各社クチコミまとめ

Square Terminal(スクエアターミナル)口コミ・評判 デメリットも徹底解説!


Squarスクエアターミナル

 

モバイル決済サービスのSquareは、持ち運びできるプリンター内蔵のキャッシュレス決済端末「Squareターミナル」を2021年3月16日に国内リリースしました。

これ1台で、

  • クレジットカード・デビットカード・電子マネーの読み取り
  • POSレジ操作
  • レシート印刷

が可能です。

Squareターミナルは、POSレジカードリーダープリンターがひとつになった端末で、バッテリーも内蔵しているので持ち運びができ、店内だけでなく、オープンテラスなどでのテーブル決済にも使えます。

また、現金の入金や、Squareで取扱いがない電子マネーや商品券も、手動で入力してPOSレジ上で管理でき、レシートを発行することもできます。

この記事では、従来のSquareのカードリーダー「Squareリーダー」と「Squareターミナル」の違いを中心に、Squareのサービスについてまとめています。

スクエアターミナルのデメリットなどにも触れていますので、どちらを選ぶか迷っている方にもぜひ読んでみてください。

Squareリーダー

Squareリーダー

スマホやタブレットと連動して使う

本体価格 7,980円(税込)

Square Terminal

これ一台でカード読取・POS機能・レシート印刷が可能

本体価格 46,980円(税込)

 

※この記事には一部PRが含まれます

スクエアターミナルの提供会社Squareとは?

Squareターミナルを提供しているSquareという会社は、Twitterの創業者でもあるジャック・ドーシー氏がCEO(最高経営責任者)を務める、アメリカの大手モバイル決済事業者です。

2009年創業で、モバイル端末を使ったキャッシュレス決済サービスを2010年に開始、日本国内では三井住友フィナンシャルグループと提携し、2013年からサービスを開始しました。

現在は、アメリカ・日本の他、カナダ・オーストラリア・イギリス・アイルランドでサービスを展開しています。

 

【比較】Squareターミナル と Squareリーダー

Squareリーダーはスマホやタブレットと接続してカードを読み取る

Squareが当初より提供しているのが、四角い小さなカードリーダー「Squareリーダー」を、タブレットやスマホに接続して、カード決済を行うサービスです。

Squareリーダー

Squareリーダーは一見カードリーダーとは思えないようなスタイリッシュなフォルムが特徴的です。

Squareリーダーを使う場合は、スマホまたはタブレットが必要で、スマホなどにインストールしたPOSレジアプリで会計の操作を行います。

 

スクエアターミナルは、5.5型ディスプレイでオールインワン

Squareterminal外観

Squareが新たにリリースしたSquareターミナルは、本体にPOS機能が備わっており、スマホやタブレットは不要です。

前述の通り、1台に、クレジットカードリーダー・POSレジ・レシートプリンターの機能が搭載されています。

操作は、液晶ディスプレイにタッチして行います。

 

Squareターミナルの基本情報

ディスプレイ5.5型の液晶ディスプレイ
外形寸法86.4×142.2×63.5mm
重量417g
レシート紙感熱紙 57×36mm(幅×直径)
接続Wi-Fi / Ethernetによる有線のLAN接続

 

Wi-Fi接続が基本。4G・LTE回線は使えない。

スクエアターミナルは、4GやLTEには対応していないので、基本的にはWi-Fiが使える環境で使用します(公共の無料Wi-Fiは使用不可)。

Wi-Fiがない場合やWi-Fi接続が不安定な時は、別売りのSquareターミナル専用ハブ(別売)を使えば、有線のLAN接続に切り替えて使うこともできます(イーサネット経由でネットワークに接続できる環境の場合)。

Square Terminal専用ハブ (1)

Squareターミナル専用ハブ

スクエア ターミナル専用ハブは、キャッシュドロワー、バーコードスキャナー、外部のレシートプリンターなどと接続する時にも使えます。

ただ、有線LANだと持ち運びができません。

すでにプロバイダと契約してパソコンでインターネットを利用しているのであれば、モデムとパソコンの間に無線LANルーターを接続してWi-Fi環境を作るのがベストです。

 

