個人事業主の店舗にクレジットカード決済導入~自営業のための主要モバイル決済比較、評判・口コミ・キャンペーン情報まとめ

モバイル決済比較と口コミ 【2019年版】(おすすめ&お得)店舗向けクレジットカード導入徹底解説

【NEW】10月1日モバイル決済診断チャートをリリースしました  9月26日 楽天ペイがWAONに対応しました     

各社クチコミまとめ

Coiney(コイニー)-評判・口コミ・使ってみた感想まとめ【カード決済導入】

チェック

Coiney(コイニー)は、キャッシュレス加盟店支援事業者に登録完了しています。

Coiney経由でキャッシュレス加盟店支援事業に加盟店登録すると、カードリーダーの無料導入や決済手数料の負担軽減・消費者へのポイント還元などメリットが受けられます。

詳しくはこちら→キャッシュレス・消費者還元事業と補助金について

 

2012年にモバイル決済サービスをスタートさせたCoiney。

当初は、イヤホンジャックに挿すタイプのカードリーダーでしたが、2015年秋に、現在のCoineyターミナルにチェンジしました。

また、Coineyは、中国人向けのQRコード決済WeChatPayにいち早く対応し、さらに、2018年12月には、国内交通系電子マネーにも対応。時代に合わせて、利便性を高めてきています。

Coineyの特徴は、「最新版!モバイル決済各社比較」の記事で、他社と比較しながら見ることができますが、このページでは、Coineyを使った人の口コミを中心に紹介し、Coineyの特徴がわかるように詳しく解説しています。

Coineyの導入を検討している方は、ぜひ読んでみて下さい。

使い方を先に見たい方は、こちらの動画をどうぞ。

 

それでは、早速、Coineyの口コミを見てみましょう。

 

Coineyの機能の口コミ・評判

Coineyペイジ(決済用ページをメール送信できる)が便利という口コミ

まずは、コイニーの機能「Coineyペイジ」についての口コミです。

Coineyは、決済用のウェブページが作れるCoineyペイジという便利なサービスがあります。

「Coineyページが使えるから」という理由で、他社ではなくCoineyを選んだ人も少なくないと思います。

このCoineyページについての口コミがありました。

 

Coineyペイジとは?

Coineyペイジは、決済用のウェブページを作って、お客さんにアクセスしてもらい、クレジットカード情報を入力してもらって決済ができる機能です。

決済端末は使わずに、ウェブ上で決済処理ができます。

●Coineyペイジの手順

【店舗がすること】

Coiney のウェブ管理画面から、必要な項目を入力して決済用のページを作成します。

次のいずれかの方法で、決済用ページのURLをお客様に送ります。

  • メールでリンクを送信
  • LINEにURLを貼り付けて送信
  • 決済ページのQRコードをプリントして手渡し or その場で読取・決済

【お客様 がすること】

お客様のスマホで決済ページを表示して、カード情報を入力していただき決済してもらいます。

Coineyページでは、対応ブランド対応支払回数が通常決済(カード読み取りの決済)と変わります。

  • 対応クレジットカード:VISA・MASTER
  • 支払方法:1回払
  • 対応言語:日本語、英語、繁体字中国語、簡体字中国語、韓国語、タイ語

ECサイトに組み込みできるCoineyペイジAPIも利用できます。

Coineyペイジは、Squareの請求書機能と同じようなサービスです。

Coineyでは、決済用のページはメールだけでなく、QRコードでもアクセスできますが、Squareはメール送信だけになっています。

 

振込手数料がかからなければいいのに・・・という口コミ・評判

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/03/05(木) 23:37:49.85 ID:1nAKdHIt0.net

楽天は、個人情報流出で迷惑メールの被害にあってから、全く信用してない。 JCBだとCoineyも扱えるけど、あれは振り込み手数料取るからなぁ… と考えて、やっぱsquareがいいよなぁ、と検討中。

 

Coineyの話題でよく出てくるのが、振込手数料について。

売上金を自分の口座に入金してもらう時にかかる手数料のことですが、10万未満の金額だと都度200円かかります。

手数料を抑える方法!月1回自動入金 or 10万を超えたら都度振込依頼

コイニーは、手動入金自動入金があり、どちらか選ぶことができます。

手動入金 最大6回・振込依頼の1~2営業日に入金
自動入金 月末締め・翌月20日に入金

また、振込金額によって、手数料がかかります。

振込金額 振込手数料
10万未満 200円
10万以上 無料

【手動入金の注意点】

いつでも自由に振込依頼できるわけではない!

