個人事業主の店舗にクレジットカード決済導入~自営業のための主要モバイル決済比較、評判・口コミ・キャンペーン情報まとめ

モバイル決済比較と口コミ 【2019年版】(おすすめ&お得)店舗向けクレジットカード導入徹底解説

【NEW】10月1日モバイル決済診断チャートをリリースしました  9月26日 楽天ペイがWAONに対応しました     

コラム

JMSのスマホ決済「おてがるPay」他社と比較したメリット・評判・口コミ【徹底解説】

おてがるPayイメージ

安心の大手決済サービス「おてがるPay」

公式サイトはこちら

銀聯カードで中国人集客にも!

JMSのおてがるPayとは?

おてがるPayは、JMSが提供するスマートフォンやタブレットを使ったモバイル決済サービスです。

手持ちのiPhoneやiPadを使って、専用のカードリーダーとプリンタを接続して、クレジットカードや電子マネーの決済を行います。

JMSは、JCB・三菱UFJニコス・UCカードが出資して2000年に設立した会社で、クレジットカード決済代行の実績は19万店以上あります。

大手ならではのサポート体制が充実していると評判です。

新規の導入の際も、希望すれば、営業社員が加盟手続きのサポートをしてくれます。

おてがるPayの特徴

おてがるPayの決済手数料は業界最安水準

おてがるPayのクレジットカードや電子マネーの決済手数料は3%台です。

業界最安水準と言われるAirペイや楽天ペイなどと、ほぼ同じです。

おてがるPay決済種類

決済手数料他社との比較

業界最安水準の他社と比較すると、クレジットカード手数料は横並びです。

おてがるPay手数料他社との比較

ただし、交通系電子マネーの決済手数料は、Airペイや楽天ペイは3.24%ですが、おてがるPayは3.74%と若干ですが高くなっています。

おてがるPay電子マネー決済手数料他社との比較

中国人集客に強い!銀聯カードの決済ができるメリットは大きい

おてがるPayと同様のサービスとして、SquareやAirペイがありますが、おてがるPayは、中国人の利用が多い「銀聯(ぎんれん)カード」の決済ができる点が、他にはないメリットです。

中国人がメインで使う銀聯カードWeChatPayの決済は、中国人観光客が多い立地にある店舗には導入必須と言えますが、決済できるサービスが少ないのが難点です。

おてがるPayなら、主要国際ブランドのクレジットカードの他、交通系電子マネーや、銀聯カードも対応しています。

なお、銀聯カードの決済は、1回払いのみになっています。

WeChatPayは、AirペイQRCoineyで決済可、AliPay(アリペイ/支付宝)は、AirペイQRで決済可。各社の比較はこちらをご覧ください。)

入金サイクルは月2か月6、振込手数料は無料

おてがるPayで決済した売上金の振込は、契約により、月2回もしくは月6回、指定した口座に入金されます。

振込手数料はかかりません。

ゆうちょ銀行は使えません

おてがるPayは分割払いもOK

おてがるPayのようなモバイル決済サービスでは、一括払いしかできないものが多いですが、おてがるPayは、1回、2回、分割、ボーナス、リボと複数の支払手段に対応しています。

高額の商品やサービスを扱う店舗なら、分割払いを希望するお客様も多く、複数の支払方法に対応できるのは、大きなメリットです。

カードブランドによって支払回数が限られるものがあります

AMEXは、リボルビング払い・2回払いはできません。

ディスカバーカード・銀聯カードは、1回払いのみ。

ダイナースクラブは、分割払い・2回払い・ギフトカード払いはできません。

セゾンカードは分割払いはできません。

キャッシュレス・消費者還元制度に参加すればカードリーダーもプリンタも無料で導入できる

カードリーダーとプリンタが無償

おてがるPayに新規申込をする際、政府が実施しているキャッシュレス・消費者還元事業に参加すれば、カードリーターとプリンターが無償となります。

キャシュレス・消費者還元事業とは?

キャッシュレス・消費者還元事業は、中小規模の店舗のキャッシュレス化と、増税による消費者の負担軽減のための政府の政策です。

この事業に参加した中小規模の企業や個人事業主は、決済端末が無料で導入できたり、期間限定で手数料軽減措置などがあります。

また、消費者にはポイントが還元されるメリットもあります。

キャッシュレスおてがるpay

キャッシュレスおてがるpay1

期間中は、下記のカードブランドの決済手数料が2.16%になります(制度に参加しているカードブランドのみ決済手数料が下がります)。

キャッシュレス・消費者還元事業対象

キャッシュレス・消費者還元事業への申込は、おてがるPayの申込と同時に、かんたんに申込めます。

おてがるPayの使い方

おてがるPayは、スマホやタブレットに決済用のアプリをインストールし、専用のカードリーダーをBluetooth接続して使います。

こちらの動画を見ると、分かりやすいです。

おてがるPayの評判・口コミ~契約が一本化できて便利・サポートが良い

おてがるPayの評判は、実は、ネット上にはあまり出ていません。

あっても、公式サイト上の「お客様の声」くらいです。

なぜかと言うと、JMSは決済代行業を2000年から開始し、加盟店舗数も19万店を超えていますが、iPhoneやiPadを使うおてがるペイが誕生したのは、つい最近なのです。

