個人事業主の店舗にクレジットカード決済導入~自営業のための主要モバイル決済比較、評判・口コミ・キャンペーン情報まとめ

モバイル決済比較と口コミ 【2019年版】(おすすめ&お得)店舗向けクレジットカード導入徹底解説

【NEW】10月1日モバイル決済診断チャートをリリースしました  9月26日 楽天ペイがWAONに対応しました     

コラム

【個人・サークル】コミケやイベント出店におすすめのモバイル決済はSquare・pixivPAY・Coiney

個人サークルのカード決済導入

「個人やサークルで物を売るのに、クレジットカード決済なんて無理だろ」と思っていませんか?

スマホやタブレットを使うSquare(スクエア)を使えば、個人やサークルでも、コミケやイベント出店などで、クレジットカード決済を受け付けることができます。

このページでは、サークルやイベント向きのクレジットカード決済「Square(スクエア)」「Coiney(コイニー)」、即売会などのイベントで利用できる便利なQRコード決済「pixiv PAY(ピクシブペイ)」についてご紹介します。

イベントにおすすめ!カード決済「Square(スクエア)」とは

サークルやイベント向きのおすすめのクレジットカード決済と言えば、Square(スクエア)です。

Squareは、スマートフォンやタブレットに、小さなカードリーダーを接続して使います。

無料POSレジアプリで操作します。

Squareイラスト

 

Squareの特徴

  • 決済ごとに手数料がかかります(3.25%~)
  • 月額固定費なし
  • 振込手数料無料
  • 暗証番号ではなく、スマホやタブレットの画面に電子サインで本人確認
  • キャッシュバックキャンペーンを利用すればカードリーダー(7,980円)が無料になる
  • メールで電子レシートを発行できる
  • 紙の控えを発行する場合は、レシートプリンタの購入が別途必要

実際にSquareを利用している人達の評判は、こちらの記事で紹介しています。

Squareの操作画面
Square 評判・口コミ・感想まとめ【スクエア-カード決済導入】

中小の店舗や個人事業主を中心に人気のモバイル決済。中でも、導入しやすいと評判なのがSquare(スクエア)です。 このページでは、Squareの評判・口コミ・レビューを集め、スクエアを実際に導入してい ...

続きを見る

 

Squareのおすすめ理由はサークルでも審査に通りやすい

Squareのようなスマホやタブレットを使った決済は「モバイル決済」と呼ばれており、他にも同様のサービスがいくつかあります。

このサイトでも、人気のモバイル決済サービスとして、Squareの他、Airペイや楽天ペイ、Coineyなどをご紹介しています。

その中で、個人がコミケやイベントなどで使うのに、最もおすすめなのはSquareです。

使い勝手がいいこともありますが、一番の理由は、他社と比べて、加盟店審査が通りやすいからです。

クレジットカード決済の加盟店になるには、どのサービスでも利用前に審査があります。

エアペイや楽天ペイは加盟店審査が厳しく、個人やサークルの申請は審査がほとんど通りませんが、Squareは、サークルでもOKです。

実際にカード決済を導入しているサークルの方も、Squareを推しています。

ただし、注意点もあるので、Squareに申込する前に、次のことを知っておいてください。

 

Squareのキャッシュバックキャンペーンは条件に注意

Squareで実質中のキャッシュバックキャンペーンを利用すれば、カードリーダーが実質無料で手に入ります。

ただし、キャッシュバックの対象となる条件を見落とさないでください。

この記事を執筆している時点のキャッシュバックの条件は、

「Square Readerを購入してから90日以内に、実際にSquare Readerを使って合計決済額が10,000円を超えた方

となっています。

これがクリアできないと、実質0円にはなりません。

キャンペーン内容は、時期によって変わることがあるので、必ずSquareでキャンペーン詳細を確認して下さい。

当サイトでは、こちらのページで、Squareの最新キャンペーンをご紹介しています。

 

成人向け(アダルト系)商材は禁止

Squareは個人やサークルでも審査に通りやすいですが、 公序良俗に反する商材を扱うと利用規約違反となります。

アダルト系の商材を扱っていると、たいていの場合、審査で落とされます。

 

