個人事業主のキャッシュレス店舗導入~自営業のための主要モバイル決済比較、評判・口コミ・キャンペーン情報まとめ

モバイル決済比較と口コミ ~2024年クレジットカードおすすめ店舗導入

本サイトはプロモーションを含みます

コラム

【PayPay-ペイペイ】個人事業主・店舗なし・イベント出店・フリマでも導入利用可能

PayPay導入イベント

店舗なしの方でも、イベントやフリマなどでペイペイを導入したい方でも、PayPayの導入は可能です。

また、ちゃんとした店舗でなく、自宅でやっているような小規模な個人事業主でも、PayPayの導入事例はあります。

ただ、少しばかり注意点があり、追加資料の提出を求められたり、審査を通過するまで時間がかかることがあります。

PayPay申込の際に、どんな点に注意すればよいか解説します。

 

\ 申込はこちら /

店舗なしでPayPay審査に落ちやすいワナに注意

店舗のない方がペイペイの審査に落ちるケースで、よくあるパターンがあります。

申請時の販売形態の項目を「通信販売」としてしまったケースです。

PayPayを対面決済で使いたい場合は、通信販売を選んではダメです。

「店舗」「移動販売」を選択する。

これをしないと審査に落ちます。

ちゃんとした店舗を持っていなくても、自宅の一室を使っている場合は「店舗」を選択すればOKです。

イベントやワークショップ、キッチンカー、フリーマーケットなどで出店している場合は、「移動販売」を選択すればOKです。

 

店舗がない場合、申請に必要な店舗写真はどうする?

PayPayの申請時に必要な書類は、まずは、

  • 本人確認書類
  • 店舗の画像

です。

(業種によっては、他に追加で必要な書類もあります)

店舗画像は、外観と内観の1枚ずつ必要です。

  • 店舗名(看板等)と店舗の入り口が外観の画像
  • サービスの内容と商材がわかる店舗内の画像

「店舗がないのにどうしたらいいの?!」と思うかもしれませんが、店舗がなくても審査通過は可能です。

 

店舗がない場合のPayPay導入対策

自宅で営業していて看板がない場合は、屋号を紙に印刷して玄関に貼り、写真を撮れば外観写真はOKです。

イベント出店をしている方は、出店中の写真で店舗名が分かる画像があればOKです。それがない場合は、上記と同様屋号を印刷した紙を玄関に貼って写真を撮ってください。

店内の写真は、商品が映っている室内の写真であればOKですが、ハウスクリーニングや施術・レッスンなどサービスを提供している場合は、提供スペースの写真を撮ればOKです。

また、PayPayに申込すると、中国で広く利用されている「AliPay」というQRコード決済にも同時に申込できますが、AliPayに申込すると、店舗写真の審査が厳しくなる傾向があるようです。

AliPayに申込するかどうかは選択できるので、不必要な場合は、AliPay決済の利用を希望のチェックを外したまま保存して、次に進んで申請する方がいいでしょう。

 

審査通過後の注意点-自宅住所が地図に掲載される

PayPayの加盟店になると、PayPayアプリや、Yahoo!ロコに店舗が掲載されます。

申込の際、店舗住所を自宅で申請していると、自宅の住所が店舗情報に掲載され、地図上にも表示されます。

宣伝・販促効果が期待できますが、なかには、自宅住所を公開したくない、地図上に表示したくないという方もいるかもしれません。

PayPayアプリの地図上に店舗情報を掲載したくない場合は、PayPay for Businessの店舗プロフィール欄で、ストア情報をOFFにしておく必要があります。ただ、一度ONにすると、PayPay for BusinessからはOFFにできないので、その場合は、加盟店用の問い合わせフォームから削除依頼を行ってください。

また、PayPayは自治体と行っているキャンペーンがあり、このキャンペーンに参加すると店舗情報が連携されます。キャンペーンの開催はメールで連絡があり、不参加の場合は、期日までにネットで申請が必要です(何もしないと、キャンペーンに参加になり、店舗情報もなります)。

 

PayPay 開業届なしでも審査に通った事例あり

「PayPayは開業届なしだと、加盟店審査に落ちる」と聞いたことがあるかもしれません。

開業届は、事業を始めた時に、税務署に届け出るものです。

しかし、趣味の延長線上でやっていたり、お小遣い程度の収入の場合、開業届を出していないことは珍しくありません。

PayPayの導入申込を行うと、メールで追加資料の提出を求められることがあり、開業届を出すように言われることがあります。

開業届が出せなくてPayPayの審査に落ちた人もいますが、審査に通っている事例もあります。

開業届がなくても、

  • 店舗外観
  • 内観写真
  • イベント出店していれば屋号が写った看板ありの外観&商品写真

これらの資料でPayPayの審査が通ったとのことです。

 

開業届がない場合のPayPay導入対策

開業届がない場合は、「売上が少額だったので開業届は出していない」など、開業届を出していない理由を言ってPayPayの指示を仰ぎましょう。

先ほどのツイートにあるように、事業の実態が分かる資料や画像があれば、開業届がなくても審査を通過する可能性があります。

 

ただ、開業届がない場合、審査通過する人としない人、どちらもいます。

申込してみて、やはり開業届が必須となった場合は、開業届を税務署に出すことも検討してみてください。

 

