個人事業主の店舗にクレジットカード決済導入~自営業のための主要モバイル決済比較、評判・口コミ・キャンペーン情報まとめ

モバイル決済比較と口コミ 【2019年版】(おすすめ&お得)店舗向けクレジットカード導入徹底解説

【NEW】10月1日モバイル決済診断チャートをリリースしました  9月26日 楽天ペイがWAONに対応しました     

コラム

モバイル決済導入キャンペーン比較【2019年9月版】条件に注意!Square・Airペイ・Coiney・楽天ペイ

カードリーダー端末が無料になる最新キャンペーン情報解説

このページでは、これからモバイル決済を導入する方に向けて、カードリーダー端末をお得に手に入れるための最新情報をご紹介しています。

現在、カードリーダーを実質無料でゲットする方法は二つあります。

  • 政府が行っているキャッシュレス・消費者還元事業に参加する
  • 各社が行っているキャッシュバックキャンペーンなどを利用する

キャッシュレス・消費者還元事業は、中小・小規模事業者のキャシュレス普及を推進する政府の取組です。

この事業に参加すると、決済端末(カードリーダー)が無料になったり、期間限定で決済手数料が割安になるなど、お得なメリットがあります。

店舗(事業所)の規模・業態・業種・取扱品目などにより、キャッシュレス・消費者還元事業の対象とならないケースもあるので、対象外の場合は、各社のキャッシュバックキャンペーンなどを利用して、カードリーダー端末を実質無料で手に入れることもできます。

キャッシュレス・消費者還元事業も、各社のキャッシュキャンペーンも、それぞれ参加条件や注意事項がありますので、詳しく解説していきます。

↑スクロールできます

「キャッシュレス・消費者還元事業」と参加方法

キャッシュレス・消費者還元事業については、「キャッシュレス・消費者還元事業と補助金の情報まとめ~対象外の業種に注意!」で、詳しく説明しているので、読んでみて下さい。

このページでは、ざっくりとポイントだけお伝えします。

キャッシュレス・消費者還元事業に参加するメリット

  • カードリーダー端末が無料で導入できる
  • 決済手数料が2.17%以下になる(9ヶ月間の期間限定)
  • キャッシュレス決済をした消費者にポイントが還元される

といったメリットがあり、消費者だけでなく、店舗にも恩恵がある嬉しい取り組みです。

 

キャッシュレス・消費者還元事業に参加すると無料で手に入る端末一覧

また、決済サービス事業者によっては、カードリーダーだけでなく、プリンタやタブレットなどの無料貸与を行っているところもあります。

ただ、そういったケースでは、キャッシュレス・消費者還元事業の審査に落ちた場合、送られてきたタブレットなどの代金が後から請求される場合もあるので注意が必要です。

詳しくは、各社のキャンペーン情報などとともに後述します。

 

申し込み手続きは、オンラインでかんたんにできる

「行政の補助事業は、申請が面倒なものが多くて苦手・・・」

という方も少なくないと思います。

しかし、このキャッシュレス・消費者還元事業は、自分で行政に申込をするのではなく、キャシュレス加盟店支援事業者であるAirペイ・Coiney・Square・楽天ペイなどを通して、簡単に申込することができます。

申請用紙に色々と書き込むのではなく、各社のサイトからオンラインで申込ができ、わずらわしい手続きは不要です。

Square・AirPAY・Coiney・楽天ペイ等、モバイル決済サービス各社のサイトには、新規申込の時に、あわせてキャッシュレス・消費者還元事業にも申込ができるようになっています。

 

キャッシュレス・消費者還元事業の問い合わせ先

事前に、ご自身の事業がキャッシュレス・消費者還元事業の対象となるか確認しておくと安心です。

問い合わせ先はこちらです。

ポイント還元窓口 中小・小規模事業者向け

TEL: 0570-000655

平日 10:00~18:00(土日祝日をのぞく)

IP電話番号用 042-303-4203

 

