本サイトはプロモーションを含みます

コラム

モバイルオーダーシステム店舗導入~機能やコストを比較解説

コロナ禍を経て、モバイルオーダーシステム(お客様が自分のスマホで商品を選んだり、注文することができるシステム)を導入するお店が増えています。

これまでは、大手外食チェーンや、ファーストフード店などでを中心に導入されていましたが、最近は規模の小さい店舗でも導入されてきています。

安い費用で導入できるサービスや、自店向けのカスタマイズが可能なサービスなど、機能やコストはサービスによって様々です。

モバイルオーダーとは

モバイルオーダーは、ユーザーが来店する前に、欲しい商品を選んでスマホから注文・支払いまで済ませ、後は商品を取りに行くだけというスタイル(飲食店の場合は、店内で飲食するイートインタイプもあります)。

モバイルオーダーの中には、スマホで注文し支払は店頭で行うタイプもありますが、あらかじめ支払まで済ませる方が、ユーザーとしても店舗としても利便性は高いでしょう。

 

モバイルオーダーのメリット

客側は待ち時間がないのがメリット

レジで並んでその場で注文するよりも、ゆっくり検討できて、店では商品受け取りだけなので、待ち時間なしでパパッと済むのが魅力です。

ぐるなびが2022年6月に実施した調査では、約4割が「モバイルオーダーの利用経験あり」で、モバイルオーダー利用経験者のうち、約9割が満足と回答しています。

満足の理由は「便利」「キャッシュレス決済ができる」「店員を待たずに済む」が上位に来ています。

 

店側のメリットは接客やレジの手間がかからない

ユーザーのメリットだけでなく、店舗側としても、店内のパソコンやタブレットに自動でオーダーが入ってくるので、注文を受ける接客業務がなく、キャッシュレス決済がオンラインで済んでいれば、レジ業務の手間もありません。

 

混雑緩和や注文ミスの防止、販路拡大のメリットも

モバイルオーダーを導入すると、店内の混雑の緩和や、注文ミスのリスクも減らせます。

また、席数が少ない飲食店などでも、モバイルオーダーによるテイクアウトが増えれば、より多くの注文に対応できる可能性があります。

他店との差別化や、販路の拡大の手段として、モバイルオーダーを導入されています。

 

デメリットは?

モバイルオーダーの店側のデメリットとして、指定時間までに商品を渡すための準備や段取りに気を使う点があります。

お客様が商品を取りに来た時に、待たせてしまうことがあるとクレームになる可能性もあります。

ただ、事前に注文内容は把握できるので、よほどのアクシデントがない限り、トラブルに発展することはないでしょう。

 

モバイルオーダーシステムの費用

「モバイルオーダーを導入するは、すごく費用がかかるのでは?」と躊躇している方もいるかもしれませんが、最近は手軽に利用できるサービスもあり、費用をそれほどかけずに導入できるものがあります。

モバイルオーダーシステムにかかる費用は、サービスによって差はありますが、

  • 初期費用
  • サービス利用手数料
  • 決済手数料
  • 振込手数料

といった費用があります。

サービスによって、初期費用無料だったり、サービス手数料無料、振込手数料もかからないものなど、まちまちです。

 

モバイルオーダーシステムの種類

モバイルオーダーシステムは、

  • 複数の店舗のオーダーシステムをまとめたサービスに加盟する『加盟型』
  • 店舗が公式サイトなどで店独自で行う『自店専用型』

があります。

 

オーダーシステムサービスの加盟店になれば導入までが早い

加盟型は、例えば、Menu・PayPayピックアップ・Picks・EPARKテイクアウトなどがあります。

ユーザーは、テイクアウトができる複数の店舗の中から、店を選んで注文します。

加盟型は、既存のシステムを利用するので、早めに導入が可能です。

 

自店専用のアプリ・公式サイト・SNS利用のオーダーシステム

自店専用のモバイルオーダーシステムは、ユーザーが専用アプリをインストールして注文するものや、ウェブサイトにアクセスして注文するタイプ、SNS経由で注文するものもあります。

専用アプリを利用するモバイルオーダーシステムは、自由度が高い物の割合コストが高くつきます。

一方、オンラインサイトやSNSで注文を受け付けるタイプは、ローコストで導入できるものが多いです。

 

企業のオーダーシステムの例

【例】マクドナルドはアプリを使ったモバイルオーダーシステム

例えば、マクドナルドは、ユーザーがアプリをダウンロードして注文をします。

マクドナルドモバイルオーダーシステム

スマホにアプリをダウンロードするマクドナルドのモバイルオーダー

 

