コラム

paypay(ペイペイ) -店舗負担が無料?スマホ決済・QRコード決済導入

「100億円あげちゃうキャンペーン」で、世間の話題をさらった、QRコード決済のPayPay。

ソフトバンクとヤフーの合弁によるキャッシュレス決済サービス事業ということで、販促もこれまでにない大規模のものになっています。

一方、PayPay経由でクレジットカードが不正に使われたとのニュースもあり、導入をためらっていたという方もいるのではないでしょうか。

現在、PayPayでは、セキュリティが強化され、不正利用防止の対策がとられています。

また、悪意ある者による不正取引が行われた場合でも、原則加盟店に取引金額の全額を入金する補償制度も用意されています。

あなたの周りでも、PayPay加盟店が増えてきているのではないでしょうか?

そして、PayPayを店舗に導入してみようかと検討中の方もいるのではないでしょうか。

このページでは、PayPay検討中の方や、PayPay聞いたことはあるけどよく分からないという店舗オーナーに向けて、PayPayのサービスについて解説します。

\ 1分で仮登録完了!/

 

PayPayの仕組み・使い方は?

PayPayの名前は聞いたことがあっても、実際にどうやって使うのか、イマイチ分からない方もいると思います。

PayPayは、2018年10月にスタートしたばかりの新しいサービスですので、知らなくても当然と言えば当然です。

PayPayは、通常のクレジットカード決済と違って、カードリーダーでクレジットカードを読み取るのではなく、QRコードを読取って決済するのが特徴です。

QRコードを読み取って決済できる

PayPayの決済方法は二通りあります。

  • ユーザースキャン(客が店舗のQRコードをスキャンして決済)
  • ストアスキャン(店が客のスマホアプリに表示されているバーコード・QRコードをスキャンして決済)

お客さんが店舗のQRコードを読取って支払いをするユーザースキャンが簡単に利用できて、よく使われているようです。

実際にどうやって決済しているのか、動画を見ると分かりやすいです。

会計は、お客さんが店舗固有のQRコードを読取って、金額を入力して決済しています。

お客さんは、あらかじめ、スマホにPayPayのアプリをインストールし、クレジットカードや銀行口座の情報をアプリに登録しておく必要があります。アプリを通して、クレジットカード決済や銀行引落で決済が行われる仕組みです。

 

PayPayのデメリット

お客さんのスマホにアプリが入っていないと使えない

PayPayは、新しいサービスですので、クレジットカードは持っていても、PayPayは使ったことがないという方は多くいます。

PayPayを使ったことがないお客さんが、「クレジットカードで払いたい」と言った場合、その場でアプリをダウンロードしてもらい、カード情報の登録をしてもらってから決済する、という流れになります。

PayPayが話題になっていると言っても、聞いたことがある程度で利用したことがない人は多いため、店舗側がPayPayの使い方などを説明してからアプリをダウンロードしてもらっているという店舗も実際にあり、少しばかり手間も時間もかかります。

この点は、PayPayのデメリットと言えます。

 

登録できるクレジットカードが限られている

PayPayでアプリに登録できるクレジットカードは次の3種類のブランドです。

  • VISA
  • Master
  • JCB(Yahoo! JAPANカードのみ)

JCBはYahoo! JAPANカードに限って使えますが、それ以外だとJCBのカードは使えません。

American Express・Diners Club・Discoverなども使えません。

使えるカードブランドが限られています。

 

このようなデメリットはありますが、店舗へのスマホ決済の導入という面からみると、PayPayの利便性は高いです。

一般的なクレジットカード決済では、カードを読取るカードリーダーが必要ですが、QRコード決済はカードリーダーなしで簡単にキャッシュレス決済が導入できます。

PayPayの加盟店になったら、PayPayからQRコードが届くので、それを店頭に掲示すればOKです。

また、費用面でも、負担が少なく導入できるメリットがあります。

 

PayPayの店舗側の負担は?初期費用0円・各種手数料0円ってホント?