手動入金の場合は、5日ごとに締日が設けられていて、締日の10日後から振込依頼が可能になります。

振込依頼の操作完了後、1~2営業日で入金となります。

 

手動入金の例

1/1の売上金の振込依頼と入金のタイミング目安

【締日】1/5

【振込依頼可能日】1/15~

【入金日】1/16~17(1/15に振り込み依頼した場合)

※入金日が営業日でない場合は、入金日がずれます。

振込依頼してからの入金のタイミングは早いですが、締日や振込依頼ができるようになるまで、意外と時間がかかります。

また、手動入金は、都度振込依頼のひと手間がかかり、売上金額が10万未満だと振込手数料200円を店舗側が負担しなければなりません。

 

自動入金の例

1/1の売上金の振込依頼と入金のタイミング目安

【締日】1/31(月末締)

【入金日】2/20

1ヶ月分まとめて月末に締めて、翌月20日に入金されます。

10万未満だと200円かかります。

 

クレジットカード決済額が少ない場合は、自動入金で月1回まとめるか、手動入金で10万以上になったタイミングで振込依頼をする使い方をすれば、無駄に手数料を払わなくてすみます。

 

 

コイニーの対応機種についての評判・口コミ

対応機種少なすぎます androidの対応機種が少なすぎます

iOSでもAndroidでも使えるコイニーですが、Androidの対応機種が少ないという口コミがありました。

競合他社のSquareや楽天ペイと比べてみると、確かに、コイニーはAndroidの対応機種が少なめです。(AirペイはAndroid非対応)

 

また、注意点として、Coineyは、Android端末は電子マネーに対応していません。電子マネー決済が利用できるのはiOS端末に限ります。

iOSでもAndroidでも、導入前に、対応端末の確認は済ませておきましょう。

対応端末の確認方法

コイニーのヘルプページに、詳しい対応端末が掲載されています。

PCの場合は、Coineyサイトの右上の「ガイド・ヘルプ」をクリック

スマホの場合は、「メニュー」を開いて「サービスガイド」をタップ

キーワード欄に「対応機種」入れて検索すると、詳しい情報が確認できます。

 

カードリーダーの読み取りについての評判・口コミ

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/03/01(日) 21:09:08.97 ID:sg+SUwWX0.net
Coiney使ってたけど、カードリーダーが認証されないことが多すぎて、Squareへ。 カードリーダー自体の認証は問題ないけど、スワイプはなかなか読み取ってくれない。 諦めて番号を直接入力したこともある。まあ、それができる安心感はあるね。

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/03/01(日) 21:20:18.01 ID:PLnGoewG0.net
人それぞれだねえ Coiney、楽天と比べてスキャンミスが一番少ない印象だったよ

カードリーダの読み取りが悪いという口コミがありましたが、それを否定する口コミも同時にありました。

個体差があるのかもしれません。

また、数年前の物は製造中止になっていて、新しいカードリーダーに変わっているので、それが関係しているのかもしれません。

 

ちなみに、上記の口コミはSquareのスレッドの中でコイニーの話題が出たものです。

読取が悪い時にカード番号を入力して決済ができるのはSquareです。

Coineyは、カード番号入力の決済はできません。

 

コイニー審査の評判・口コミ

 

Coineyは、若干、審査が厳しめのようです。

その反面、審査のスピードはそれほど遅くないという口コミが多数あります。

ただ、2018年8月7日より、これまで一部業種で取り扱えなかったJCB・American Express・Diners Club・Discoverの提供が開始され、2次審査の件数増加により、以前よりも審査に時間がかかる可能性があります。

