コラム

【エアペイVSおてがるペイ】徹底比較!どちらがいい?違いを解説

AirPAYとおてがるPayは、機能的に共通点の多いモバイル決済です。

このページでは、AirペイとおてがるPayは、どこがどのように違うか、どちらを選べばよいのか、徹底解説します。

「エアペイ」と「おてがるPay」の運営会社は?

エアペイはリクルートライフスタイルが運営

エアペイは、リクルートのグループ企業「クルートライフスタイル」が運営しています。

リクルートライフスタイルと言えば、「じゃらん」や「ホットペッパー グルメ」といった店舗紹介のメディア事業で知られていますが、ビジネス支援の事業にも力を入れています。

飲食店向け予約管理・台帳アプリ「レストランボード」、サロン管理システム「サロンボード」なども展開しており、AirPAYは業種を問わず使えるAirシリーズの中のひとつです。

 

おてがるPayは大手カード会社出資のJMSが運営

おてがるPayイメージ画像

おてがるPayは、JCB・三菱UFJニコス・UCカードの出資により設立された決済代行会社「JMS」が運営しています。

2000年に設立されて以来、クレジットカード加盟店契約数トップクラスの20万店超の実績があります。

全国主要8都市に営業拠点を持ち、JMSの営業社員や専用デスクによる手厚いサポートが強みです。

これまでは、CAT端末を使ったクレジットカード決済の導入を主としていましたが、2019年にiPhoneやiPadと連携して使える「おてがるPay」をリリースしました。

 

エアペイとおてがるペイの共通点

エアペイとおてがるPayの違いを解説する前に、まずは、同じ部分について押さえておきましょう。

エアペイとおてがるpayは、クレジットカードの国際ブランド7社に対応

エアペイとおてがるPayは、クレジットカードの国際ブランド7社に対応しています。

国際ブランド7社

VISA・MasterCard・JCB・AMERICAN EXPRESS・DinersClub・Discoverに加え、中国を中心に使われている銀聯(UnionPay / ユニオンペイ)にも対応しています。

 

エアペイとおてがるpayは、電子マネーに対応

エアペイとおてがるPayは、交通系ICカード9種類、ApplePay・iD・QUICPayに対応しています。

交通系IC、Appleペイ、クイックペイ、ID

エアペイとおてがるpayの対応OSは、iPad&iPhone

エアペイとおてがるPayは、i-OSのみ対応で、iPhoneかiPadが必要です。

どちらも、Androidには対応していません。

ちなみに、エアペイとおてがるPayのカードリーダーはこちら。

AirペイとおてがるPay

中に入っているソフトは違いますが、カードリーダー本体は同じです。

 

 

エアペイとおてがるpayは、契約料金・月額固定費・振込手数料が無料

AirPAY、おてがるPayは、同業他社のSquareやSTORES決済などと同じく、契約料金・月額固定費は不要です。

解約手数料もいりません。

契約料金無料
月額固定費無料
振込(入金)手数料無料
解約手数料無料

売上金の入金の際の振込手数料も、エアペイやおてがるPayは無料です。

振込手数料がかかる同業他社もあるので、毎回ずっと無料となると、累計の金額で考えると、だいぶお得になるはずです。

 

ゆうちょ銀行が使えない、継続的役務で利用できないなどの共通点も

クレジットカード決済や電子マネー決済をした売上金は、銀行に振込みされますが、エアペイとおてがるPayはゆうちょ銀行は使えません。

ゆうちょ銀行以外の金融機関を振込先として指定する必要があります。

 

また、おてがるPayもAirPAYも、継続的な役務提供のサービスの決済に利用することはできません。

継続的な役務提供サービスとは

継続的役務とは、「コース・回数券等を数ヶ月にわたって継続的にサービスを提供する」ことを指します。

中でも、身体の美化、知識の向上等を目的として継続的に役務を提供する取引形態である、エステティックサロン、語学教室、家庭教師、学習塾、パソコン教室、結婚相手紹介サービスの6業種は、「特定継続的役務提供」と呼ばれ、特定商取引法で、契約や解約に関して細かい決まりが定められています。

>詳しくはこちらの記事へ<

 

エアペイとおてがるPayの違い

以上のように、AirペイとおてがるPayは共通する部分が多いのですが、違う点について見ていきましょう。

【支払回数】一括払いのエアペイと、分割払いができるおてがるPay

エアペイとおてがるPayの一番の違いは、支払回数です。

エアペイは、1回払いしかできないのに対し、おてがるPayは、2回払い・分割払い・リボ払い・ボーナス払いもできます(電子マネー・JCB PREMO・J-Debit・ギフトカードは一回払いのみ)。

スマホやタブレットと連携して使うタイプのクレカ決済サービスでは、エアペイのように一括払いしかできないのはめずらしくありません。

おてがるPayのように、分割払いやリボ払いの選択肢があれば、客単価が上がる見込みもありますね!

