コラム

複数のQRコード決済一括導入まとめて契約できるサービス徹底検証

QRコード一括契約

PayPay、auPay、d払い、LINEPayなど、QRコード決済が以前より身近なものになってきました。

この記事では、ご自身の店舗への導入を検討中のオーナー・個人事業主に向けて、国内の主要QRコード決済や、中国人向けQRコード決済のアリペイ(支付宝: Alipay)・ウィーチャットペイ(微信支付:WeChatPay)など、複数のQRコード決済をまとめて契約して店舗に導入できるサービスを比較してご紹介しています。

また、直接契約する場合と、条件がどう違うのかも検証しています。

手数料などに違いがありますので、どうぞ最後までお読みください。

 

QRコード決済は2通りのやり方がある

QRコード決済は、次の二通りのやり方があります。

  1. がQRコードを読み取る
  2. 店員がQRコードを読み取る

がQRコードを読み取る

客が読み取る

客がレジに掲示されたQRコードを、スマートフォンで読取ります。

お客様のスマートフォンに表示された決済画面で、支払額の入力など操作をしてもらいます。

店員は決済内容が表示された画面を確認するか、あるいは、サービスによっては、店舗アプリで確認できます。

店はQRコードが印刷されたものを掲示すればOKなので、基本的に、専用の端末はいりません。

 

店員がQRコードを読み取る

店員が客のスマホの画面に表示されたQRコードを、タブレットやスマホ、スキャナーで読取ります。

客は、スマートフォンアプリ内にあるQRコードの画面をレジで提示します。

この場合、店がタブレットなどを用意する必要があります。

タブレットは、サービスに適応していれば、手持ちのものでもOKというケースが多いです。

サービスによって、お客さんが読取る方式であったり、店員が読み取る方式であったり、どちらもできるものもあります。

 

QRコード決済をまとめて契約できるサービス比較

このページでは、複数のQRコード決済をまとめて契約できるサービス、主要3社をご紹介します。

どのサービスを利用するかによって、契約できる決済の種類や、手数料が違いますので、比較表にまとめました。

 

AirペイQR

AirpayQR

TakeMe Pay

TAKEMEPAY

クラウドペイ

クラウドペイ

初期費用0円0円0円
月額利用料0円0円0円
決済手数料3.24%3.0%3.24%
入金サイクル月1回月1回月2回
入金手数料0円260円(税別)0円
国内paypay×
d払い×
auPAY×
LINEpay
jcoin××
中国WeChatPay
アリペイ
アジアAlipay Connect×
その他AirPAYQRとは別サービス(別途契約が必要)のAirPAYを利用すれば、クレジットカード・電子マネー決済もできるアジア6カ国の決済や、クレジットカードも決済可(決済画面でカード情報の入力が必要)

 

対応OSiPad・iPhone不問(PC・スマホ・タブレット)不問(PC・スマホ・タブレット)
QRコードの読取店がスキャン

客がスキャン

(店がスキャンする方法も近日開始予定)

客がスキャン
公式サイトAirPAY QRTakeMe PayCloudPay

3社について、詳しく解説します。

 

AirペイQR(エアペイQR)

AirペイQRは、iPadやiPhoneで、複数のQRコード決済ができるサービスです。

iPadやiPhoneにAirペイQRのアプリをダウンロードして、お客様のQRコードを店員が読取ります。

メモ

「AirペイQR」の関連サービスとして、「Airペイ」があります。

Airペイは、クレジットカード・電子マネー決済ができるサービスで、AirペイQRとは別に申込が必要です。

→Airペイの詳細はこちら

 

AirペイQRはメジャーQRコード決済を網羅

AirペイQR決済できる種類

国内で利用が多いPayPay(ペイペイ)・d払い・LINE Pay(ラインペイ)・au PAY(エーユーペイ)・J-Coin Payの他、中国人向けQRコード決済のAlipay(アリペイ)、WeChat Pay(ウィーチャットペイ)、アジア圏で利用が多いAlipayHK(香港)・KakaoPay(韓国)・Touch'n Go(マレーシア)・EZ-LINK(シンガポール)に対応しています。

ひとつのサービスで、人気のQRコード決済をまとめて契約できます。

 

AirペイQRの使い方は簡単

step
1
決済金額を入力

決済金額を入力

iPhoneやiPadのAirペイQRアプリを開き、決済金額を入力します。

 

step
2
決済金額を入力

決済方法を選択

お客様の決済方法を選択します。

 

step
3
QRコードの読取り

QRコードの読み取り

お客様の決済アプリのQRコードを読み取ります。

 

step
4
決済完了

決済完了

以上で完了です。

 

人気のQR決済をまとめて契約!

