コラム

【個人・サークル】コミケやイベント出店におすすめのモバイル決済はSquare・pixivPAY・STORES 決済

個人サークルのカード決済導入

「個人やサークルで物を売るのに、クレジットカード決済なんて無理だろ」と思っていませんか?

スマホやタブレットを使うSquare(スクエア)を使えば、個人やサークルでも、コミケやイベント出店などで、クレジットカード決済を受け付けることができます。

このページでは、サークルやイベント向きのクレジットカード決済「Square(スクエア)」「STORES 決済」、即売会などのイベントで利用できる便利なQRコード決済「pixiv PAY(ピクシブペイ)」についてご紹介します。

pixiv PAYは、2020年12月1日(火)でサービスを終了します

イベントにおすすめ!カード決済「Square(スクエア)」とは

サークルやイベント向きのおすすめのクレジットカード決済と言えば、Square(スクエア)です。

Squareは、スマートフォンやタブレットに、小さなカードリーダーを接続して使います。

無料POSレジアプリで操作します。

Squareイラスト

 

Squareの特徴

  • 決済ごとに手数料がかかります(3.25%~)
  • 月額固定費なし
  • 振込手数料無料
  • 暗証番号ではなく、スマホやタブレットの画面に電子サインで本人確認
  • キャンペーンでカードリーダーが無料になることがある
  • メールで電子レシートを発行できる
  • 紙の控えを発行する場合は、レシートプリンタの購入が別途必要

実際にSquareを利用している人達の評判は、こちらの記事で紹介しています。

Squareの操作画面
Square 評判・口コミ・感想まとめ【スクエア-カード決済導入】

\ Squareの公式サイトはコチラ / Square 中小の店舗や個人事業主を中心に人気のモバイル決済。中でも、導入しやすいと評判なのがSquare(スクエア)です。 このページでは、Squareの ...

続きを見る

 

Squareのおすすめ理由はサークルでも審査に通りやすい

Squareのようなスマホやタブレットを使った決済は「モバイル決済」と呼ばれており、他にも同様のサービスがいくつかあります。

このサイトでも、人気のモバイル決済サービスとして、Squareの他、Airペイや楽天ペイ、Coineyなどをご紹介しています。

その中で、個人がコミケやイベントなどで使うのに、最もおすすめなのはSquareです。

使い勝手がいいこともありますが、一番の理由は、他社と比べて、加盟店審査が通りやすいからです。

クレジットカード決済の加盟店になるには、どのサービスでも利用前に審査があります。

エアペイや楽天ペイは加盟店審査が厳しく、個人やサークルの申請は審査がほとんど通りませんが、Squareは、サークルでもOKです。

実際にカード決済を導入しているサークルの方も、Squareを推しています。

ただし、注意点もあるので、Squareに申込する前に、次のことを知っておいてください。

 

成人向け(アダルト系)商材は禁止

Squareは個人やサークルでも審査に通りやすいですが、 公序良俗に反する商材を扱うと利用規約違反となります。

アダルト系の商材を扱っていると、たいていの場合、審査で落とされます。

 

また、審査に通った後、Square導入後にアダルト系の商材を扱い始めた場合でも、利用規約違反が判明した時点で、アカウント停止などの措置になる場合もあります。

Squareは、導入後も継続的に利用状況をチェックしているので、いったん導入してしまえば好きに使っていいだろうという考えは通りません。

他にも利用規約で禁止されている商材を扱っている場合は、加盟店審査で落とされたり、一度審査に通っても利用停止となる場合があります。

とは言え、他社に比べると審査は通りやすく、間口が広いので、利用規約に違反しない商品であれば、問題なく導入できるはずです。

Squareはスタイリッシュな見た目もいいですよね。

今回はイベントなどにおすすめのカード決済として紹介しましたが、カフェ・小売店・ヘアサロン・ホテルなど様々な業種で導入されています。

WEBから簡単に申込ができ、審査が早く、スピーディーに導入できます。

Squareは、手持ちのスマホなどで利用できますが、機種によって対応していないものもあります。

対応機種等、詳しくは、公式サイトでご確認ください。

 →Square対応端末一覧はこちら

 

Squareの公式サイトはこちら

 

