすばやく商品を表示させることもできます。

 

SquarePOSレジでできなくて、Square リテールPOSレジでできること

  • GTINバーコードに対応
  • GTINから商品を自動登録
  • SKUの自動生成
  • 店舗間の在庫集計・在庫移動
  • iOSカメラによるバーコード読み取り
  • 会計画面の強化
  • 商品のバリエーションカテゴリ、顧客ごとの検索に対応
  • 店舗間で注文を作成

SquareリテールPOSレジはiPhone・iPadに対応

SquarePOSレジはAndroidでも使えますが、Square リテールPOSレジはiPadとiPhoneのみ対応です。

 

iPhoneとiPadでは使える機能に差がある

iPhoneとiPadでは使える機能に差があり、例えば、オーダー作成や管理・店舗間で在庫を検索、店舗間の受け取り、在庫移動、キャッシュドロワー現金管理・送り状印刷などは、iPadのみの機能となっています。

iPadの方がより多くの機能に対応しています。

 

飲食店向けのSquare レストランPOSレジ

無料で使えるSquare レストランPOSレジ

飲食店向けの「Square レストランPOSレジ」は、iPadで利用できる飲食店用のPOSレジです。

クイックオーダー入力、メニュー管理、注文管理、テーブル管理ができ、注文業務の効率化が図れます。

注文のカスタマイズ機能を活用すれば、注文時にお客さまに尋ねる項目をスタッフがかんたんに把握できます。

すべての注文はPOSレジに同期されるため、1つの場所でスムーズに管理でき、テーブル管理機能により、テーブルの空き状況や、会計待ちのテーブルがどれかなども一目でわかります。

Square オンラインビジネス(無料)と合わせて利用すれば、オンライン・オフラインの両方で受け付けた注文・売上内容を一つのアカウントからまとめて管理することができます。

POSレジを使ってスタッフの出退勤も記録できます。

 

Square レストランPOSレジ プラスプラン(月額13,000円)やプレミアムプランもあり

SquareレストランPOSレジは、さらに多機能な有料プランもあります。

モバイルPOSレジ(ハンディ)やキッチンディスプレイシステム(KDS)が利用できます。

座席管理・コース管理・フロアプランのカスタマイズも可能。

売上レポートも充実しており、シフトレポート・営業締め時間のレポート・リアルタイムでの売上確認・カテゴリのとりまとめレポート・セクション別売上レポート・メニューレポートなど、豊富なレポートにより売上分析が可能、店舗の経営に役立てられます。

 

Squareはすぐに始められる

SquareのPOSレジは、アプリを入れればすぐに始められます。

キャシュレス決済も加盟店審査がありますが、Squareの審査は他社に比べて早いのが特徴です。

無料アカウントを作れば、SquarePOSレジの他、ネットショップが作れる「Squareオンラインビジネス」、オンラインで予約が受けつけられる「Square予約」、請求書を発行してオンラインで支払いを受けつけられる「Square請求書」(キャシュレス決済の加盟店審査があります)など、Squareの便利な機能が無料で使えます。

\ アカウント作成はこちら /

 

迷ったらやってみよう!

導入おすすめモバイル決済診断チャート

-POSレジ
-,