【例】スターバックスは、アプリでもWEBでも、モバイルオーダーができる

スターバックスは、アプリでもWEBでもモバイルオーダーができます。

スターバックスモバイルオーダーシステム

アプリを使ったモバイルオーダーシステムは、アプリ内でクーポンを配布したり、キャンペーンの告知や店舗の情報の発信ができるメリットもあります。

お得なクーポンがあれば、アプリもダウンロードしてもらいやすくなり、販促効果も期待できます。

WEBのモバイルオーダーシステムも、アプリほど自由度はありませんが、オペレーションの簡略化に加え、顧客情報が残るメリットがあります。

 

自店のモバイルオーダーが導入できるサービス紹介

QRfood

QRfoodは、世界最大規模のセルフオーダーシステムのアプリです。

お客様はスマホで店舗のQRコードを読み取って、メニューを注文できます。

メニューの多言語化も可能で、インバウンドにも対応できます。

3つの料金プランから選んで導入できます。

プランエントリースタンダードプレミアム
月額9,800円19,800円27,800円
電子メニュー作成(1品)150円(初回無料)
追加メニュー作成(1品)月2回合計10品まで無料、11品以上別途100円月2回合計10品まで無料、11品以上別途50円
決済の有無/インバウンド手数料

決済:あり

インバウンド・なし

決済:あり

インバウンド・あり(手数料15%)

決済:あり

インバウンド・あり(手数料10%)

今なら、初月利用料金・初回メニュー作成費が全て 0 円で注文システムを導入できます。

詳しくは、問い合わせフォームからお問い合わせください。

 

\ 30日間無料お試しキャンペーン中! /

 

「Squareオンラインビジネス」で無料でモバイルオーダーシステムを導入

キャッシュレス決済のSquareが提供する、「Squareオンラインビジネス」を利用すると、モバイルオーダーの注文サイトを簡単に作成することができます。

このサービスは、導入費用や月額固定費は無料で、決済時の手数料3.6%のみで利用できます。

Squareオンラインビジネス
【Squareオンラインビジネス】初心者でも作りやすいと評判の無料ネットショップ作成ツール

続きを見る

 

店頭でキャッシュレス決済をする場合は決済端末の購入が必要ですが、オンライン決済だけなら決済端末は不要です。

Squareの決済端末

Squareリーダー

Squareリーダー外観

税込4,980円 
キャンペーン中3,980円

スマホやタブレットと連動して使うコンパクトなカードリーダー。Android・i-OS対応。 

Squareターミナル

マルチ決済端末Squareターミナル

税込39,980円 
キャンペーン中31,980円

これ一台でカード読取・POS機能・レシート印刷が可能。Wi-Fi環境が必要。

Square スタンド

NEWSquareスタンド

税込29,980円

カードリーダー内蔵のi-Padスタンド。お客様に向けて回転できる(iPadはついていません)

Squareレジスター
NEW

Squareレジスター

税込84,980円

カードリーダー内蔵のPOSレジ。対面の2画面でお客様の操作もスムーズ。

決済端末不要、スマホだけでキャッシュレス導入できる!

詳しくはこちら→Squareの「スマホでタッチ決済」解説記事

 

\ 公式サイトで詳しく見る /

 

 

Squareの無料POSレジ活用で対面決済・現金決済も可能

Squareは無料で使えるPOSレジアプリも提供しており、Squareオンラインビジネスとあわせて使うと便利です。

お客様からの注文は、SquarePOSレジアプリにポップアップ通知が表示され、メールも届きます(注文を受ける時間は、曜日ごとに設定可能)。

Squareには、3種類のPOSレジがあります。

  • SquarePOSレジ(全業種対応)
  • SquareレストランPOSレジ(飲食店用)
  • SquareリテールPOSレジ(小売業用)
SquarePOSレジ
【SquarePOSレジ】無料で使えるスクエアのポスレジ評判・解説

続きを見る

飲食店用のSquareレストランPOSレジは、会計処理の他、オーダーエントリーシステムの機能も搭載しています。

Squareは、初期費用無料・月額固定費無料・振込手数料無料でクレジットカードや電子マネーの決済ができるサービスです。クレジットカードの決済手数料は、対面決済が3.25%で、オンライン決済は3.6%です。

Squareアカウントがあれば、無料で高機能のSquarePOSレジアプリが使え、スマホやタブレットと別売りのSquareのカードリーダーを接続すれば、対面販売でのカード決済も可能です。

 

 \ Squareの登録はこちら /

Squareの操作画面
Square(スクエア) 評判 口コミ・感想まとめ

続きを見る

 

店外モバイルオーダー「Okage Go 店外版」

モバイルPOS「Okageレジ」を中心に飲食店舗向けソリューション「Okageシリーズ」を展開するOkage株式会社がテイクアウト用にリリースしたモバイルオーダーシステム「Okage Go」。

