個人事業主の店舗にクレジットカード決済導入~自営業のための主要モバイル決済比較、評判・口コミ・キャンペーン情報まとめ

モバイル決済比較と口コミ 【2019年版】(おすすめ&お得)店舗向けクレジットカード導入徹底解説

【NEW】10月1日モバイル決済診断チャートをリリースしました  9月26日 楽天ペイがWAONに対応しました     

コラム

〇〇ペイ・QRコード決済・電子マネーを分かりやすく解説【キャシュレス決済まとめ比較】Google Pay・Apple Pay・PayPay・LINE Pay…

〇〇ペイまとめ

最近、よく聞く「〇〇ペイ」やQRコード決済などのキャッシュレス決済。

たくさん増えてきて、何がどう違うのか、どんな種類があるのかよく分からない!

そんな方もいると思います。

特に、これからキャッシュレス決済を店舗に導入しようと検討中のオーナーは、どんなタイプのものがあるのか、主要なものは知っておきたいですよね。

そこで、基本の電子マネーと、最近人気のQRコード決済・〇〇ペイなどを、種類別に分けてまとめてみました。

 

プリペイド式(事前チャージの前払い)【ICカード&モバイル版】

主要電子マネー

ICカードにチャージした分だけ利用できるプリペイド式の電子マネー。

モバイル版もあり、おサイフケータイ対応のスマホなどでも使えます。

  • 楽天Edy(らくてんエディ)
  • Suica(スイカ)などの交通系ICカード
  • nanaco(ナナコ)
  • waon(ワオン)

これらは、発行枚数も多く、利用者にもなじみがある電子マネーです。

 

ポストペイ式(使った分だけまとめてクレジットカードで決済)【ICカード&モバイル版】

iDquickpay

クレジットカードと紐づけして、使った分だけ後でまとめてクレジットカード会社経由で決済される電子マネーです。

  • iD (NTTdocomo)
  • QUICPay ・QUICPay+

iDとQUICPayは、「暗証番号やサインなしで、クレジットカードを使えるようにしたもの」と考えればOKです。

iDは、1万円以下の買い物なら暗証番号不要でサインレス、QUICPayも暗証番号もサインも不要です。

レジでかざすだけで決済できるので、スピーディーに支払いができます。

カードで使う場合は、iDやQUICPayに対応したクレジットカードなど*を使います。

モバイル版は、おサイフケータイに対応したスマホをレジでかざして決済します。

*ほとんどの場合、iDやQUICPayが付帯したクレジットカードを使うので後払いですが、例外として、プリペイド式のものやデビット式のカードもあります。

 

QRコード決済【スマホアプリ】

QRコード決済

  • Origami Pay(オリガミペイ)
  • LINE Pay(ラインペイ)
  • 楽天ペイ(らくてんぺい)
  • PayPay (ペイペイ)
  • d払い
  • メルペイ

バーコードまたはQRコードを読取ってアプリを使って決済する電子マネーです。

QRコード決済には、二通りの決済方法があります。

  • 客がスマホでQRコードやバーコードを表示(レジで店員が読取る)
  • 店舗がQRコードを表示(客がスマホで読み取る)

利用するサービスによって、アプリに登録した銀行口座からチャージして使う前払い式と、クレジットカード情報をアプリに登録してクレジットカード経由で支払う後払い式があります。

Pay Pay・Origami Pay・メルペイなどは、ユーザーを対象とした大幅キャッシュバックや割引のキャンペーンが多いことでも話題になっています。

 

また、 LINE PayやPayPayは、割り勘ができる点が特徴です。

LINE Payは、個人間送金ができるので、一人がまとめて払った後に、他の人が割り勘分の金額をその人に送金します。

PayPayは、「わりかん」機能でがあるので、グループメンバー各自が支払いをすればOKです。

 

中国人向けQRコード決済【スマホアプリ】

中国人向けQRコード決済

  • ALIPAY / 支付宝(アリペイ)
  • WeChat Pay / 微信支付(ウィーチャットペイ)

中国の都市部では、キャシュレス化が進み、QRコード決済が主流の決済方法となっています。

「支付宝(アリペイ/Alipay)」と「微信支付(WeChat Pay/ウィーチャットペイ)」は、中国の2強スマホ決済で、中国人集客をするなら、どちらも導入が必須と言える決済です。

