個人事業主のキャッシュレス店舗導入~自営業のための主要モバイル決済比較、評判・口コミ・キャンペーン情報まとめ

モバイル決済比較と口コミ ~2024年クレジットカードおすすめ店舗導入

本サイトはプロモーションを含みます

コラム

エアペイ Wi-Fiなしでもこれで解決!Simなしで使う方法

Airペイを利用するには、インターネット環境が必要です。

エアペイのキャンペーンで貸与されるiPadは、SIMなし(携帯電話会社の通信がついていないタイプ)なので、そのままではネットにつながらず使えません。

さらに、インターネットにつながれば何でもOKという訳ではなく、エアペイに適したネット環境の条件を満たしている必要があります。

このページでは、Airペイを利用するために適したネット環境や、簡単かつ安価にWi-Fi環境を作るためのおすすめ方法をご紹介します。

また、ホームルーター(コンセントにさせばWi-Fi環境を作れる機器)や、ポケットWi-FiでAirペイが使えるか、自分のスマホの回線を使用してテザリングでAirペイを利用できるかどうかについてもお伝えします。

 

【エアペイの動作環境】低速回線は交通系電子マネー決済不可

AirPAY のサポートページには、以下の動作環境が記載されています。

クレジットカード、iD、QUICPay、QRをご利用される場合

Wi-Fi環境や、携帯電話回線の3G、4G / LTE、5Gでご利用いただけます。

比較的安定している固定インターネット回線でのWi-Fi環境を推奨しております。

交通系電子マネーをご利用される場合

固定インターネット回線でのWi-Fi環境、携帯電話回線の4G / LTE、5Gでの通信環境でご利用いただけます。

Wi-Fiの仕様につきましては、ご契約いただいている各プロバイダへご確認ください。
3G通信、フリーWi-Fi(公衆無線LAN)でのご利用はお控えください。

クレジットカード、iD、QUICPay、QRに比べて、交通系電子マネーは、通信速度が遅いと正常に決済が行えません。

  • 固定インターネット回線のWi-Fi環境
  • 携帯電話回線の4G / LTE、5Gでの通信環境

であれば、十分な速度が出て、交通系電子マネーも問題なく決済できます。

特に、光回線をWi-Fi化する方法は、高速で通信も安定しているのでおすすめです。

 

光回線に無線LANルーターをつないでWi-Fi化がベスト

「固定インターネット回線のWi-Fi環境」とは、電柱から自宅までケーブル接続している(有線接続)インターネット回線を利用したWi-Fi環境です。

すでに光回線が引かれている場合は、無線LANルーターを購入して接続するだけでWi-Fi環境を作ることができます。

この方法は通信品質が安定し、費用も安くすみます。

4Gや5Gなどのモバイル通信は、利用者が多くなる混雑時に通信速度が低下してしまいがちですが、光回線は有線で引き込まれているため他のユーザーの影響を受けません。

安定したインターネット回線を利用したい場合は、光回線をWi-Fi化する方法はベストです。

参考記事【Wi-Fi環境の作り方】インターネット回線を使ってワイファイ化

 

セルラータイプのiPadは通信制限にも注意

セルラータイプのiPad(通信キャリアと契約してモバイル回線がついているのiPad)を持っている方は、それを使うこともできます。

ただ、3G回線は十分な速度が出ないので、交通系電子マネーの決済ができません。

クレジットカード・iD・QUICPay・QRであれば、3Gでも利用可能ですが、交通系電子マネーの決済も利用したい場合は、4G / LTE、または5Gの回線が適しています。

また、通信速度制限がある契約プランを利用している場合、データ利用量によって速度制限がかかることがあるので注意が必要です。

 

AirペイはMVNO(格安スマホ回線)は使える?

エアペイはMVNO(格安スマホ回線)でも使えます。

しかし、MVNOは、大手通信キャリアの回線と比べると通信速度が遅くなる場合があります。

交通系電子マネーの決済には、速い速度の通信環境が必要なため、混雑時など場合によっては、エラーが出て再操作が必要となることがあるかもしれません。

 

Airペイ テザリングの注意点

エアペイはテザリングで使うこともできます。

テザリングとは、スマホの電波を利用して、別のスマホやタブレットなどをインターネットに接続することができる機能です(テザリングはAndroidで使われる言葉で、同じ機能でもiPhoneではインターネット共有と呼ばれています)。

自分のスマホからテザリングすれば、Airペイのキャンペーンで手に入れたiPadも通信可能な状態になります。

下記のように、通信トラブルが起こった際の緊急対応として使うこともできます。

テザリングでの通信速度は、利用するスマホ端末の性能や、利用している通信キャリアのSIMカード、利用する時間帯や通信環境によって左右されます。

 

テザリングの接続方法は

テザリングの接続方法には「Wi-Fi」「Bluetooth」「USB」の3つの方法があります。

エアペイをテザリングで使うなら、Wi-Fi接続によるテザリングがおすすめです。

Bluetooth接続だとバッテリーをあまり使わない利点がありますが速度が遅くなりがちです。

また、iPad をテザリングの子機として使用する場合は、USB接続はできません。

 

テザリングのデメリットは?

Wi-Fi接続によるテザリングを行うと、スマホのバッテリーを消費しやすいデメリットがあります。

費用の面では、通信会社や加入プランによって、テザリングが無料で利用できる場合と、有料のケースがあります。

無料の場合も多いですが、有料のケースでは、月額500円~1000円程度です。

通信面では、スマホの契約プランによっては、通信量が多くなった際に、通信制限がかかることがあります。

 

Airペイでホームルーターは使える?