コミケなどでアダルト系の商材を扱いたい場合は、pixivPAYがおすすめ

コミケに特化したpixiv PAYは2020年12月1日でサービス終了

pixiv PAYは、2020年12月1日(火)でサービスを終了します

pixivpay

pixiv PAYは、QR決済ができる無料アプリです。

コミケや即売会などのイベントで、出品者・購入者の双方がアプリをインストールしていれば、お互いのスマホで決済ができます。

カードリーダーなどは不要で、スマートフォンがあればOK、無料で利用できます。

販売側は、商品の金額などをあらかじめアプリに登録しておき、売る時に、該当商品を選んでQRコードをスマホ画面に表示させます。それを購入者がスマホで読み取ると、決済ができる仕組みです。

購入者は、あらかじめアプリにクレジットカード情報を登録しておくか、コンビニの端末でポイントをチャージしておく必要があります。

また、pixiv PAYアプリは、レジのように売上商品の登録や管理が行えます。

他にも、

  • 作品を買ってくれた人やフォロワーにメッセージを送ることができる
  • 近日開催のイベントでpixiv PAYが使えるサークルを探せる

といった機能もあります。

 

pixiv PAYの費用・手数料

pixiv PAYは、何と言っても、カードリーダーがいらないのがとっても便利。

導入にお金がかかりません。

利用でかかる費用は、決済手数料と振込手数料です。

 

決済手数料

決済手数料は3.6%です。

 

支払方法は、

  • クレジットカード
  • PayPal決済
  • ポイント購入

 

振込手数料

pixiv PAYで決済した売上金は、振込申請後5営業日以内に口座に振り込まれます。

その際に、以下の振込手数料がかかります。

30,000円未満の場合: 200円
30,000円以上の場合: 300円

 

お釣りの計算や小銭の用意といった手間が省けるので、コミケやイベントなどで重宝された決済でしたが、コロナの影響でリアルイベントの場がなくなり、残念ながらpixiv PAYもサービス終了が決定しました。

【サービス終了までのスケジュール】
2020年10月1日(木) 15:00頃 pixiv PAYポイントの販売終了
2020年10月25日(日) 15:00頃 イベント追加申請の終了
2020年11月25日 (水)15:00頃 アプリ公開終了
2020年12月1日(火) 15:00頃 サービス終了
2020年12月15日(火) 15:00頃 売上金の振込申請及びポイントの払い戻し申請の受付終了

詳細は公式サイトでご確認ください。

pixiv PAY

 

電子マネー決済もしたいなら STORES 決済 がおすすめ

STORES 決済 は、Squareと同じく、スマートフォンやタブレットを使ってクレジットカード決済ができるモバイル決済サービスです。

STORES 決済 の特徴

  • 決済ごとに手数料がかかります(3.24%~)
  • 月額固定費なし
  • 暗証番号もしくは署名(画面にサイン)で本人確認
  • 振込手数料は10万未満は200円、10万以上は無料
  • カードリーダー無料キャンペーン中(条件あり)
  • メールで電子レシートを発行できる
  • 紙の控えを発行する場合は、レシートプリンタの購入が別途必要
coiney
【STORES 決済】評判・口コミ・使ってみた感想まとめ カード決済導入

おしらせ サービス名が変更になりました。 「Coiney」 → 「STORESターミナル」 → 「STORES 決済」に変わりました。 名称のみの変更で、サービスは今まで通りです。 この記事で紹介して ...

続きを見る

STORES 決済 は、Squareよりも審査は通りにくいと言われていますが、サークルでも審査に通っています。

 

注意!Androidは電子マネー決済ができない

STORES 決済 は、Androidでは電子マネー決済ができません。

電子マネー決済をするには、iOS端末が必要です。

手持ちのスマホやタブレットがAndroidの場合、電子マネー決済をしたいなら、楽天ペイなら審査に通るかもしれません。

(上記のツイートの「楽天SP」は、楽天スマートペイのことで、楽天ペイの旧名称です)

楽天ペイは、審査の難易度的には STORES 決済 より上がりますが、審査を通過しているサークルもあるようです。

ネットの評判やツイート・口コミなど、様々な情報から審査の難易度を調べてみた結果、次のようになりました。

モバイル決済導入の審査難易度比較

と言うことで、手持ちの端末がiOSなら、STORES 決済 がおすすめですが、Androidなら楽天ペイがおすすめです。

 

STORES 決済 の詳細は公式サイトでご確認ください。

 

楽天ペイについては、こちらの記事で評判をご紹介しています。

no image
楽天ペイ【店舗導入 加盟店登録】評判・口コミ・使ってみた感想まとめ

楽天が実店舗向けに提供するモバイル決済サービス、楽天ペイ(旧楽天スマートペイ)。 クレジットカード決済だけでなく、電子マネーやアプリ決済もでき、決済手数料も安い。 いいところばかり目につきますが、実際 ...