Wi-Fi環境を作るには

すでに有線でパソコンを利用しているのであれば、無線LANルーターを購入してパソコンとモデムの間に接続し、設定を行えばWi-Fi環境が作れます。

かかるのは無線ルーターの購入費用のみで、別途回線料金がかからないので、一番コスパがいいです。

無線ルーターとは

無線LANルーターは、通信速度、通信距離範囲、最大同時接続数などの性能により価格に差があります。

それほど広くない店舗であれば、あまりこだわらなくてもいいと思いますが、広い店舗や、電波を遮る障害物が多い店舗では、電波の届く範囲が狭いWi-Fiルーターだと支障が出ることもあります。

インターネット回線が規定速度を満たしていない場合、電子マネーの決済が受付できないので、安定したインターネット回線が利用できるように注意してください。

ルーターのメーカー大手は、NECやBUFFALO などがあります。NECは通信の安定性に定評があり、BUFFALOのAirStationシリーズは設定が分かりやすくコスパもよいという評判です。

→【Amazon】NEC Wi-Fiルーター

→【Amazon】BUFFALO wifiルーター

Wi-Fiルーターの設置ができない、Wi-Fiルーターの設定が面倒という方には、コンセントにさすだけでWi-Fi化できるサービス(SoftBank Air )を利用する手もあります。

ただし、端末の購入費用や毎月の通信料がかかります。

また、同業他社のJMSのマルチ決済端末VEGA3000なら、LTEに対応しているので(LTE接続回線を契約の場合、別途SIM利用料が月額税込693円かかります)、Wi-Fiがなくても利用でき、決済端末も無料なので検討してみるのもいいでしょう。

 

テザリングできる

Squareターミナルはテザリング(スマホなどのデータ通信を利用してインターネットに接続すること)できます。

Wi-Fi・イーサネットどちらも使えない場合は、スマホのテザリング機能を使って通信することも可能です。

ただし、テザリングで使用すると、スマホの通信量を使うことになるので、常時使うとなると通信量制限など影響が出る場合があります。また、スマホ側のバッテリーも消耗しやすいといデメリットもあります。

 

オフラインモードで使うこともできる

一時的にオフラインモードに切り替えて決済することもできます。

ただし、 オフラインモードで使用できる決済方法はスワイプ(磁気テープを利用した決済)のみで、ICチップでの決済、タッチ決済、電子マネーは、Square ターミナルを使用してのオフラインモードでは受け付けられません。

 

【スクエア ターミナル】機種同士の相性の心配なし、接続の手間なし

Squareリーダーは対応しているスマホやプリンタが必要

従来のSquareリーダーは、スマホやタブレットなら何でもOKというわけではなく、中には、Squareリーダーに対応していない機種もあります。

と言っても、Squareリーダーに対応しているスマートフォンやタブレットの端末の種類は多いので、そこまで問題ではないのですが、Androidはすべての製品の動作確認をしてるわけではないので、端末の相性が気になるところではありました。

また、レシートプリンターも、対応しているプリンターしか使えません(電子レシートが発行できるので、紙のレシートが不要な場合は、レシートプリンターはなくても可)。

 

スクエアターミナルはこれ1台でOK

それに対し、スクエアターミナルは、スマホやタブレットが必要ないので、端末同士の相性を気にする必要がなく、別途レシートプリンターを買う必要もありません。

それぞれの機器を設定したり、接続する手間がないので、電子機器が苦手な方にも、スクエアターミナルはおすすめです。

ICカード・磁気カード・タッチ決済(EMV)・電子マネー (Felica)が、これ1台で決済できます。

Squareは、タッチ決済(コンタクトレス決済)に対応しています。

タッチ決済とは

「タッチ決済」や「コンタクトレス決済」とは、非接触決済対応のクレジットカードやデビットカードを、カードリーダーにタッチするだけで決済できる仕組みです。

クレジットカードに下記のようなマークがついていれば、カードリーダーにかざすだけで、支払が完了します。

タッチ決済マーク←タッチ決済対応マーク

一定金額を超えなければ、サインや暗証番号の入力が不要なので、スピーディーに支払ができます。

Squareリーダーも、Squareターミナルも、どちらもタッチ決済に対応しています。

実際の使い方は、こちらの動画を見てください。

 