 参考 

Coiney~飲食・物販含むすべての業種に対し、 「JCB」「American Express」など4ブランドの加盟店申込受付を開始

 

Visa ・MasterCard ・ SAISONしか使えない業種がある

ただ、次の業種は、これまで通り、JCB・American Express・Diners Club・Discoverは使えません。

Visa ・MasterCard ・ SAISONのみ利用できます。

  • 電力、水道、ガス、公共料金(その他)、
  • 電話利用(通話)
  • インターネット接続サービス
  • 便利屋・代行
  • 結婚相談所

 

審査に追加資料の提出が必要な業種がある

次の業種は、二次審査の時に、書類の提出が必要です。

  • 不動産仲介 / 不動産賃貸
  • リサイクルショップ
  • ネイルサロン・まつ毛エクステ・その他美容サービス
  • マッサージ・各種施術/
  • 化粧品/
  • エステティックサロン

Web管理画面から提出書類をダウンロードし、記入・捺印した後、書類をスキャンしたデータ、もしくは写真画像をアップロードして提出します。

 

許可書や免許証に関する書類提出が必要な業種がある

また、営業許可や開業免許が必要な業種は、許可証や免許証に関する書類の提出が求められます。 

業種によって、必要な書類が定められています。  

飲食店/バー・クラブ/弁当・仕出し・宅配
【必須】営業許可証の名義と番号

コンタクトレンズ
【必須】高度管理医療機器等販売許可証の名義と番号

 古美術
【必須】古物商許可証の名義と番号

ペットケア・ホテル
※ペットを預かっている期間中の事故に関し、利用者から同意取得を行っている実態の確認が必要となる場合があります。

ペットシッター
【必須】動物取扱業の登録証コピー

 旅行斡旋・パッケージツアー
【必須】旅行業免許の名義と番号

ホテル・旅館・温泉等宿泊施設
【必須】旅館業許可証免許情報

タクシー
※タクシー運転者証(乗務員証)情報の提出をお願いする場合があります。

運転代行業
【必須】自動車運転代行認定証の名義と番号

(遊覧船クルーズなどの旅行商品の取扱いは不可)

不動産仲介
・【必須】宅地建物取引免許の名義と番号  
・不動産取引における JCB取扱い特約の承諾書提出

不動産賃貸
不動産取引における JCB取扱い特約の承諾書提出

住まいのクリーニング
※店舗が提供するサービスによってカード会員と紛議が発生した場合に備え、対人・対物保険に加入するなど、損害賠償が可能である実態の確認が必要となる場合があります。

リサイクルショップ
・【必須】古物証許可証の名義と番号
・JCB加盟店契約申し込みに関する確認書

 鍼灸院
【必須】鍼灸院免許の名義と番号

その他治療院
※法律で定められた医療行為の提供で、国家資格の提出が必要になる場合があります 

ネイルサロン・まつ毛エクステ・その他美容サービス
①申告商材に関わらず、店舗でアートメイクの取扱い実態がある場合 
 >医師免許の提出をお願いする場合あり。 
②申告商材に関わらず、店舗でまつ毛エクステの取扱い実態がある場合 
 >【必須】開設検査確認済証情報の提出
・ JCB加盟店契約申し込みに関する確認書

マッサージ・各種施術
JCB加盟店契約申し込みに関する確認書

化粧品
JCB加盟店契約申し込みに関する確認書

エステティックサロン
JCB加盟店契約申し込みに関する確認書

 自動車販売(新車) 
車両販売(四輪)の取扱審査

自動車販売(中古車) 
・【必須】古物商許可証の名義と番号
・車両販売(四輪)の取扱審査

自動二輪車・オートバイ(中古車) 
【必須】古物商許可証の名義と番号 

自動車教習所
【必須】(社)全日本指定自動車教習所協会連合会指定の名義と番号

 士業
【必須】国家資格、国家認定資格

修理サービス
※家電メーカーの修正部門、家具修理が対象

 

 

電子マネーに対応しました(2018年12月より)