AirPAYのキャンペーン

Airペイでは、現在、

を実施中です。

キャッシュレス・消費者還元事業の対象の方向け

キャッシュレス0円キャンペーン

おすすめ度 

「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象となる中小・小規模事業者が、Airペイから登録申込みすると、iPad・カードリーダーが無料になります(無料貸与毎年自動更新)。

また、9ヶ月の期間限定の事業ですが、期間中は、対象の事業者は、Airペイの決済手数料が実質2.16%になります。

(Alipay、WeChat Payは対象外です)

「キャッシュレス0円キャンペーン」の条件

  • Airペイに新規の申込みであること。
  • 申込日から6か月以内にAirペイの新規加盟審査、および「キャッシュレス・消費者還元事業」の審査を通過すること。

キャンペーンの流れと注意すべきポイント

nagare0eapei

  • AirPAYの加盟店審査に通ってiPadなどが届いても、キャッシュレス・消費者還元事業の審査に落ちれば、後から代金を請求されます!
  • AirPAYの利用実績がない場合なども、iPad・カードリーダー・諸費用が請求されます。

Airペイの加盟店審査は通ったものの、キャッシュレス・消費者還元事業の審査に落ちた場合は、後述する「0円スタートキャンペーン」が自動的に適用されるため、カードリーダーは無料となります(iPad・諸費用のみ請求)。

キャッシュレス0円キャンペーンに申込した場合、加盟店審査に通過すると、iPadやカードリーダーが送られてきますが、キャッシュレス・消費者還元事業の審査は9月下旬にならないと結果が分かりません。

キャッシュレス・消費者還元事業の審査に通らなかった場合は、送られてきたiPadの料金と諸費用が請求されるので注意が必要です。

ご自分の店舗がキャッシュレス・消費者還元対象かどうかの確認はこちら↓↓↓

+ クリックで問い合わせ先表示

ポイント還元窓口 中小・小規模事業者向け

TEL: 0570-000655

平日 10:00~18:00(土日祝日をのぞく)

IP電話番号用 042-303-4203

 

キャッシュレス0円キャンペーンの主な注意事項まとめ

  • Airペイの申込み画面から、キャッシュレス・消費者還元事業者の登録申込みをしなければ、キャンペーン対象になりません。
  • iPad・カードリーダーの発送後、「キャッシュレス・消費者還元事業」の補助申請審査を通過しないことが判明した場合は、iPad(税別37,800円)および諸経費(税別2,000円)が請求されます。
  • iPad・カードリーダーの発送後、理由の如何を問わず、Airペイの利用実績の確認がとれない場合、Airペイを解約した場合、その他当社との契約に違反した場合、本事業の補助金ルールに則り、iPad(税別37,800円)、カードリーダー(税別18,334円)、および諸経費(税別2,000円)をご請求させれます。
  • キャッシュレス・消費者還元事業にてiPad・iPhoneの補助申請をした方は、軽減税率対策補助金のiPad・iPhoneの購入補助金には申請できません。
  • 軽減税率対策補助金の購入補助金に申請してiPad・iPhoneを購入している場合、本キャンペーンの対象外となります。
  • キャンペーンで貸与される端末は1台のみです。

詳細はAirPAY公式サイトで確認してください。

 

対象外の人は?

キャッシュレス・消費者還元事業の対象外の方は、この後紹介するカードリーダーのみが0円となる「0円スタートキャンペーン」が適用されることがあります。

0円スタートキャンペーンでは、iPadはついてきませんが、タブレットやレシートプリンタを購入するなら、軽減税率対策補助金を利用すれば、国から補助を受けられます(補助を受けるには条件があります。複数税率の対応が必要な中小規模の店舗が対象の補助金です。)。

 

キャッシュレス・消費者還元事業の対象外の方向け

エアペイ 0円スタートキャンペーン

「キャッシュレス・消費者還元事業」の登録対象とならない方でも、下記の条件を満たせば、1台19,800円のカードリーダー貸与料金が0円となります。

貸与は1台分の料金です(複数台買っても1台分のみ)。

0円スタートキャンペーンの条件

  • 申込み月6か月後の月末までに審査を通過されていること
  • Airペイに新規の申込みであること

(既に加盟店である店舗の解約後の再申込みは基本的に本キャンペーン対象外となります。)