これまでは、ずっと、据置型の決済端末機を使ったサービスの提供だったのです。

つまり、おてがるペイは、新しいサービスのため、口コミがまだ少ないんですね。

しかし、これまで約20年間、決済代行をしてきた実績があり、JCB・三菱UFJニコス・UCカードが共同で設立した会社でもあるので、サービス内容は信頼に値すると思います。

ちなみに、前述の「お客さまの声」には、ホテル・薬局・飲食店・小売店など計7店舗の感想が掲載されています。

実際使っている人の感想は貴重なので、各店舗のページを読んでみましたが、どの店舗も似たり寄ったりでちょっぴり残念。

内容としては、

  • 各社クレジットカードの契約がまとめてでき、売上金の振込も、問い合わせ先も、一本化できて分かりやすい
  • 営業担当者や問い合わせ先のサポートがよい

この2点です。

サポートやアフターフォローに力を入れていることが分かります。

おてがるPay導入のデメリットは?注意したいポイントは4つ

ネットワーク環境に注意!

Wi-Fi(無線LAN)でのインターネット接続が推奨環境です。

フリーWi-Fi・LTE環境では、交通系電子マネーが使えません。

キャッシュレス・消費者還元制度の審査は時間がかかる

おてがるPayに新規申込の方は、WEBから、かんたんにキャッシュレス・消費者還元制度の申込ができますが、これから申込をする場合、審査が終わるまでに時間がかかります。

まず、JMS(おてがるPay)の加盟店審査があり、平行して、キャッシュレス・消費者還元制度の審査が行われます。

加盟店審査は、通常4週間程度で終わりますが、キャッシュレス・消費者還元制度の審査が終わるまで2ヶ月ほどかかることがあります。

キャッシュレス・消費者還元制度を使えない方はご注意!

おてがるPayでは、新規契約の方を対象に、キャッシュレス・消費者還元制度に参加した方には、カードリーダーとプリンタを無料にしています。

しかし、中には、業種や形態により、キャッシュレス・消費者還元制度の対象とならない方もいます。

対象でない方は、カードリーダーとプリンタは有料となり、42,000円(税別)が請求されます。

内訳:カードリーダー21,000円(税別)/プリンター21,000円(税別)

自分の店舗は対象だろうと申込んだものの、キャッシュレス・消費者還元制度の審査で否認となった場合は、後で請求されるのでご注意ください。

制度の対象についてはこちらの記事で解説しています。

no image
キャッシュレス・消費者還元事業と補助金の情報まとめ~対象外の業種に注意!

2019年10月の消費税率10%へ引き上げにともなう対策として、政府が打ち出した「キャッシュレス・消費者還元事業」。 消費税引き上げの負担感の軽減対策として、キャッシュレス決済で、消費者に最大5%のポ ...

続きを見る

おてがるPayはAndroidでは使えない

おてがるPayは、iPadまたはiPhone(i-OS)と、専用カードリーダーで、クレジットカードや電子マネーを決済することができます。

Androidでは使えないので注意してください。

おてがるPayの動作環境

動作環境:iOS 12

おてがるPay対応機種

【iPhone】iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6、iPhone 6 Plus、
iPhone SE、iPhone 5s

【iPad】iPad Pro(12.9型の第1~第2世代)、iPad Pro(10.5型)、iPad Pro(9.7型)、iPad(第5~第6世代)、iPad Air 1~2、iPad mini 2~4

【iPod touch】iPod touch(第6世代)

おてがるPayはこんな方におすすめ

おてがるPayは、決済代行会社としての実績も長く、サポートがしっかりしていると評判です。

分からないことがあったり、困った時に、しっかりサポートしてほしい方におすすめです。

また、中国人の方がよく使う銀聯カードに対応しているので、中国人観光客が多い立地の方にもおすすめです。

また、キャッシュレス・消費者還元制度を利用すれば、カードリーダーとレシートプリンタ合わせて42,000円分(税別)も無償となるので、かなりお得にクレジットカード決済が導入できます。

クレジットカード決済をお得に導入したい方におすすめです。

安心の大手決済サービス「おてがるPay」

公式サイトはこちら

銀聯カードで中国人集客にも!

迷ったらやってみよう!

モバイル決済診断チャート

-コラム
-,

Copyright© モバイル決済比較と口コミ 【2019年版】(おすすめ&お得)店舗向けクレジットカード導入徹底解説 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.