また、審査に通った後、Square導入後にアダルト系の商材を扱い始めた場合でも、利用規約違反が判明した時点で、アカウント停止などの措置になる場合もあります。

Squareは、導入後も継続的に利用状況をチェックしているので、いったん導入してしまえば好きに使っていいだろうという考えは通りません。

他にも利用規約で禁止されている商材を扱っている場合は、加盟店審査で落とされたり、一度審査に通っても利用停止となる場合があります。

とは言え、他社に比べると審査は通りやすく、間口が広いので、利用規約に違反しない商品であれば、問題なく導入できるはずです。

Squareはスタイリッシュな見た目もいいですよね。

今回はイベントなどにおすすめのカード決済として紹介しましたが、カフェ・小売店・ヘアサロン・ホテルなど様々な業種で導入されています。

WEBから簡単に申込ができ、審査が早く、スピーディーに導入できます。

Squareは、手持ちのスマホなどで利用できますが、機種によって対応していないものもあります。

対応機種等、詳しくは、公式サイトでご確認ください。

 →Square対応端末一覧はこちら

 

Squareの公式サイトはこちら

 

コミケなどでアダルト系の商材を扱いたい場合は、pixivPAYがおすすめ

コミケに特化したスマホ決済pixiv PAY(ピクシブペイ)

pixivpay

pixiv PAYは、QR決済ができる無料アプリです。

コミケや即売会などのイベントで、出品者・購入者の双方がアプリをインストールしていれば、お互いのスマホで決済ができます。

カードリーダーなどは不要で、スマートフォンがあればOK、無料で利用できます。

販売側は、商品の金額などをあらかじめアプリに登録しておき、売る時に、該当商品を選んでQRコードをスマホ画面に表示させます。それを購入者がスマホで読み取ると、決済ができる仕組みです。

購入者は、あらかじめアプリにクレジットカード情報を登録しておくか、コンビニの端末でポイントをチャージしておく必要があります。

また、pixiv PAYアプリは、レジのように売上商品の登録や管理が行えます。

他にも、

  • 作品を買ってくれた人やフォロワーにメッセージを送ることができる
  • 近日開催のイベントでpixiv PAYが使えるサークルを探せる

といった機能もあります。

 

pixiv PAYの費用・手数料

pixiv PAYは、何と言っても、カードリーダーがいらないのがとっても便利。

導入にお金がかかりません。

利用でかかる費用は、決済手数料と振込手数料です。

 

決済手数料

決済手数料は3.6%ですが、2019年9月まで、キャンペーン期間中のため、決済手数料はかかりません。

 

振込手数料

pixiv PAYで決済した売上金は、振込申請後5営業日以内に口座に振り込まれます。

その際に、以下の振込手数料がかかります。

30,000円未満の場合: 200円
30,000円以上の場合: 300円

 

カードリーダーがいらないので、手軽にキャッシュレス決済が導入できるのがpixiv PAYのメリットです。

キャシュレスならお釣りの計算を毎回しなくて済むのも嬉しいです。

pixiv PAYの詳細はこちらの公式サイトでご確認ください。

pixiv PAY

 

電子マネー決済もしたいならCoiney(コイニー)がおすすめ

Coiney(コイニー)は、Squareと同じく、スマートフォンやタブレットを使ってクレジットカード決済ができるモバイル決済サービスです。

Coiney(コイニー)の特徴

  • 決済ごとに手数料がかかります(3.24%~)
  • 月額固定費なし
  • 暗証番号もしくは署名(画面にサイン)で本人確認
  • 振込手数料は10万未満は200円、10万以上は無料
  • カードリーダー無料キャンペーン中
  • メールで電子レシートを発行できる
  • 紙の控えを発行する場合は、レシートプリンタの購入が別途必要
coiney
Coiney(コイニー)-評判・口コミ・使ってみた感想まとめ【カード決済導入】

チェック Coiney(コイニー)は、キャッシュレス加盟店支援事業者に登録完了しています。 Coiney経由でキャッシュレス加盟店支援事業に加盟店登録すると、カードリーダーの無料導入や決済手数料の負担 ...