 

TakeMe Pay(テイクミーペイ)

TakeMe Pay(テイクミーペイ)は、初期導入費・入金手数料が0円で始められる、各種のキャシュレス決済を1つにまとめる共通QRコード決済です。

QRコード決済だけでなく、クレジットカード決済も可能で、日本・中国の他、アジア圏の決済に幅広く対応していて、JR東日本・東京メトロ・京急電鉄なども導入実績があります。

WEB上のオンラインでの決済となり、お客様が専用のアプリをダウンロードする必要がなく、店舗側も専用の機器や端末は不要で、店頭にQRコードを表示しておけばOKです。

 

TakeMe Pay(テイクミーペイ)はアジアの各国の決済に対応

クレジットカード・国内QR決済・中国系決済に加え、アジア6カ国で利用されている79種の支払に対応しています。

中国・シンガポール・フィリピン・インドネシア・マレーシア・ベトナムの決済にも対応。

TAKEMEPAY決済種類

TakeMe Pay(テイクミーペイ)の使い方

テイクミーペイの決済では、店側はQRコードのスタンドをレジに掲示すればOKです。

お客様がスマホを操作して、決済が完了します。

決済手順

  1. (客)店頭のQRコードを読み取る
  2. (客)金額入力・支払方法選択
  3. )スマホ画面を店員が確認
  4. (客)「支払う」をタップして決済完了
  5. (店)完了画面を確認

TakeMe Payは日本語の他に、英語と中国語(簡体字/繁体字)の計4言語に対応しています。

クレジットカードの場合は、支払方法を選択した後、カード情報(カード番号・氏名・有効期限など)を入力してもらう必要があります。

このひと手間がなければ便利なのですが、レジでのお客さんの操作の時間を考えると、ちょっと面倒な印象です。

 

店員がスキャンする方法も近日開始予定

店舗のタブレットやスマホで、お客様のQRコードをスキャンする決済方法も、近日開始が予定されています。

店員が読取る方法は、お客様は操作の手間が減り、より会計がスムーズになる可能性がありますね。

 

TakeMe Pay(テイクミーペイ)は決済手数料が他社より安いのがメリット

TakeMe Pay(テイクミーペイ)は、決済手数料が3.0%と他社より安いのが特徴です。

決済ごとに毎回かかってくる手数料は、安いに越したことはありません。

ほんの少しの違いに見えても、毎度毎度のことが積もり積もれば大きな違いになります。

専用の端末がなくても、スマホやタブレットかPCで、ネットにつながる状況であればOKなので、導入費用もかかりません。

気になる点は、月1回の入金の際、入金手数料(振込手数料)がかかることです。

1か月に260円(税別)はかかります。

 

TakeMe Pay(テイクミーペイ)とAirペイQR、どちらがお得?

TakeMe Pay・・・振込手数料が3.0%で、入金手数料が286円

AirペイQR・・・振込手数料が3.24%で、入金手数料が0円

テイクミーペイと、エアペイQR、手数料の点でどちらが得か計算してみました。

すると、売上金が12万未満まではAirペイQRの方がお得なのですが、12万以上になるとテイクミーペイの方がお得という結果になりました。

決済金額が多くなる見込みがあるなら、TakeMe Payを選ぶ方がお得になります。

 

決済手数料は業界最安水準!

 

Cloud Pay(クラウドペイ)

Cloud Pay(クラウドペイ)は、さまざまなQRコード決済をまとめて契約できるサービスです。

d払い・AlipayConnectAlipay・AlipayHK(香港)・Kakaopay(韓国)・WeChatPay・LINE Payに対応。

メルペイ・auPayは、今後開始予定です。

cloudpay

 

初期費用・月額固定費0円で始められ、専用の端末を用意する必要がありません。

決済手数料は3.24%です。

店頭にクラウドペイのQRコードを提示し、お客様のスマホで読取って決済します。

支払の流れ

  1. (店)支払金額を提示
  2. (客)支払アプリを選択・起動
  3. (客)店頭QRコード読取り
  4. (客)支払額の入力・確定
  5. (店)店舗アプリで決済情報を確認

手持ちのスマートフォンやタブレット・PCで、売上金の確認やキャンセルの操作ができます。

クラウドペイ操作

 

公式サイトはこちら

 

 

直接契約と決済手数料に違いがある?

これまでにご紹介した上記のサービスは、複数のQRコード決済を一括で契約でき、契約・管理・運営面でシンプルで手間がかからないのがメリットです。

単独でそれぞれ契約した場合、レジに複数のQRコードを掲示する必要がありますが、まとめて契約すれば、QRコードも統一されてひとつで済み、レジ回りがスッキリします。

ただ、直接申し込んだ方がお得な点もあります。

PayPayとLINEPayは、直接契約した場合、上記のサービスでまとめて契約するよりも、期間限定ですが決済手数料が安くなります。

 

PayPayは2021年9月まで決済手数料無料

PayPayに直接申し込んだ場合、決済利用料は2021年9月30日まで無料(ユーザーが読み取る支払いのみ対象)です。

それ以降は未定で、決まり次第告知予定となっています。

 