続きを見る

 

Square・pixivPAY・STORES 決済 のまとめと比較

 

 SquareSTORES 決済
pixivPAY
決済種類クレカ決済

クレカ決済

電子マネー決済(iOS)

QRコード決済
カードリーダー

7,980円

19,800円

必要なし

決済手数料

【3.25%】Visa、Mastercard、American Express、Discover、Diners Club

【3.95%】JCB

【3.24%】Visa、Mastercard、SAISONCARD、American Express、交通系電子マネー

【3.74%】JCB、Discover、Diners Club

【3.6%】

Visa、Mastercard、PayPal、ポイント購入

振込手数料無料10万未満:200円
10万以上:無料
3万円未満: 200円
3万円以上: 300円
入金サイクル

みずほ銀行・三井住友銀行:翌営業日

上記以外:毎週金曜日

月6回手動入金
or
月1回自動入金
振込申請後5営業日以内
公式サイトSquare  STORES 決済 pixiv PAY

 

カードリーダーが無料で手に入るキャンペーンをチェックしよう!

各社とも、時期によって、カードリーダーが無料になるキャンペーンをやっていることがあります。

キャンペーンの対象となれば、カードリーダーが実質無料になるので、最新のキャンペーン情報をチェックしてみましょう。

各社の最新キャンペーン情報はこちらのページでご紹介しています。

無料キャンペーン20201105
モバイル決済導入キャンペーン比較【2020年12月版】条件に注意!Square・Airペイ・STORES 決済・おてがるPay・楽天ペイ

カードリーダー無料など最新キャンペーンまとめ このページでは、これからモバイル決済を導入する方に向けて、カードリーダー端末をお得に手に入れるための最新情報をご紹介しています。 モバイル決済は併用できる ...

続きを見る

 

 

迷ったらやってみよう!

モバイル決済診断チャート

よく読まれている記事

どれを選ぶ 1

クレジットカード決済を店舗に導入するなら、タブレットやスマホをカードリーダーとつないで使うモバイル決済サービスがおすすめです。 中小規模の店舗や個人事業主でも、大きな費用をかけずに導入できます。 ただ ...

無料キャンペーン20201105 2

カードリーダー無料など最新キャンペーンまとめ このページでは、これからモバイル決済を導入する方に向けて、カードリーダー端末をお得に手に入れるための最新情報をご紹介しています。 モバイル決済は併用できる ...

Squareの操作画面 3

\ Squareの公式サイトはコチラ / Square 中小の店舗や個人事業主を中心に人気のモバイル決済。中でも、導入しやすいと評判なのがSquare(スクエア)です。 このページでは、Squareの ...

Airペイ写真 4

\ 公式サイトはこちら / AirPAY iPadとカードリーダー無料キャンペーン実施中! このページでは、Airペイの評判・口コミをご紹介しています。 AirPAYは、リクルートが提供するモバイル決 ...

coiney 5

おしらせ サービス名が変更になりました。 「Coiney」 → 「STORESターミナル」 → 「STORES 決済」に変わりました。 名称のみの変更で、サービスは今まで通りです。 この記事で紹介して ...

レシートプリンター買っていない店舗の対処法 6

SquareやAirペイ、Coineyなどのモバイル決済では、電子レシートが発行できます。 お客様のメールやSMSにレシートが送信できるので、レシートプリンターがなくても決済業務が行えます。 そのため ...

スクエアとエアペイ比較 7

  専用のカードリーダーにスマートフォンやタブレットを接続して、クレジットカード決済ができるモバイル決済。 その中でも、AirPay(エアペイ)とSquare(スクエア)は、人気が高いサービ ...

-コラム

© 2020 モバイル決済比較と口コミ 【2020年】クレジットカード店舗導入おすすめ診断チャート Powered by AFFINGER5