 

キャンペーン期間

キャンペーン終了時期は未定です。

もともとは、キャンペーン終了日が設定されていましたが、好評のため期間延長中です。

注意すべきポイント

このAirペイのキャンペーンは、他社に比べて、とてもクリアしやすい条件です。

難しい条件はないので、キャッシュレス・消費者還元事業の対象外となってしまっても、利用しやすいキャンペーンです。

Airペイ写真
Airペイの評判~口コミ・感想まとめ-AirPAY(エアペイ)

このページでは、Airペイの評判・口コミをご紹介しています。 AirPAYは、リクルートが提供するモバイル決済サービスです。 現在、Airペイは、 iPad+カードリーダーが無料になるキャッシュレス・ ...

続きを見る

 

Squareのキャンペーン

Squareでは、

を実施中です。

キャッシュレス・消費者還元事業の対象の方向けのキャンペーンです

スクエア 決済端末無料キャンペーン

おすすめ度 

キャッシュレス・消費者還元事業対象の事業者は、Squareから申し込みをして、加盟店審査に通過すると、カードリーダー( 7,980円)が無料で手に入ります。

(キャッシュバックキャンペーンと違い、いったん購入する必要がありません)

また、消費税が10%になる2019年10月1日から2020年6月30日までの9か月間は、決済手数料が実質2.16%になる予定です。

キャッシュレス・消費者還元事業の審査は9月下旬に結果が分かりますが、カードリーダー端末はその結果を待たずして、Squareの加盟店審査に通れば送ってもらえます。

導入スピードは、業界ナンバーワンなので、クレジットカード決済を早く導入したい方におすすめです。

 

実施期間

2019年5月14日から2020年5月31日(予定)

詳細確認・申し込みはこちら

 

キャッシュレス・消費者還元事業の対象外の方はこちらのキャンペーンが利用できます

スクエア 決済端末実質0円キャンペーン第2弾

キャンペーン対象期間

 2019年5月14日(火) 〜 カードリーダー在庫なくなり次第終了

対象期間内に、下記1から4までの全ての条件を満たした方

  1. キャッシュレス・消費者還元事業のフォームを入力した方
  2. 対象期間内にSquare公式オンラインショップで、Square Readerを通常販売価格(7980円)で購入した方
  3. Square Readerを購入してから90日以内に、実際にSquare Readerを使って合計決済額が10,000円を超えた方(テスト決済を除く)
  4. 適正なキャッシュバック申請を完了された方

 

注意点すべきポイント

このキャンペーンは、きちんと手順を踏めばOKの難易度が低い条件です。

注意点としては、キャッシュレス・消費者還元事業の対象とならない方も、キャッシュレス・消費者還元事業のフォームに入力する必要があるということでしょううか。

また、カードリーダーを買う時は、必ずSquareにログインしてから買ってください。ログインしないで、ゲストとして買ってしまうと、キャッシュバックの対象になりません。

そして、90日以内に1万円以上決済を行うことも条件になっています。

キャッシュバックの申請は、カードリーダー購入後に、メールで申請用のURLが送られてくるので、期限までに申請を済ませておきましょう。

ちなみに、Squareの審査は通りやすいですが、成人向けのサービスや、オンラインコンテンツ、タトゥー、占いなどは、規約で利用が認められていません。他にも禁止されているものもあるので、審査落ちや、利用途中でアカウント停止にならないように、事前に利用規約に目を通しておくといいでしょう。

関連記事:Square審査落ちの原因は?アカウント停止の理由は?