暗証番号による本人確認ができる

スクエアターミナルは、クレジットカード決済の本人確認に、暗証番号が使えます。

Squareリーダーは、サイン(署名)でしか本人確認できませんでしたが、スクエアターミナルは、スクリーンに表示されるタッチキーボードの数字をタップして暗証番号を入力することができます。

価格

Squareterminal価格

【Squareリーダー】本体価格は税込7,980円

Squareリーダーは、他社の半額以下という、非常にお手頃価格のカードリーダーです。

手持ちのスマホやタブレットを使ってSquareリーダーを使用すれば、とても安価でキャッシュレス決済を導入することができます。

 

【スクエア ターミナル】本体価格は税込46,980円

一方、Squareターミナルの価格は、46,980円。

Squareリーダーに比べると、値が張ります。

ただ、Squareリーダー用のレシートプリンターを買おうとしたら、それだけで4~5万円かかり、さらに、スマホやタブレットを新たに購入する場合は、Squareターミナルよりもトータルで使うお金は高くなります。

そう考えると、Squareターミナルは、意外とリーズナブルかもしれません。

 

スクエアターミナルが無料のキャンペーンはある?

キャッシュレス決済サービス各社では、カードリーダーなどが無料になるキャンペーンがよく行われています。

しかし、残念ながらこの記事の執筆時点では、スクエアターミナルが無料のキャンペーンは行われていません。

各社のキャンペーンの最新情報まとめは、別記事で随時更新していますので、チェックしてください。

Check!
キャッシュレス導入キャンペーン
モバイル決済(スマホ キャッシュレス決済)店舗導入キャンペーン比較【2022年6月版】

各社モバイル決済の導入キャンペーン最新情報(2022年6月現在)を随時更新中!   スマホもタブレットも不要!  プリンタ内蔵マルチ端末が無料 !! >>詳しく見る<< 目次 【クレジットカ ...

続きを見る

 

Squareターミナルの決済手数料や入金サイクルはSquareリーダーと同じ

決済手数料や入金サイクルなど、本体価格以外の費用やサービス内容は、SquareターミナルもSquareリーダーも同じです。

Squareの決済手数料は3.25%~

Squareの決済手数料

Squareの決済手数料*

*手入力決済、ブラウザ決済(Visa、Mastercard、American Expressのみ)の場合は、決済手数料は3.75%

業種に限らず、決済手数料は3.25%~です。

 

Squareは入金が早い

店舗経営側からすると、決済手数料が安いのは当然ありがたいのですが、さらに重要なのが、「入金が早いか遅いか」ではないでしょうか。

Squareは、

みずほ銀行・三井住友銀行の場合は、翌営業日入金

それ以外の銀行の場合は、週1回(水曜締め金曜日払)の入金です。

入金が早いのは助かりますね!

 

Squareは振込手数料無料・月額固定費なし・初期契約料無料

Squareターミナルは振込手数料もかかりません。

  • 振込手数料無料
  • 初期費用不要
  • 月額固定費なし

他社では、振込手数料がかかるところもあるので、毎回無料というのは大きいです。

 

決済の種類

決済の種類は、主要クレジットカードの他、交通系電子マネー(PiTaPaを除く) の決済ができます。

また、スクエアリーダーと同様、ICチップ読取、磁気カード読取、タッチ決済の受付ができます。

 

これまでと同じく便利な機能が無料で使える

Squareターミナルは、商品登録や、顧客管理・在庫管理、レポートと分析、請求書のオンライン送信など、これまでのSquareと同様、多機能です。しかも、これらの機能は基本的には無料で使えます。

POS機能は直感的に操作できるデザインで、操作が簡単、使いやすいです。

また、クラウド会計ソフトのfreeeやMoney Forward、オンラインストアのWixやWoocommerce(ウーコマース)と連携も可能。

Squareのアカウントがあれば無料でネットショップが作れる「Squareオンラインビジネス」を使って、テイクアウトやデリバリーの事前決済なども可能です。

 

\ 公式サイトで詳しく /

 