特に、高額の商品を販売している店舗などは、おてがるPayの方がおすすめと言えます。

ただし、一部業種によって、取り扱えない支払回数もあります。

また、カードブランドによって、取り扱えない支払方法があります。

おてがるPay-注意点

【2回払い不可ブランド】AMERICAN EXPRESS・DinersClub・Discover・銀聯、【分割払い不可ブランド】DinersClub・Discover・銀聯、【リボ払い不可ブランド】AMERICAN EXPRESS・Discover・銀聯、【ボーナス払い不可ブランド】Discover・銀聯

 

電子レシートがないおてがるPayはプリンターが必須

Airペイは電子レシートが発行できますが、おてがるPayは電子レシートは発行できません。

電子レシートとは、ショートメールやEメールで、お客様に決済の明細を送信できる機能です。

電子レシートが発行できるエアペイは、紙のレシートが不要であればレシートプリンタなしで使うこともできます。

一方、おてがるPayは、電子レシートは発行できず、レシートプリンタは必須です。

おてがるPayは、時期により、プリンターが無料になりるキャンペーンを実施しています。

\ 公式サイトでキャンペーン情報をみる /

 

連携できるPOSレジが違う

AirペイやおてがるPayは、POSレジアプリと連携することができます。

POSレジアプリは、売上情・商品情報・在庫情報・顧客情報の集計や分析が可能で、無料で使えるものもあります。

それぞれ、連携できるPOSレジアプリが違います。

連携できるPOSレジ

AirペイおてがるPay

Airレジは無料で使えます。

スマレジは、無料プランと有料プランがあります。

ユビレジは、有料プランと無料で使えるお試しプランがありますが、お試しプランは機能がかなり制限されているます。ずっとお試しプランを使うのは現実的ではなく、有料プランを検討する判断材料として、一定期間試しに使ってみたいという方向けのプランです。

Okageレジは有料プランのみです。

有料プランは無料に比べて多機能ですが、無料の機能だけでも十分という店舗もあると思います。

ただ、多店舗展開していて複数店舗を管理したい場合や、顧客情報を詳しく管理分析したい方には、有料のPOSレジの方がおすすめです。

POSレジ比較アイキャッチイラスト
モバイル決済と連携できる【POSレジアプリ比較】

スマホやタブレットを使って店舗にクレジットカード決済が導入できるモバイル決済(スマホ決済)は、初期費用をかけずに、簡単に導入できるメリットがあります。 機能面も充実しており、POSレジアプリや、クラウ ...

続きを見る

 

AMERICAN EXPRESSの決済手数料が違う

AirペイとおてがるPayは、決済手数料もほぼ同じなのですが、AMERICAN EXPRESSの決済手数料だけ、エアペイは3.24%、おてがるPayは3.74%となっています。

決済手数料AirPAYおてがるPay
3.24%

VISA・MasterCard・AMERICAN EXPRESS

交通系IC電子マネー

VISA・MasterCard

交通系IC電子マネー

3.74%

JCB・DinersClub・Discover・銀聯

ApplePay・iD・QUICPay

JCB・AMERICAN EXPRESS・DinersClub・Discover・銀聯

ApplePay・iD・QUICPay

 

QRコード決済の対応状況

AirペイもおてがるPayも、QRコード決済には対応していません。

ただし、Airペイの関連サービス「AirペイQR」は、d払い・LINEPay・アリペイ・PayPay・auPay・WeChatPayが可能です。

AirペイQR決済種類

AirペイQRは、Airペイとは別に申込が必要です(加盟店審査があります)。

 

エアペイはタッチ決済(コンタクトレス決済)に対応済み

Airペイは、VISA・MasterCard・JCB・AMERICAN EXPRESSのタッチ決済(コンタクトレス決済)に対応しています。Airペイタッチ決済

タッチ決済とは

「タッチ決済」や「コンタクトレス決済」とは、レジにあるリーダーに、非接触決済対応のクレジットカードやデビットカードをタッチするだけで決済できる仕組みです。

クレジットカードに下記のようなマークがついていれば、カードリーダーにかざすだけで、支払が完了します。

タッチ決済マーク←タッチ決済対応マーク

一定金額を超えなければ、サインや暗証番号の入力が不要なので、スピーディーに支払ができます。

おてがるPayは今のところタッチ決済に対応していませんが、今後対応する可能性もあります。

 