続きを見る

コイニーがSquareと違う点は、クレジットカードの他、電子マネーの決済もできることです。

(Squareは、電子マネーの対応予定はあるものの現時点では未対応)

電子マネー決済も使いたいなら、Coineyがおすすめです。

コイニーは、Squareよりも審査は通りにくいと言われていますが、最近、サークルでも利用しているところが増えてきています。

 

注意!Androidは電子マネー決済ができない

Coineyは、Androidでは電子マネー決済ができません。

電子マネー決済をするには、iOS端末が必要です。

手持ちのスマホやタブレットがAndroidの場合、電子マネー決済をしたいなら、楽天ペイなら審査に通るかもしれません。

(上記のツイートの「楽天SP」は、楽天スマートペイのことで、楽天ペイの旧名称です)

楽天ペイは、審査の難易度的にはコイニーより上がりますが、審査を通過しているサークルもあるようです。

ネットの評判やツイート・口コミなど、様々な情報から審査の難易度を調べてみた結果、次のようになりました。

モバイル決済審査難易度ランキング

モバイル決済審査難易度ランキング

 

と言うことで、手持ちの端末がiOSなら、Coineyがおすすめですが、Androidなら楽天ペイがおすすめです。

 

Coineyの詳細は公式サイトでご確認ください。

 

楽天ペイについては、こちらの記事で評判をご紹介しています。

no image
楽天ペイ【店舗導入 加盟店登録】評判・口コミ・使ってみた感想まとめ

楽天が実店舗向けに提供するモバイル決済サービス、楽天ペイ(旧楽天スマートペイ)。 クレジットカード決済だけでなく、電子マネーやアプリ決済もでき、決済手数料も安い。 いいところばかり目につきますが、実際 ...

続きを見る

 

Square・pixivPAY・Coineyのまとめと比較

 

  Square Coiney pixivPAY
決済種類 クレカ決済 クレカ決済

電子マネー決済(iOS)

QRコード決済
カードリーダー 7,980円

(キャッシュバックキャンペーン中)

19,800円

(無料キャンペーン中)

必要なし
決済手数料 【3.25%】Visa、Mastercard、American Express、Discover、Diners Club

【3.95%】JCB

【3.24%】Visa、Mastercard、SAISONCARD、American Express、交通系電子マネー

【3.74%】JCB、Discover、Diners Club

3.6%*
振込手数料 無料 10万未満:200円
10万以上:無料
3万円未満: 200円
3万円以上: 300円
入金サイクル みずほ銀行・三井住友銀行:翌営業日

上記以外:毎週金曜日

月6回手動入金
or
月1回自動入金
振込申請後5営業日以内
公式サイト Square  Coiney  pixiv PAY

※2019年9月まで、キャンペーン期間中のため、決済手数料はかかりません。

 

キャシュレス・消費者還元制度にサークルや個人は参加できる?

政府の「キャッシュレス・消費者還元事業」をご存知でしょうか?

キャシュレス・消費者還元事業は、中小規模のキャッシュレス化と、増税の負担軽減のための政府の政策で、中小規模の企業や個人事業主が対象の補助金です。

この事業に参加すると、カードリーダー端末が無料で導入できたり、決済手数料が一定期間下がり、2.17%以下になります。

no image
キャッシュレス・消費者還元事業と補助金の情報まとめ~対象外の業種に注意!

2019年10月の消費税率10%へ引き上げにともなう対策として、政府が打ち出した「キャッシュレス・消費者還元事業」。 消費税引き上げの負担感の軽減対策として、キャッシュレス決済で、消費者に最大5%のポ ...

続きを見る

ただし、この対象になるには、いくつか条件があります。

 

販売実績がある個人事業主はOK

キャッシュレス・消費者還元事業の対象となる方は、以下のすべての要件を満たしている必要があります。

① 日本国内で事業を営む中小・小規模事業者等、個人事業主であること。

※中小・小規模事業者等が法人の場合、日本国内に拠点を置き、日本国内で事業を営む者であるこ と。

※個人事業主の場合、日本国内に居住し、日本国内で事業を営む者であること。

② 本事業を継続的に実施する安定的な事業基盤を有していること。

③ 開業届、納税証明書等の営業の実態を確認できる書面を B 型決済事業者又は準B型決済事業者に対 して提出できること。

④ 経済産業省が所管する補助金交付等の停止及び契約に係る指名停止措置を受けていないこと。

⑤ 法令順守上の問題を抱えている者でないこと。

⑥ 提出された申請や報告の情報が、事前告知を行わず、国又は補助金事務局から公表される場合(統 計的な処理等をされて匿名性を確保しつつ公表される場合を含む。)があることに同意できること。