他の注意点としては、キャッシュバックされるのはカードリーダー1台分が上限です。複数台買っても、1台分だけしかキャッシュバックされません。

詳細確認・申込はこちら

 

Squareの操作画面
Square 評判・口コミ・感想まとめ【スクエア-カード決済導入】

中小の店舗や個人事業主を中心に人気のモバイル決済。中でも、導入しやすいと評判なのがSquare(スクエア)です。 このページでは、Squareの評判・口コミ・レビューを集め、スクエアを実際に導入してい ...

続きを見る

 

Coineyのキャンペーン

おすすめ度 

キャッシュレス・消費者還元事業の対象の方向け

Coiney キャッシュレス・消費者還元事業受付

Coineyはキャッシュレス・消費者還元事業登録受付中です。

対象の方は、Coiney経由でキャッシュレス・消費者還元事業に申込ができ、加盟店審査と事業の審査に通過すると、カードリーダー端末が無料で送られてきます。

また、消費税が10%になる2019年10月1日から2020年6月30日までの9か月間は、決済手数料が実質2.16%になる予定です。

キャッシュレス・消費者還元事業の対象外の方向け

コイニー タダノリキャンペーン(第2弾)

キャッシュレス・消費者還元事業の対象でない方も、タダノリキャンペーンを利用して、カードリーダーを無料で手に入れることができます。

以下の条件を満たすとカードリーダー代が0円となります。

  • 新規でCoineyへお申し込みいただき、対象期間までに加盟店審査(クレジットカード取り扱い 一次審査)を通過された方

キャンペーン対象期間

 〜2020年5月31日(日)まで 

 

注意ポイント~カードリーダーは買わなくても送ってくれる

コイニーの今回のキャンペーンも、新規の方が対象です。すでに導入している方は、対象外です。

そして、このキャンペーンは、審査を通過すると、Coineyからカードリーダーが届きます。

よくある一度購入してキャッシュバックという形ではないので、間違って端末を買ってしまわないように注意してください。

(ただし、タダになるのは1台分だけです。端末が2台以上必要な方は、追加分は購入が必要です)

 

注意事項と対応端末を確認して申込しよう

コイニーの今回のキャンペーンは、利用金額の条件がなく、しかも購入手続きも不要なので、これまでにない好条件のキャンペーンです。

Coineyに興味がある方は、手持ちのスマホやタブレットがCoineyに対応しているなら、今回のキャンペーンを利用しない手はないと思います。

Coineyのキャンペーンサイトには、注意事項の他、「対応端末を確認する」というリンクがあるので、そちらからご自分の端末がコイニーで使えるかどうか確認できます。

 

coiney
Coiney(コイニー)-評判・口コミ・使ってみた感想まとめ【カード決済導入】

チェック Coiney(コイニー)は、キャッシュレス加盟店支援事業者に登録完了しています。 Coiney経由でキャッシュレス加盟店支援事業に加盟店登録すると、カードリーダーの無料導入や決済手数料の負担 ...

続きを見る

 

楽天ペイのキャンペーン

キャッシュレス・消費者還元事業の対象の方向け

選べる!決済端末の無償貸与

楽天ペイでは、新規登録の方で、キャッシュレス・消費者還元事業に参加登録する方を対象に、

  • カードリーダーの無料貸与
  • カードリーダーとレシートプリンタの無料貸与
  • カードリーダーとタブレットの無料貸与

と3つの無償貸与のプランが用意されています。

端末貸与に関する注意事項

  • 2019年6月24日0時00分以降に楽天ペイ(実店舗決済)に新規申し込みされた加盟店が対象となります。
  • 端末貸与は1ショップコードにつき1セット限定です。
  • 「キャッシュレス・消費者還元事業」の登録審査に通過された加盟店が対象です。
  • 端末貸与後、 「キャッシュレス・消費者還元事業」の登録審査に通過されなかった場合、カードリーダー、タブレット及びプリンターの代金を請求されます
  • 2019年6月24日0時00分以降に楽天ペイ(実店舗決済)に新規申し込みされた加盟店で『キャッシュレス・消費者還元事業』の登録審査に通過されなかった加盟店は、自動でキャッシュバックキャンペーンの対象となります。