スクエアターミナルはPayPayなどのQRコード決済は未対応

Squareリーダーも、スクエアターミナルも、QRコード決済に対応していません。

PayPay、au PAY、d払いなどのQRコード決済は使えません。

日本市場向けのスクエアターミナルの開発時に、QRコード決済も視野に入れていたようですが、電子マネーが優先され、QRコード決済は見送りになったようです。

ただし、スクエアターミナルのPOSレジ機能は、現金やSquareで取り扱いのない電子マネーも、決済を手動で記録することができます。

もし、PayPayを別途契約して利用する場合は、スクエアターミナルに都度取引を入力することでスクエアターミナルの売上レポートにも反映されます。

PayPayに直接申込はこちら→PayPay

 

スクエア ターミナルのデメリットは?口コミ 評判

スクエアターミナル便利でよいという口コミ

 

サクサク使えて便利で良いという評判です。

届くのも早いようです。

 

Wi-Fi環境がないと使えないという口コミ

前述しましたが、Wi-Fiがない場合は、有線LAN接続やテザリングで使うことは可能です。 ただ、それだと使い勝手が悪いというケースもあると思います。 LTEで使いたい場合は、JMSのマルチ決済端末VEGA3000ならLTEに対応しており、決済端末も無料なのでおすすめです。ただ、Squareに比べると、業種によっては審査に通りにくいかもしれません。

 

レシートが少し出るという口コミ

これは、すごく地味な現象ですが、ちょっと気になりますね。

プリンタの動作確認の一環として、電源のオンオフでレシートが少し出る仕様で、電源を落とさなければ出ないのですが…

業務が終わったら電源落としたくなりますよね。

たくさん出ている場合は、カバーを開けて手動で戻すしかないようです。

 

現金払いも記録できて便利という口コミ

Squareターミナルに内蔵されているSquarePOSレジは、Squareの対応キャシュレス決済以外の取引も手動で記録することができます。

ギフトカードや現金取引も、POSレジに入力すればレシートも発行でき、売上データのレポートにも残ります。

 

動作と接続についての口コミ

 

レジ回りがスッキリという口コミ

 

レシートの印字が小さいという口コミ

レシートの文字が小さくて読みづらいのはちょっと困りますね。

ただ、自分が買い物をした時のことを考えてみると、小さい字のレシートをもらっても、あまり何とも思わずレシートを受け取っているように思います。

他の口コミでも、あまりレシートの字についての言及はないようです。

とは言え、字の大きさが気になるかどうかは人それぞれ。

スクエア ターミナルは30日間の無料返品保証があるので、使ってみてあまりにも字が小さいと感じたら、返品保証を使うのもありです。

30日間なら開封後も返品無料です。

 

\ 公式サイトで詳細を確認 /

 

Squareリーダーとスクエア ターミナル、どちらがよいか

Squareリーダーを選んでも、Squareターミナルを選んでも、本体の料金以外の費用(決済手数料)については、どちらも同じです。

なので、「持っているスマホやタブレットを使いたい」という方はSquareリーダーにしてもいいですし、「あれこれ考えるのが面倒なのでオールインワンのスクエアターミナルがいい」というのもアリだと思います。

紙のレシートがいらない場合はSquareリーダーがおすすめですが、紙のレシートがいる場合、Squareリーダーに対応しているプリンターがどれか調べてから買う手間があります。

iPhoneやiPadには対応してても、Androidのスマホやタブレットでは非対応だったりするプリンターもあるので、事前によく確認しないとダメです。

その点、スクエアターミナルは、プリンター内蔵なので、あれこれ悩む必要なし。

検討する時間も手間がありません。

また、レシート用のプリンターは価格が高めなので、それを考えると、オールインワンで46,980円は割安です。

使用済みでも返品できる【30日間無料返品保証】つきなので、実際に使って試せます。

 

\ 申し込みはこちら/

 

迷ったらやってみよう!

導入おすすめモバイル決済診断チャート

-各社クチコミまとめ
-,

© 2022 モバイル決済比較と口コミ 【2022年】クレジットカードをスマホで店舗導入 Powered by AFFINGER5