⑦ B 型決済事業者又は準B型決済事業者を通じて、本事業の要件を満たしていることが証明できる証 憑を補助金事務局に提出できること。

⑧ 本事業に関する内容等について、国又は補助金事務局からの依頼により調査を実施する場合、必ず 協力できること。

⑨ 別途、補助金事務局が定める「宣誓事項」に同意し、遵守できること。

個人事業主でこれまでに営業実態があれば、個人でも対象になります。

ただ、業種や取り扱い品目によって、対象外となる場合もあります。

詳しくは、こちら(加盟店登録要領)

 

開業届を出していない場合は、営業実態が分かる書面が必要

本業でなく趣味の延長上や、副業として、開業届を出さずに販売事業等を行っている方もいると思います。

そのような場合、キャッシュレス・消費者還元事業には参加できるかどうか気になりますよね。

キャッシュレス・消費者還元事業の問い合わせ先に電話して聞いてみたところ、可能性はゼロではないようです。

開業届を出していなくても、これまでの営業実態が分かる書面が提出できれば、可能性はあるようです。

参加申請の際、次の書類の提出が求められます。

  • 開業届
  • 確定申告書
  • 納税証明書
  • 業種に係る許可証・免許証(写)

開業届がない場合は、それ以外の書類で営業実態が確認できれば、申請することができます。

審査に通るかどうかは、ケースバイケースなので分かりませんが、開業届がなければ絶対にダメということではないようです。

 

法人格のない任意団体=サークルは参加できない

サークルはキャッシュレス・消費者還元事業に参加できるのでしょうか?

結論から言うと、どうやら無理のようです。

キャッシュレス・消費者還元事業の対象外の事業者としてあげられている中に、「法人格のない任意団体」があります。

 

法人格のない任意団体とは?

法人格のない任意団体とは、団体として活動していも、実際に契約などを行う際には団体として契約できず、団体構成員の代表者の個人名義で契約を交わすような任意の団体です。

団体名義で契約を結んだり、財産を所有するには、法律に基づいて一定の手続きを行って「法人格」を取得する必要があります。これを取得していないのが、法人格のない任意の団体です。

町内会やサークルなどが、法人格のない任意の団体にあたります。

と言うことで、サークルは、キャッシュレス・消費者還元事業に申込しても、審査で落とされる可能性が高いです。

サークルでなく、例えば、個人でハンドメイドで作ったものなどをイベントやフリマで販売しているような方は、納税証明書や確定申告書で、これまでの営業実態が確認できれば審査に通る可能性はあります。

 

キャッシュレス・消費者還元事業に参加できなくても、キャッシュバックキャンペーンが利用できる

キャッシュレス・消費者還元事業に参加すれば、Squareやコイニーのカードリーダーを無料で手に入れることができます。

サークルなどは、その対象外となっていますが、SquareもCoineyも、対象外の方向けのキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

キャッシュバックの対象となれば、カードリーダーが実質無料になるので、条件等を確認して、上手に利用してください。

各社の最新キャンペーン情報はこちらのページでご紹介しています。

キャッシュバックキャンペーン比較アイキャッチ画像
モバイル決済導入キャンペーン比較【2019年9月版】条件に注意!Square・Airペイ・Coiney・楽天ペイ

カードリーダー端末が無料になる最新キャンペーン情報解説 このページでは、これからモバイル決済を導入する方に向けて、カードリーダー端末をお得に手に入れるための最新情報をご紹介しています。 現在、カードリ ...

続きを見る

 

 

迷ったらやってみよう!

モバイル決済診断チャート

-コラム

Copyright© モバイル決済比較と口コミ 【2019年版】(おすすめ&お得)店舗向けクレジットカード導入徹底解説 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.