AirペイのiPadが無料貸与されるキャンペーンの流れとほぼ同じです。

審査に落ちると費用請求がある

楽天ペイの加盟店審査に通ると、カードリーダーやタブレットが送られてきますが、もし、その後、キャッシュレス・消費者還元事業の審査に落ちた場合は、タブレットやプリンターの代金が請求されます。

審査に落ちた場合、カードリーダーはキャッシュバックキャンペーンが自動適用されるので、キャッシュバック条件をクリアすれば、カードリーダー代の請求はされません(6/24以降の新規申込の場合)。

ご自分の店舗がキャッシュレス・消費者還元かどうかの問い合わせ先は、こちらに記載しています。

端末無料貸与の詳細と申し込みはこちら

 

キャッシュレス・消費者還元事業の対象外の方向け

楽天ペイキャッシュバックキャンペーン

楽天ペイのキャッシュバックキャンペーンは、まとまった利用金額の条件があるため、小規模店では利用しにくい内容になっています。

もし、キャッシュレス・消費者還元事業の対象でない場合は、下記のキャッシュバックキャンペーンの条件をクリアすれば、カードリーダーが実質無料になります。

 

現在実施中のスーパーライトプランとライトプラン

2019年6月24日からはじまった楽天ペイのキャッシュバックキャンペーンは、二つのプランがあります。

どちらも、新規申込加盟店が対象で、18,800円(1台分)がキャッシュバックされます。

スーパーライトプラン

  • 登録振込先口座を楽天銀行にする
  • 決済金額5万円以上
    (審査通過月を含め4ヶ月以内)

ライトプラン

  • 決済金額30万円以上
    (審査通過月を含め4ヶ月以内)

 

注意すべきポイント

スーパーライトプランは、楽天銀行を振込先とすることが条件となっています。

楽天ペイでは、クレジットカード決済の代金の振込先に、楽天銀行以外を指定した場合、その都度、振込手数料が330円かかります。

楽天銀行だと振込手数料は無料なので、楽天ペイを使うなら、振込先を楽天銀行にするのは、ほぼ前提と言えます。

ただ、楽天銀行の口座を開設しようとしたのに、銀行から口座開設を断られてしまうということがまれにあるようです。

理由としては、

  • 反社会的勢力と何らかの関係をもっている
  • 既に楽天のクレジットカードを持っているのに、キャッシュカード+クレジット機能付きを申し込んだ
  • 勤務先や住所などに事実と異なる点があった

などです。

なので、まずは、楽天銀行の口座をあらかじめつくってから申し込みをすると確実です。

詳細確認と申し込みはこちら

no image
楽天ペイ【店舗導入 加盟店登録】評判・口コミ・使ってみた感想まとめ

楽天が実店舗向けに提供するモバイル決済サービス、楽天ペイ(旧楽天スマートペイ)。 クレジットカード決済だけでなく、電子マネーやアプリ決済もでき、決済手数料も安い。 いいところばかり目につきますが、実際 ...

続きを見る

 

以上、各社のキャッシュバックキャンペーンの情報をお届けしました。

各社のサービス比較は、こちらをご覧ください。

 

この記事は、随時更新し、常に最新の情報を提供できるように注意しておりますが、新しいキャンペーンに切り替わる時などは、情報が古くなってしまっていることがあるかもしれません。

恐れ入りますが、各社に申し込みの際は、注意事項や条件など、今一度、各サイトにてご確認ください。

当サイトでご紹介しているサービスにより、ご利用者または第三者に対して発生したいかなる損害等についても、当サイトはその責任を負わないものとします。当サイトでご紹介した情報をご利用いただく場合は、恐れ入りますが利用者本人様の責任の元お願い致します。

迷ったらやってみよう!

モバイル決済診断チャート

-コラム

Copyright© モバイル決済比較と口コミ 【2019年版】(おすすめ&お得)店舗向けクレジットカード導入徹底解説 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.