PayPayの入金手数料

入金手数料は、振込先がジャパンネット銀行の場合は無料です。

その他金融機関の場合は、入金サイクルが当月末締め(月1回の入金)の場合は無料、累計決済金額1万円以上で都度入金の場合は、1回105円(税込)の手数料が発生します。

 

2021年9月30日まで決済手数料無料

 

LINEPayは決済方法により2021年7月31日まで決済手数料無料

LINE Payで店舗が決済する方法は複数あり、それぞれ、初期費用や月額利用料・決済手数料が異なります。

導入しやすいプリントQR式や、アプリ決済式は、2021年7月31日まで決済手数料無料です。

プリントQR

プリントQR

  • 初期費用0円
  • 月額固定費0円
  • 決済手数料0円

2021年8月1日以降の決済手数料は 2.45%

レジにQRコードを掲示して、お客様が読取ります。

専用機器やアプリは不要です。

審査完了後、専用QRコードを含むスターターキットが届きます。

LINE Payアプリ決済

LINE Pay 店舗用アプリ

  • 初期費用0円
  • 月額固定費0円
  • 決済手数料0円

2021年8月1日以降は 決済手数料2.45%

店のタブレットやスマホのアプリに金額を入力し、店側か客側どちらかがQRコードを読取ります。

お客様にメッセージやクーポンを送る機能もあります。

スマートフォンまたはタブレットが必要です。

StarPay端末

Star Pay端末

  • 初期費用Star Pay端末購入代金35,000円(税抜)
  • 月額固定費0円
  • 決済手数料3.45%

レシートプリント一体型マルチ決済端末。

LINE Payの他、WeChatPay、AliPayにも対応。

LINE Pay据置端末

LINE Pay 据置端末

  • 初期費用0円
  • 端末利用料 月額1,500円/台(税別)
  • 決済手数料0円

2021年8月1日以降は決済手数料 2.45%

金額を入力して提示されたQRコードをお客様が読取ります。店舗用のスマホがなくても、これだけで決済できます。

(上記以外に、POSやオンラインシステムを改修して利用する方法もあります)

店舗導入事例が多いプリントQR決済やアプリ決済は、2021年7月31日まで決済手数料が無料です。

プリントQR決済は、店舗用のスマホやタブレットがなくても無料で導入できるので、費用をかけたくない方にもおすすめです。

 

詳細は公式サイトへ

 

まとめ

このページでは、複数のQRコード決済をまとめて契約・運用できるサービスをご紹介しました。

各QRコード決済をまとめて契約すれば、契約の面では、手間と時間が省け、運用もシンプルになるメリットがあります。

とは言え、ペイペイやラインペイは、直接契約した方が期間限定で決済手数料が安くなるので、時間に余裕がある方は、この2社については直接契約した方がお得になります。

今後、新しいキャンペーンなどで、条件が変わってくることもあるかもしれません。

ご利用の前に、各社の公式サイトで、最新情報を必ず確認してから申込してください。

各社公式サイトはこちら

 

迷ったらやってみよう!

モバイル決済診断チャート

よく読まれている記事

どれを選ぶ 1

クレジットカード決済を店舗に導入するなら、タブレットやスマホをカードリーダーとつないで使うモバイル決済サービスがおすすめです。 中小規模の店舗や個人事業主でも、大きな費用をかけずに導入できます。 ただ ...

無料キャンペーン20201105 2

カードリーダー無料など最新キャンペーンまとめ このページでは、これからモバイル決済を導入する方に向けて、カードリーダー端末をお得に手に入れるための最新情報をご紹介しています。 モバイル決済は併用できる ...

Squareの操作画面 3

\ Squareの公式サイトはコチラ / Square 中小の店舗や個人事業主を中心に人気のモバイル決済。中でも、導入しやすいと評判なのがSquare(スクエア)です。 このページでは、Squareの ...

Airペイ写真 4

\ 公式サイトはこちら / AirPAY iPadとカードリーダー無料キャンペーン実施中! このページでは、Airペイの評判・口コミをご紹介しています。 AirPAYは、リクルートが提供するモバイル決 ...

coiney 5

おしらせ サービス名が変更になりました。 「Coiney」 → 「STORESターミナル」 → 「STORES 決済」に変わりました。 名称のみの変更で、サービスは今まで通りです。 この記事で紹介して ...

レシートプリンター買っていない店舗の対処法 6

SquareやAirペイ、Coineyなどのモバイル決済では、電子レシートが発行できます。 お客様のメールやSMSにレシートが送信できるので、レシートプリンターがなくても決済業務が行えます。 そのため ...

スクエアとエアペイ比較 7

  専用のカードリーダーにスマートフォンやタブレットを接続して、クレジットカード決済ができるモバイル決済。 その中でも、AirPay(エアペイ)とSquare(スクエア)は、人気が高いサービ ...

-コラム

© 2020 モバイル決済比較と口コミ 【2020年】クレジットカード店舗導入おすすめ診断チャート Powered by AFFINGER5