ホームルーターとは

ホームルーターコンセント工事不要

ホームルーターとは、コンセントに挿すだけでWi-Fiが使えるようになる据置型のルーターです。

「置くだけWi-Fi」などと呼ばれてます

主要商品は、ドコモのhome 5GやSpeed Wi-Fi HOME 5G、SoftbankのAirターミナルなど。

工事不要で、面倒な設定もしなくてOK。

機械が苦手な人も簡単にWi-Fiが使えます。

携帯電話と同じモバイル向けの4Gや5Gを使っているので、エアペイの動作環境の条件を満たしています。

 

ホームルーターの回線速度

ホームルーターはエアペイが利用できる速度は出るものの、通信が混雑するとWi-Fiが切れたり、速度制限にかかることもあります。

また、機器により最大速度も異なり、ホームルーターの主要商品の中では、「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」と「ドコモhome 5G」が通信速度が他社より早く、速度制限にかかりにくいです。

最大速度比較

機器5G4G/LTE
上り下り上り下り
Speed Wi-Fi HOME 5G L13Speed Wi-Fi
HOME 5G L13
286Mbps4.2Gbps非公開非公開

ドコモhome5G

ドコモhome5G

218Mbps4.2Gbps131.3Mbps1.7Gbps

Rakuten Turbo 5G

Rakuten Turbo 5G

218Mbps2.14Gbps76Mbps391Mbps

ソフトバンク Air ターミナル5

ソフトバンク Air
ターミナル5

非公開2.1Gbps非公開838Mbps

上記通信速度は受信時の技術規格上の最大値で、実際の通信速度はエリアや通信環境によって変化します。

また、5Gの提供エリアは一部に限られます。5Gサービスエリアは、各申込サイトで確認できます。

回線速度については、通常は下りのスピードを重視することが多いですが、決済処理に関しては、上りの速度も重要です。

また、申込プロバイダーにより料金プランは異なることがありますが、「Speed Wi-Fi HOME 5G L13」と「ドコモhome5G」「ソフトバンクエアー」は、下記表の申込サイトのキャンペーンを利用すると、月額料金割引により、端末代金が実質無料になります。

 申込先端末代金月額料金(税込)

Speed Wi-Fi 
HOME 5G L13

とくとくBBホームWi-Fi

(27,720円)
実質無料
4,928円
ドコモ 
home5G
ドコモhome5G (71,280円)
実質無料
4,950円
Rakuten  
Turbo 5G
Rakuten Turbo 5G41,580円1〜6カ月目 0円
7カ月目以降 4,840円
ソフトバンク 
Airターミナル5
SoftBank Air (71,280円)
実質無料
1〜6カ月目 1,980円
7カ月目以降 5,368円

契約プロバイダによって、キャンペーン内容が異なります。上記の申込先以外からだと、料金等の内容が異なる場合があります。

また、キャンペーンが適用されない場合は、料金が異なります。

\ 実質無料+アマギフ特典あり /

 

エアペイはポケットWi-Fiで使える?

モバイルWi-Fiルーターjpg

モバイルWi-Fiルーター(ポケットWi-Fi)とは、持ち運べる小型の通信端末(ルーター)で、基地局からのモバイル回線の電波をキャッチして、接続したノートパソコンやタブレットなどをインターネットにつなぐ機器です。

ポケットWi-FiでもAirペイは利用できます。

ただ、少し注意点もあります。

エアペイとあわせて使うことが多い、POSレジアプリ「エアレジ」のヘルプページには、

公共のWi-Fiネットワークや、速度制限のある4Gなどのキャリア通信およびポケットWi-Fiでは、ご利用いただけない場合があります。

と記載があります。

ポケットWi-Fiは、ホームルーターよりも速度が遅い傾向があり、機種や利用環境によっては、十分な速度が出ないことがあります。

通信速度が速いドコモの5Gポケット型WiFiBIGLOBE WiMAX +5G Broad WiMAXなどの機器で、5Gが利用できるエリアでの使用ならベストですが、現状、5Gエリアでない地域も多くあります。

4G回線やLTEのエリアの場合は、速度が出る新しい機種を選ぶのがオススメです。

お得情報

Rakuten WiFi Pocket 2C は、5G対応エリアなら、上りの速度も速く、Rakuten最強プランに申込するとポケットWi-Fi機器の代金が1円になるキャンペーン中です。

以上、エアペイのキャンペーンで無料で手に入ったiPadや、SIMつきのセルラーiPadをAirペイで利用する際の注意点などについて解説しました。

 

Airペイ申込前にキャンペーンをチェック

現在実施中!
Airペイのキャッシュレス導入0円キャンペーン

 

Airペイのキャッシュレス導入0円キャンペーンが復活!!

  • iPadが無料
  • カードリーダーが無料

となり、キャンペーンを利用してお得にエアペイが導入できるタイミングになっています。

\ 詳細はこちら /

AirPAY のキャンペーン内容は時期によって異なります。最新情報を公式サイトで確認してから申し込みしてください。

 

 

迷ったらやってみよう!

導入おすすめモバイル決済診断チャート

-コラム
-,

© 2024 モバイル決済比較と口コミ ~2024年クレジットカードおすすめ店舗導入 Powered by AFFINGER5