国内電子マネーへの対応は、同業他社のAirペイや楽天ペイが早かったのに比べて、Coineyは、対応予定のアナウンスがありつつ延び延びになっていました。

そして、やっと、2018年12月5日より、交通系電子マネーの対応が開始されました。

先に書きましたが、電子マネー対応はi-OSのみです。Androidは電子マネーは非対応です。

交通系電子マネー9種類に対応しています。

「Suica」「PASMO」「Kitaca」「TOICA」「manaca (マナカ)」「ICOCA」「SUGOCA」「nimoca」「はやかけん」の9種類

  • Suica
  • PASMO
  • Kitaca
  • TOICA
  • manaca (マナカ)
  • ICOCA
  • SUGOCA
  • nimoca
  • はやかけん

※Suicaを登録したApple PayやGoogle Payも利用可能

電子マネー決済手数料率:3.24%

 

電子マネー対象外業種に注意

Coineyは、業種によっては電子マネーが使えません。

次の業種は、電子マネー取り扱い不可になっています。

  • スナック・クラブ
  • タクシー
  • 運転代行業
  • 便利屋・代行
  • リサイクルショップ
  • レッカーサービス
  • ロードサービス
  • カーシェア
  • 科学的根拠が乏しい効能や成功結果を標ぼうする商品やサービス(占い、スピリチュアル、お布施など)
  • 鑑定
  • 寄付
  • ゲームセンター
  • 「鉄道」のうち乗車券利用

その他、来店客が自ら会計を行うセルフレジとして使う場合や、移動販売や訪問先決済など決済場所が固定していない利用は、電子マネーは使えません。

 

Coineyのその他の特徴

コイニー決済手数料

コイニーは、決済手数料が3.24%~

主要国際ブランドに対応しています。

手数料3.24% 手数料3.74%
Visa
Mastercard®
American Express
SAISON CARD
WeChat Pay
JCB 
Diners Club
Discove

モバイル決済は、従来のクレカ決済に比べて、手数料が低く抑えられています。

他のモバイル決済も、Coineyとほぼ同じ手数料です。

 

コイニーは分割払いができる

他の主要モバイル決済(Square・Airペイ・楽天ペイ)は、一括払いしかできませんが、コイニーは、1回払の他、2回払い、リボ払いにも対応しています。

この点は、Coineyの大きなメリットです。

注意

美容整形の業種に限り、1回払いしかできません。2回、リボ払いは不可です。

 

コイニーはWeChatPayの決済もOK

Coineyは、中国人の利用が多いWeChatPayというQRコード決済に対応しています。

WeChat Pay(微信支付)とは?

 wechatpey

キャシュレス化が進む中国でも、特に使われている電子マネーのWeChat Pay

中国人の約9割が使っているSNS(Wechat)が提供するQRコードを使った決済システムです。

WeChatPayの支払いは、中国人観光客にとって、普段使っているから便利というだけでなく、手持ちの現金が減らないので、両替の手間がかからないというメリットもあります。

また、WeChatPayは個人間でも送金ができるので、割り勘やお土産の買い物で利用されます。

例えば、

中国人観光客

今、日本で買い物中だけど、何かいる物あったら買っていこうか?

中国にいる家族

じゃあ、〇〇を買ってきて。金額教えてくれたら、WeChatウォレットですぐに送金するよ!

こんな使い方もできます。

便利でスマートですね。

Coineyを使ったWeChatPayの決済方法

お客さん:銀行口座情報が登録されているQRコードをスマホの画面に表示

店舗側:CoineyアプリでQRコードをスキャン

タブレットやスマホでCoineyアプリを起動して、スキャンします。

決済が完了すると、お客さんのWeChatアプリにレシートがメールで届きます。

釣銭などのやり取りもないので、中国人のお客様でもスムーズに会計ができます。

 

QRコード決済対応のモバイル決済については、こちらの記事にも書いています。

no image
QRコード対応のモバイル決済はどれ?各社を比較

ここ数年で、中国のQRコード決済「WeChat Pay(微信支付、ウィーチャットペイ」や「Alipay(支付宝、アリペイ)」が使える店舗が日本国内でも増えてきました。 また、日本人向けのQRコード決済 ...