「OkageGo」は専用アプリ不要でお客様のスマートフォンからお店に注文ができるシステムで、店内版と店外版があり、「Okage Go 店外版」は事前注文、テイクアウト予約、デリバリー注文やフードコートでの利用に対応しています。

ホームページやSNS、Googleマップなどにリンクを貼るだけで、専用のアプリをダウンロードすることなく注文できます。出来上がり通知もできるので店頭渡しもスムーズ。

注文受付用のタブレットがあれば、初期費用はかかりません。

注文が入らなければ利用料は一切かかりません。

かかる費用は次の通りです。

Okage Go店外版 費用

サービス利用料注文額(税別)×3.0%
決済手数料

VISA / Mastercard 2.59%

AMEX / JCB / Diners Club / Discover Card 3.3%

振込手数料1回250円
現地現金払い機能追加(オプション)2,000円/月(税別)

 

使用方法は、こちらの動画をご覧ください。

 

\ 詳しくは公式サイトへ /

 

モバイルオーダーもOK!業界最安水準「店舗アプリ」

自社のアプリを使ってモバイルオーダーの受付をしたいなら、株式会社トランスメディアGP提供の「店舗アプリ」が実績があり、かつ安価で導入できるのでおすすめです。

アプリの作成が簡単にでき、ブログ感覚で運用・操作できます。

オリジナルのアプリが作成できるのはもちろん、最新技術のWEBアプリPWA・PCサイトも、同時に作成・運用ができます。

メニュー構成やデザインは打合せで決めていくので、ブランディングにこだわっているお店も、希望に沿ったアプリが作れます。

 

機能面も充実している「店舗アプリ」

店舗アプリは、

  • スタンプカード
  • ポイントカード
  • 会員証
  • クーポン
  • 商品購入(EC)
  • モバイルオーダー
  • テイクアウト決済
  • サブスク決済
  • チケット決済

など、50機能以上があります。

(EC・予約・モバイルオーダー・デリバリー・決済など個人情報を取得する部分は外部ツールのWEB管理となります)

また、ユーザーの行動履歴が確認できる高い分析機能もあります。

アプリの作成や機能については、公式サイトの「よくある質問」に、詳しい説明があります。

 

店舗アプリの初期費用・月額料金

 金額内訳
初期費用11万(税込)~アプリ生成・デザイン制作・iosストア申請代行・Androidストア申請代行など
月額費用22,000円(税込)~アプリ保守・サーバー費・サーバー保守

パソコン操作が苦手な方には、まるごと運用代行コースもあります。

また、これらの費用は、政府のIT補助金の対象です。補助金を使えば、割安で導入できます。

また、公式サイトに、「他社よりも高い場合はお申し付けください」とあるので、他社で安いところがあれば交渉してみるのもアリです。

 

\ 業界最安水準 /

 

 

最短1週間で自社オリジナルのモバイルオーダーシステムが導入できる「L.B.B. Cloud」

L.B.B.Cloudは、飲食店だけでなく、様々な業種に対応したモバイルオーダーシステム作成ツールです。

スタジアムやイベント・フェスなどでのグルメ・物販や、サロン・スクールなどの予約型店舗にも対応しています。

L.B.B.Cloudのオーダーシステム作成ツールは、例えると、wordpressのようなクラウドサービスで、いちから開発の必要がなく、導入コスト・運用コストが抑えられます。

必要な機能を必要な分だけピックアップして、自店で使いやすいオーダーシステムの運用が可能です。

また、利用できる決済種類も多く、クレジットカードの他、QRコード決済など複数のキャッシュレス決済に対応しています。

lbbcloud

専門的な知識がなくても使える

L.B.B.Cloudを導入にあたって、店舗側の作業としては、パソコンで商品登録を行う必要があります。

その他の初期設定等は、店舗では行わなくてもよいので、専門的な知識は不要です。

 

L.B.B.Cloud 導入事例

ブレックスアリーナ宇都宮の飲食売店「BRECKY KITCHEN」は、L.B.B.Cloudのモバイルオーダーシステムを利用しています。

ユーザーは、アプリ内のリンクやチラシのQRコードから、注文ページへ進みます。

実際の注文ページは、こちらです。

 

L.B.B.Cloud 導入費用

L.B.B.Cloudは、自社用にカスタマイズができるので、費用も一律ではなく、導入費用は公開されていません。

ただ、同業他社と比較すると、安い部類に入ります。

詳しくは、L.B.B.Cloudの公式サイトで資料がダウンロードできます。

具体的な費用等の話がしたい場合は、公式サイトの「お問い合わせ」から問い合わせてください。

\ 公式サイトはこちら /

 

 

 

 

迷ったらやってみよう!

導入おすすめモバイル決済診断チャート

-コラム
-, , ,