PayPayの広告では、「決済手数料が0円」という文字に驚いてしまいますが、これは期間限定や条件がついているので注意が必要です。

決済手数料無料はユーザースキャンが対象

PayPayの決済方法は、先にあげたように、ユーザースキャンとストアスキャンがありますが、決済手数料が無料になるのは、ユーザースキャンした場合のみとなっています。

このことを念頭においておけば、ユーザースキャンは、手軽に使える方法ですし、特に問題はないと思いいます。

決済手数無料は2021年9月30日までの期間限定

ユーザースキャンでお客さんが読取ってくれれば、決済手数料は無料になりますが、それも期間限定です。

2021年9月30日まで決済手数料無料としており、その以降は未定ですが、2020年4月1日以降新たに加盟店になる年商10億円以上の法人の場合は有料となっています。

年商10億円以上の法人の場合の手数料は開示されておらず企業規模によるようなので、個別にPayPayに問い合わせが必要のようです。

年商10億円未満の場合は、どうなるのかまだ分かりません。

日本では、一般的なキャシュレス決済は、現状、安くても3%以上の決済手数料がかかっています。

それくらいになるのか、もっと下げてくるのか今のところ分かりませんが、このままずっと無料ということはないと思われます。

また、PayPayでは、中国人観光客が日常的に使っているQRコード決済「Alipay(アリペイ)」も決済でき、その決済手数料は2020年9月30日までの期間限定で無料、2020年10月1日からは、1.98%となっています。

 

PayPayの入金サイクルと振込手数料

PayPayで決済された売上金の入金は、どこの銀行口座を使うかたによって、タイミングと手数料が変わってきます。

ジャパンネット銀行の口座を使うと、入金の際の振込手数料が無料で、しかも、入金のタイミングも早いのです。

ジャパンネット銀行なら売上金額に関わらず自動で翌日入金されます。

ジャパンネット銀行以外の銀行の場合は、累計決済が1万円以上になると、自店の口座に翌々営業日に入金されます(ゆうちょ銀行は4営業日後)。1万円に満たない場合は、毎月、月末に締めて入金となります。

PayPayの場合、入金口座をジャパンネット銀行にすると、ずっと振込手数料が無料となりますが、それ以外の口座の場合も、2020年6月30日までは無料となっています。

(スマホの方は表は横にスクロールしてください)

締日入金タイミング入金手数料
累計1万円以上、もしくは月末ジャパンネット銀行翌日ずっと0円
その他最短で翌々営業日

2020/6/30まで

0円

2020/7/1以降

105円

導入時に、ジャパンネット銀行の口座を作って指定口座にするのがベストです。

ジャパンネット銀行とは?

ジャパンネット銀行は、インターネットバンキングで、セブン銀行やローソン銀行、ゆうちょ銀行などの提携ATMを使って入出金ができます。

提携ATM入出金手数料

 3万未満3万以上
月1回まで無料無料
月2回目以降

165円 or 330円

(提携ATMによる)

無料

詳しくはこちら→ジャパンネット銀行

PayPayの導入のスピードは?

PayPayの加盟店になるには、審査を通過しなければなりません。

審査に1週間ほどかかり、審査に通れば、運用ツールが入ったキットが送られてきます。

スピーディーに導入できたという口コミもあります。

今後PayPayの普及はどうなる?

今後、PayPayがどれだけ普及するか未知数なところもあります。

日本人にとっては、QRコードという決済方法自体がまだなじみが薄く、クレジットカードの決済が主流の現状です。

同じキャッシュレス決済でも、クレジットカード決済がメインで、QRコード決済はサブ的な使われ方が今後も続くのではないかと思います。

しかし、PayPayは、テレビCMや、話題性のあるユーザー向けキャンペーンなどで、認知度が上がってきていることは間違いないです。

私の店舗でも、お客さんから「PayPay使えますか?」と聞かれることも増えてきました。

PayPayが使えるお店についても、大手チェーン店でも導入している店舗は多く、今後導入予定の店舗も多数あります。

 

