コラム

Squareの導入は簡単!申込や審査手順を分かりやすく解説

このページでは、Squareのアカウント登録済みの方がカードリーダー購入後に行う作業について解説しています。

アカウント登録やカードリーダー購入については、前のページをお読みください。

 

モバイル端末にSquare POSレジアプリをインストール

通常のアプリと同じように、App StoreまたはGoogle Playを開いて、「Square POSレジ」アプリを検索、インストールボタンを押します。

SquarePOSレジアプリのインストール画面

インストールが完了したら、アプリを起動して、Squareに登録済みのメールアドレスとパスワードでログインします。

 

Squareリーダーが届いたら、テスト決済と払戻処理

Squareリーダー(カードリーダー)が手元に届いて、アプリのインストールも完了したら、次はテスト決済です。

キャッシュドロワーやレシートプリンタも買った方は、これらもセットしておきましょう。

Squareのテスト決済

100円のテスト決済の方法は、4種類あります。

  • Square Reader(IC カードリーダー)でカード情報を読み取る
  • カード情報を手入力する
  • Square 請求書でテスト決済をする
  • ブラウザ決済

Squareの使い方は、カードリーダーに同梱されている「Squareをはじめよう」というパンフレットに、詳しく載っています。

Squareスタートアップパンフ写真

操作は簡単だし、丁寧にやり方が書いてあるので、これを読めば、問題なく操作できると思います。

Squareスタートアップパンフ中身の写真

 

問題がある時は、Squareのヘルプページを確認

私が初めてSquareを使った時に、ひとつだけ、ちょっと戸惑ったことがあります。

カードリーダーをスマホのイヤホンジャックに挿した時に、「推奨レベルを超えるまで音量を上げますか?大音量で長時間聴き続けると、聴力を損なう恐れがあります」というメッセージが表示されたのです。

推奨レベルを超えるまで音量を上げますか?のメッセージ画面

 

このメッセージは、どの機種にも出るわけでないようです。

予期しないメッセージでちょっとびっくりしましたが、もしこのメッセージが出ても、OKを押して次に進めば問題ありません。

私は、これ以外は、特に何の問題もなかったです。

機種によって生じる問題事例は、Squareのヘルプページ「Square Reader との互換性に問題のあるモバイル端末」に載っています。

古い機種ばかりが載っているわけでなく、新しい機種も載っているので、うまくいかない時などは、一度確認してみるといいです。

 

注意!テスト決済は必ず100円で

Squareはテストモードがないので、実際の決済と同じように操作します。

テスト決済は、その後、払戻の処理をして相殺します。

パンフレットにも「100円のテスト決済をしてみましょう」と載っていますが、テスト決済は必ず100円でやってください。

テスト決済だからと言って、「100万円でやってみよう!」なんてことは絶対にダメです。

いきなり高額な決済をすると、アカウント停止になる可能性があります。

また、テスト決済などの正当な理由なしに、自分のカードを使った決済をすること(自店売上)は規約で禁止されています。

何度もテスト決済をくりかえすと、不審な決済を疑われ、アカウント停止になることもあるので注意しましょう。

アカウント登録すると届くSquareからの案内メールには、

テスト決済は、100円で1〜2回程度にとどめるようにしてください。

とあります。

 

テスト決済したら払戻しの処理を

100円のテスト決済は、テストモードではないので、そのままにしておくと、実際に引落されてしまいます。

必ず、払戻しをしましょう。

操作はパンフレットを見れば、簡単にできます。

 