サポート体制

エアペイは、電話・メール・チャットで問い合わせを受け付けています。

エアペイの電話問い合わせ先は、フリーダイヤルで電話料金がかかりません。

しかし、

  • 「エアペイは、サポートに問い合わせしても返事が遅い」
  • 「エアペイは問い合わせ電話をしても、なかなかつながらない」

といった話がツイッターなどで見受けられます。

実際、エアペイのWEBサイト上に、「ただいまお問い合わせのお返事に時間がかかっています」と掲載されているのを私も見かけたこともあります。

また、エアペイにメールで問い合わせをしたこともありますが、返信に少し日数がかかった記憶があります。

ただ、エアペイはチャットで質問を受け付けていて、チャットでの質問は返事が早いです。

私がチャットで何回か問い合わせした時は、いつもすんなり対応してもらえました。

チャットも、混雑時は待たされる可能性はありますが、メールするよりは早く返事がもらえると思います。

一方、おてがるPayの問い合わせは、電話受付のみです。

電話はフリーダイヤルではなく、東京・大阪・福岡・札幌のJMSデスクが問い合わせ先になっています。

数回電話したことがありますが、さほど待たされずに電話はつながって、スムーズに問い合わせができました。

電話が苦手な人はエアペイがおすすめですが、JMSは困ったことが起きた時に、電話ですぐに対応してもらえる安心感があります。

JMSはアフターフォローにも定評があり、サポート体制もしっかりしています。

 

まとめ

以上、エアペイとおてがるPayを比較しました。

エアペイとおてがるPayは、おおまかな部分はよく似ていますが、支払回数やプリンターが必須かどうかなど、違った部分もあります。

また、それぞれ時期によって、キャンペーンでお得に導入できることがあるので、キャンペーン情報は導入前に必ずチェックしてください。

 

AirPAY 現在実施中のキャンペーン

\ 台数限定! /

カードリーダーとiPadが無料!

 

 

おてがるPay 現在実施中のキャンペーン

注意

現在、おてがるPayの新規受付は停止中です。

こちらもおすすめ

おてがるPay運営のJMSでは、 
新登場のマルチ決済端末「VEGA3000」を無料で提供中!

これ一台でOK!
\ レシートプリンタ一体型決済端末 /

10316

各社のキャンペーンについては、こちらの記事でも詳しく解説しています。

モバイル決済導入キャンペーン各社比較

ちなみに、モバイル決済は、トラブルに備えて2社以上導入する方が多いので、キャンペーンを利用して、どちらも導入する方も少なくありません。

加盟店審査で通過できない場合にそなえて両方に申し込んでおけば、片方落ちてから申し込むよりも、タイムロスが防げるというメリットもあります。

なお、当サイトは、キャンペーン情報をはじめ掲載内容が古くならないように努めていますが、サービス申込の前に、AirペイおてがるPayの最新情報は、公式サイトで確認してください。

 

迷ったらやってみよう!

モバイル決済診断チャート

よく読まれている記事

どれを選ぶ 1

クレジットカード決済を店舗に導入するなら、タブレットやスマホをカードリーダーとつないで使うモバイル決済サービスがおすすめです。 中小規模の店舗や個人事業主でも、大きな費用をかけずに導入できます。 ただ ...

キャンペーン比較表 2

カードリーダー無料など最新キャンペーンまとめ このページでは、これからモバイル決済を導入する方に向けて、カードリーダー端末をお得に手に入れるための最新情報をご紹介しています。 モバイル決済は併用できる ...

Squareの操作画面 3

\ Squareの公式サイトはコチラ / Square 中小の店舗や個人事業主を中心に人気のモバイル決済。中でも、導入しやすいと評判なのがSquare(スクエア)です。 このページでは、Squareの ...

Airペイ写真 4

\ 公式サイトはこちら / AirPAY iPadとカードリーダー無料キャンペーン実施中! このページでは、Airペイの評判・口コミをご紹介しています。 AirPAYは、リクルートが提供するモバイル決 ...

coiney 5

STORES 決済は、現在お得なキャンペーンを実施中! キャンペーン詳細はこちら おしらせ サービス名が変更になりました。 「Coiney」 → 「STORESターミナル」 → 「STORES 決済」 ...

レシートプリンター買っていない店舗の対処法 6

スマホやタブレットと連動してクレジットカード決済ができるSquareやAirペイ、STORES決済などのモバイル決済では、電子レシートが発行できます(おてがるPayは電子レシート非対応でレシートプリン ...

スクエアとエアペイ比較 7

  専用のカードリーダーにスマートフォンやタブレットを接続して、クレジットカード決済ができるモバイル決済。 その中でも、AirPay(エアペイ)とSquare(スクエア)は、人気が高いサービ ...

-コラム
-,

© 2021 モバイル決済比較と口コミ 【2021年】クレジットカードをスマホで店舗導入 Powered by AFFINGER5