 

クレジットカードをスマホに複数登録できる【電子ウォレット】

googlepay-applepay

  • Applepay
  • GooglePay

スマートフォンに、複数のクレジットカードや電子マネーを登録して決済できるサービスです。

レジでスマホをかざすだけで決済できます(一定の金額を超えると、暗証番号の入力が必要な場合あり)。

Applepay

iPhone、AppleWatchで利用できる電子ウォレットです。

iD・QUICPay・Suicaを使って決済することができ、これらが利用できるクレジットカードやプリペイドカードを「Apple Wallet(アップルウォレット)」に登録することで決済できるようになります。

Google Pay

おサイフケータイ対応のAndroidで使える電子ウォレットです。

Google Payは、Edy・nanaco・WAON・Suica・QUICPayを使って決済することができ、これらの電子マネーに現金・またはクレジットカードからチャージすることで決済できます。

 

店舗がスマホやタブレットを使ってクレジットカードを導入するサービス【店舗向けモバイル決済】

店舗向けクレジットカード決済サービス

店舗向けのクレジットカード決済導入サービスにも、「〇〇ペイ」と名前がついたものもあります。

当サイトでもご紹介していますが、スマホやタブレットを利用してクレジットカード決済が導入できるモバイル決済の「Airペイ」や「楽天ペイ」などです。

主要モバイル決済

  • Airペイ
  • Square
  • Coiney
  • 楽天ペイ

モバイル決済の仕組みなどを知りたい方はこちら
モバイル決済とは?スマホやタブレットでクレジットカード決済

主要なモバイル決済会社の比較記事はこちら
モバイル決済サービス比較

これらのモバイル決済サービスは、店舗がクレジットカード決済を導入するためのものですが、クレジットカードだけでなく、電子マネーも決済することができます(Squareはこれから対応予定)。

今まで見てきたLINEペイやメルペイ、PayPay(ペイペイ)などを店舗に導入しようとした場合、それぞれの会社に、加盟店の申込を個々にしなければなりません。

ところが、モバイル決済の場合は、交通系電子マネーなどをまとめて申し込めます。

(モバイル決済会社によって、利用できる電子マネーは異なります。また、導入には審査を通過する必要があります。)

例えば、Airペイの加盟店に申込をした場合、クレジットカード決済の他に、Suicaなどの交通系電子マネー・QUICPay・iD・Apple Payの決済も審査を通過すれば、導入できます。

さらに、「AirペイQR」に同時申込して審査通過した場合、アリペイ・WeChat Pay・LINE Pay・d払いも導入可能。

Coineyの場合は、Coineyスキャンに同時申込をして審査を通過すれば、Suicaなどの交通系電子マネーと中国人向けQR決済「WeChatPay」の決済を導入することができます。

モバイル決済会社により、扱っている電子マネーが異なるので、詳しくは、モバイル決済比較表でご確認ください。

 

まとめ

主要な電子マネーや〇〇ペイについてお伝えしましたが、これ以外にも、まだまだ色々な電子マネーやキャッシュレス決済があり、今後も増えていくと思われます。

今回の記事では、店舗オーナーであれば、とりあえず知っておきたいものを選んでご紹介しました。

数が多いので複雑ですが、おおまかにでも頭に入れておきましょう。

そして、もし、キャシュレス決済の導入を考えているなら、まずは利用者の多いクレジットカード決済の導入が最優先となります。

店舗にクレジットカード決済を導入するなら、店舗向けモバイル決済サービスがおすすめです。

現在、各社で実質無料でカードリーダーを購入できるキャンペーンが実施されており、導入費用が抑えられ、決済手数料も低く設定されています。

各社の比較はこちらの記事をご覧ください。

モバイル決済比較のイラスト
モバイル決済比較(2019年9月版)店舗導入おすすめは?Square・Coiney・Airペイ・楽天ペイ

複数の会社とクレジットカード決済の契約している場合は、それぞれの会社ごとにキャッシュレス・ポイント還元事業の登録申請をする必要があります(詳細こちら) キャッシュレスポイント還元事業とは? 中小の店舗 ...

続きを見る

迷ったらやってみよう!

モバイル決済診断チャート

-コラム

Copyright© モバイル決済比較と口コミ 【2019年版】(おすすめ&お得)店舗向けクレジットカード導入徹底解説 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.