JCBの申し込みをする

JCB・Diners Club・Discoverカードの取り扱いは、はじめのSquareの審査とは別に、JCBによる審査が必要なので、審査申し込みをしましょう。

複数の店舗を追加登録した場合、各追加店舗ごとに申込みが必要です。

Squareにアカウント登録して初めて届くメールの中に、JCB審査の申し込みボタンから指定のJCB申請フォームにアクセスし、業種や店名などを正しく記入します。

この時、業種によっては、許可証・免許・国家資格情報に関する書類が求められる場合があります。

情報提供が求められる業種

  • バー、クラブ、スナック(営業許可証)
  • リサイクルショップ(古物商許可証)
  • 旅行代理店(旅行業免許)
  • 法律サービス、司法書士、会計、コンサルタント等(下記の国家資格を証明する情報)
    • 弁護士
    • 税理士
    • 測量士
    • 司法書士
    • 中小企業診断士
    • 建築士
    • 行政書士
    • 社会保険労務士
    • 労働安全コンサルタント
    • 弁理士
    • 労働衛生コンサルタント
    • 海事代理士
    • 不動産鑑定士
    • 消費生活アドバイザー
    • 公認会計士
    • 土地家屋調査士
    • 消費者生活専門相談員
    • ファイナンシャルプランニング技能士

JCBの規約を確認しておく

JCBの加盟店になるには、

  • JCB加盟店規約
  • JCB取り扱いに関する特約
  • JCB取り扱いに関する確認書

を確認して同意する必要があります。

JCB申請フォームの下の方に、規約へのリンクがあるので、目を通しておきましょう。

申請が終わると、最短3営業日で審査結果のメールが届きます。

私が申請した時は、3営業日目に審査通過メールが届きました。

が、いま現在は、申し込み状況が混みあっているようで、通常より審査に時間がかかっているようです。

 

キャッシュバック申請を忘れずに!

これで、導入に関しての作業は終了です。

最後に、キャッシュバックキャンペーンの申請をお忘れなく。

 キャッシュバック申請の流れ 

    1. テスト決済後10日以内に、Squareからキャッシュバック申請用のメールが届く

キャッシュバック申請イラスト下矢印

    1. 申請用メール内のボタンから申請フォームに入力

入力フォームに記入下矢印

    1. 申請から1週間以内に、キャッシュバック適用確定の連絡が届く

キャッシュバック確定メール下矢印

    1. 翌月末に銀行に入金(他のカード決済分と合算

翌月末に銀行入金

以上です。

長々と書きましたが、本当は、こんなに細かく説明するまでもない感じです。

Squareは、アカウント登録したら、メールで次にやるべきことが送られてくるので、メールに従って進んでいけば、たいていの場合、問題なくできるはずです。

 

 

Squareの申し込みはこちらからどうぞ

 

迷ったらやってみよう!

モバイル決済診断チャート

よく読まれている記事

どれを選ぶ 1

クレジットカード決済を店舗に導入するなら、タブレットやスマホをカードリーダーとつないで使うモバイル決済サービスがおすすめです。 中小規模の店舗や個人事業主でも、大きな費用をかけずに導入できます。 ただ ...

導入キャンペーン 2

カードリーダー無料の最新キャンペーンまとめ このページでは、これからモバイル決済を導入する方に向けて、カードリーダー端末をお得に手に入れるための最新情報をご紹介しています。 カードリーダーを無料で手に ...

Squareの操作画面 3

\ Squareの公式サイトはコチラ / Square 中小の店舗や個人事業主を中心に人気のモバイル決済。中でも、導入しやすいと評判なのがSquare(スクエア)です。 このページでは、Squareの ...

Airペイ写真 4

Airペイは、2020年1月から「UnionPay(ユニオンペイ/銀聯-ぎんれん)」の取り扱いを開始! \ 公式サイトはこちら / AirPAY 0円キャンペーン実施中! このページでは、Airペイの ...

coiney 5

おしらせ 2020年4月、コイニーは、サービス名が「STORESターミナル」に変わりました。 下記の通り名称が変わりました。 Coineyターミナル → STORESターミナル Coineyスキャン  ...

レシートプリンター買っていない店舗の対処法 6

SquareやAirペイ、Coineyなどのモバイル決済では、電子レシートが発行できます。 お客様のメールやSMSにレシートが送信できるので、レシートプリンターがなくても決済業務が行えます。 そのため ...

スクエアとエアペイ比較 7

  専用のカードリーダーにスマートフォンやタブレットを接続して、クレジットカード決済ができるモバイル決済。 その中でも、AirPay(エアペイ)とSquare(スクエア)は、人気が高いサービ ...

-コラム
-

© 2020 モバイル決済比較と口コミ 【2020年】クレジットカード店舗導入おすすめ診断チャート Powered by AFFINGER5