PayPayが使えるお店

PayPayが使えるコンビニ

PayPayが使えるコンビニ

 

 

PayPayが使える家電量販店

PayPayが使える家電量販店

PayPayが使えるドラッグストア

PayPayが使えるドラッグストア

この他、居酒屋店などでも多く導入されています。

この勢いはしばらく続くと思われます。

期間限定と言うものの、各種手数料が無料の今、導入してみるには絶好のチャンスです。

PayPayの申し込みはこちらかどうぞ。

\ 1分で仮登録完了!/

 

クレジットカード決済の導入も同時にできるAirPAY QRもおすすめ

iPadやi-Phoneを使ってクレジットカードや電子マネーの決済ができるAirペイの関連サービス「AirPAY QR」では、PayPay・LINE PAY ・WeChatPay・アリペイ・d払い・auPAYの決済ができます。

「Airペイ」は、国内主要クレジットカード、suicaなどの交通系電子マネー、ApplePay、iD・QUICPayなど多くのキャッシュレス決済に対応しています。

「AirPAY」と「AirPAY QR」にそれぞれ申込すれば、決済できるキャッシュレスの種類が一気に増えます。

ただ、Airpペイは、PayPayのQRコード決済と違い、クレジットカードや電子マネーを読み取るカードリーダーと、iPadまたはiPhone(Androidは不可)が必要です。

Airペイでは、カードリーダーが無料になるキャンペーン実施中ですので、検討してみてはいかがでしょうか。

Airペイについてもっと知りたい方はこちらの記事をどうぞ

Airペイ写真
Airペイの評判~口コミ・感想まとめ-AirPAY(エアペイ)

Airペイは、2020年1月から「UnionPay(ユニオンペイ/銀聯-ぎんれん)」の取り扱いを開始! \ 公式サイトはこちら / AirPAY 0円キャンペーン実施中! このページでは、Airペイの ...

続きを見る

 

迷ったらやってみよう!

モバイル決済診断チャート

よく読まれている記事

どれを選ぶ 1

クレジットカード決済を店舗に導入するなら、タブレットやスマホをカードリーダーとつないで使うモバイル決済サービスがおすすめです。 中小規模の店舗や個人事業主でも、大きな費用をかけずに導入できます。 ただ ...

導入キャンペーン 2

カードリーダー無料の最新キャンペーンまとめ このページでは、これからモバイル決済を導入する方に向けて、カードリーダー端末をお得に手に入れるための最新情報をご紹介しています。 カードリーダーを無料で手に ...

Squareの操作画面 3

\ Squareの公式サイトはコチラ / Square 中小の店舗や個人事業主を中心に人気のモバイル決済。中でも、導入しやすいと評判なのがSquare(スクエア)です。 このページでは、Squareの ...

Airペイ写真 4

Airペイは、2020年1月から「UnionPay(ユニオンペイ/銀聯-ぎんれん)」の取り扱いを開始! \ 公式サイトはこちら / AirPAY 0円キャンペーン実施中! このページでは、Airペイの ...

coiney 5

おしらせ 2020年4月、コイニーは、サービス名が「STORESターミナル」に変わりました。 下記の通り名称が変わりました。 Coineyターミナル → STORESターミナル Coineyスキャン  ...

レシートプリンター買っていない店舗の対処法 6

SquareやAirペイ、Coineyなどのモバイル決済では、電子レシートが発行できます。 お客様のメールやSMSにレシートが送信できるので、レシートプリンターがなくても決済業務が行えます。 そのため ...

スクエアとエアペイ比較 7

  専用のカードリーダーにスマートフォンやタブレットを接続して、クレジットカード決済ができるモバイル決済。 その中でも、AirPay(エアペイ)とSquare(スクエア)は、人気が高いサービ ...

-コラム
-

© 2020 モバイル決済比較と口コミ 【2020年】クレジットカード店舗導入おすすめ診断チャート Powered by AFFINGER5