続きを見る

 

継続的役務は条件内で決済OK

エステや学習塾など、一定の代金で複数回にわたって長期的にサービスを提供することを継続的役務と言います。

カード会社によって、継続的役務は決済禁止としているところもありますが、Coineyは、サービス内容ごとに規定の期間と金額が設定されていて、それを超える商材は取引禁止としています。

サービス内容 期間 金額
身体の美化、体型を整える、または体重を減らすなどのために行う施術サービス

 

例) エステ、痩身マッサージなど

1ヶ月を超えるもの 5万円を超えるもの
その他、取引時に提供が完了しないサービス

 

例) 教室、塾、紹介サービスなど

2ヶ月を超えるもの 5万円を超えるもの

※JCB / American Express / Diners Club / Discoverブランドはサービス内容に関わらず、役務提供を複数回又は継続的に行う取引は禁止。

 

下記に該当する場合は、上記範囲内でも、サービス提供完了前に代金を徴収する取引は禁止です。(サービス提供完了後の決済であればOK)

商材定義 商材例
1回の取引で複数回サービスが受けられる、または期限内であれば何度でもサービスが受けられると定義された、譲渡可能な商材 回数券、回数チケット、入場券など
「工事」や「修理・修繕」など完成が伴うサービス リフォームなど

また、永代供養費は禁止商材です。年会費(1年に満たない通年費用)も、条件つきの利用可能商材です。

 

楽天ペイやAirペイは、継続的役務の決済はNGなので、継続的役務の決済は、Coiney、もしくはSquareがおすすめです。

 

キャンペーンを利用すればカードリーダー代が0円

Coineyは、政府の取り組みである「キャッシュレス・消費者還元事業」の決済事業者になっています。

キャッシュレス・消費者還元事業に参加すると、カードリーダーが無料で導入できたり、決済手数料が期間限定で安くなったり、消費者にもポイント還元されるなどの優遇措置があります。

キャッシュレス・消費者還元事業への参加申込は、Coineyの利用申込と同時にできます。

中小規模の店舗を対象にした事業なので、参加対象の店舗は多いですが、一部対象外となる業種などがあります。詳しくはこちらをご覧ください

もし、対象外だった場合でも、Coineyは対象外の方向けに、カードリーダー代(通常 19,800円)が無料になる、タダノリキャンペーン第2弾を実施中です。

(※すでにCoineyに申込されている方は対象外です)

このキャンペーンは、Coineyの審査に通過したら無料で端末を送ってくれます。

なので、申し込み完了後に表示されるウェブ管理画面から、Coineyターミナルを購入しないよう注意してください。

ただし、Coineyターミナルがタダになるのは1台だけです。

もし、2台以上導入する場合は、追加台数分は購入が必要です。

一般的なキャンペーンは、一度購入して支払分だけキャッシュバックという形なのですが、今回のCoineyのキャンペーンは、面倒な手続きがなくていいですね。

そして、何と言っても、「決済金額の条件がない」。

これが一番の魅力ではないでしょうか。

手持ちのスマホやタブレットがCoiney対応の機種なら、このキャンペーン中に申込することをおすすめします。

Coineyが実施中のキャンペーン詳細はこちら

Coineyの公式サイトはこちら!

 

他のモバイル決済各社のキャンペーン内容比較はこちらの記事をお読みください。

各社のキャッシュバックキャンペーン比較はこちら

キャッシュバックキャンペーン比較アイキャッチ画像
モバイル決済導入キャンペーン比較【2019年9月版】条件に注意!Square・Airペイ・Coiney・楽天ペイ

カードリーダー端末が無料になる最新キャンペーン情報解説 このページでは、これからモバイル決済を導入する方に向けて、カードリーダー端末をお得に手に入れるための最新情報をご紹介しています。 現在、カードリ ...

続きを見る

 

 

迷ったらやってみよう!

モバイル決済診断チャート

-各社クチコミまとめ
-

Copyright© モバイル決済比較と口コミ 【2019年版】(おすすめ&お得)店舗向けクレジットカード導入徹底解説 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.