開業届は税務署に行けばすぐにできる

開業届(正式名称「個人事業の開業・廃業等届出書」)は、本人確認書類と印鑑を持って税務署に行けば、すぐにできます。

マイナンバーを書く欄もありますが、書かなくても受理されます。

簡単な書類に必要事項を記入して提出するだけで、手数料もかかりません。

開業届は出していなくてもペナルティーはないので、今まで出してなかったからといって怒られることもありません。

WEB上からも届け出はできますが、税務署に行って控えの押印をもらう方が、PayPayの申請は簡単に済みます。

開業届を出して個人事業主になると、毎年確定申告の必要があります。

確定申告には、白色申告と青色申告があります。

白色申告は簡単な帳簿でOKとされていますが、特別控除がありません。

青色申告は、青色申告特別控除が受けられるので、税金が安く済みます。

もし、青色申告するなら、開業届のついでに青色申告承認申請書も税務署でもらっておきましょう。

青色申告するには、複式簿記で帳簿をつけなくてはいけないのがネックですが、帳簿ソフト(やよいの青色申告オンラインfreee マネーフォワード など)を使えば、簿記の知識がなくてもできます。

 

参考→開業届の様式や書き方<国税庁>

 

PayPayの加盟店審査に落ちても再審査で通る場合も

一度PayPayの審査に落ちても、対策すれば再審査に通るケースもよくあります。

審査に落ちてしまったら、再度ネットから申込するよりも、PayPayのサポートセンターに電話した方がいいです。

どこが悪かったのか、何を改善すればいいか、電話で問い合わせると丁寧に対応してもらえます。

クレジットカード決済サービスでは、審査に落ちた場合、どこが悪かったのか教えてもらえないケースがほとんどですが、PayPayはそういった問い合わせにも慣れているので、聞いてみる方が早いです。

また、審査途中に、提出した画像や資料が認められず差し戻しされる場合があります。

明らかに不備がある場合は修正して再提出すればいいのですが、どこがダメなのか分からないとか、それしか画像がないといった場合も、電話でやり取りした方が早いです。

あきらめずに聞いてみると、他の方法で承認される場合もあります。

最近は小銭の両替も有料化し、また、硬貨で預け入れや振り込みをする際、枚数に応じた手数料がかかるようになりました。

お釣りを用意する手間が減ったり、会計にかかる時間が減るなど、PayPay導入のメリットも少なくないので、頑張ってくださいね。

 

クレジットカードも同時に導入したい方は、マルチ決済端末が使える特別プランもあり

PayPayでは、クレジットカードも決済できるPayCAS Mobile(ペイキャスモバイル)というプリンター内蔵のマルチ決済端末の申込も受付しています。

PayCAS Mobileは、この決済端末1台だけで、クレジットカード・電子マネーなど各種キャッシュレス決済が受付でき、レシートプリンターも発行できます。

PayPay経由で申込すると、直接PayCAS Mobileに申込するよりも、手数料等が安くなります。

PayPay特別セットプラン料金202311

PayPayでPayCAS Mobileの申込をした場合は、クレジットカードやその他のQRコード決済も一度に導入できて、決済端末が0円になるメリットがありますが、月額費用がかかります。

クレジットカードの導入は不要で、PayPayだけ申し込む場合は、決済手数料は1.98%(有料プラン加入で1.60%)と割安です。

PayPayとPayCAS Mobile比較表

PayPayだけの無料プランなら月額利用料もかからないので、あえてPayCAS Mobileに申し込まなくてもいいです。

ただ、クレジットカードも同時に申込したい場合は、PayPay経由でPayCAS Mobileの特別プランであれば、決済手数料が他社と比べても安く、必要な機器をそろえなくても1台だけでOKなので、おすすめできる内容です。

\ 申込はこちら /

 

 

PayPay関連記事

paypay
PayPay(ペイペイ) 店側の導入デメリットは手数料?費用はいくらかかる?

PayPayは、ソフトバンクとヤフーの合弁会社が運営するキャッシュレス決済サービス。 還元率の高い販促が多く、順調に利用者数を伸ばし、「PayPay」の登録ユーザーは、6,300万人を突破(2024年 ...

続きを見る

【d払い】導入費用・決済手数料・申込方法解説

d払いとは ドコモが提供するQRコード決済「d払い」は、使うごとにdocomoのdポイントがたまったり、また、d払いにdポイントを使って支払することもでき、ドコモユーザーには利用が多い決済方法です。( ...

続きを見る

LINE Pay 店舗用アプリ
エアペイ経由よりお得!ペイペイに直接申込が決済手数料は安い

PayPayなどのコード決済は個別契約(直接契約)の方が決済手数料が安い PayPay・auPAY・d払いといったコード決済の導入方法は、 各社に個々に申し込む 複数のキャッシュレス決済をまとめて契約 ...

続きを見る

レシートプリンター買っていない店舗の対処法
レシートプリンターがない店舗の対処法~紙の控えが欲しいと言われたら

SquareやAirペイ、STORES決済などのモバイル決済サービスで は、電子レシートが発行できます。(注)J-MupsⅡPocket(旧おてがるPay)は電子レシート非対応でレシートプリンタが必要 ...

続きを見る

迷ったらやってみよう!

導入おすすめモバイル決済診断チャート

-コラム
-

© 2024 モバイル決済比較と口コミ ~2024年クレジットカードおすすめ店舗導入 Powered by AFFINGER5