個人事業主の店舗にクレジットカード決済導入~自営業のための主要モバイル決済比較、評判・口コミ・キャンペーン情報まとめ

モバイル決済比較と口コミ 【2020年版】(おすすめ&お得)店舗向けクレジットカード導入徹底解説

2月3日【NEW】Coineyが「のっトク!キャンペーン」を開始   2月1日【NEW】おてがるPayが「まだまだキャッシュレス!導入しようキャンペーン!!」を開始   1月21日 Squareがピピッとお試しキャンペーンを開始   12月19日  Airペイが2020年1月よりユニオンペイ(銀聯)の取扱開始を発表しました      

顧客に請求書をメール送信してオンライン決済したい

あなたにおすすめはSquareとCoiney

お客様に決済用のウェブページを送ってオンライン決済できる、おすすめのクレジットカード決済は、Square(スクエア) Coineyです。

 

Square

Squareの公式サイトはこちら

 

Squareの請求書

Squareの請求書機能を使えば、スマホからでもパソコンからでも、数秒でかんたんに請求書が作れます。

お客様のメールアドレスと金額を入れて送信すればOK。

(アプリに金額登録済みの商品は、商品選択すれば金額が自動入力されます)

 

お客様は、メールからアクセスしたウェブページでオンライン決済を行うか、または、対面で支払うこともできます。

Squareは、使い勝手のいい便利な機能が色々あっておすすめです。

 

  • 現金や銀行振込による支払いも、記録・管理できます
  • 予約送信が可能
  • 定期送信が可能
  • 一部入金が可能
  • 継続課金に対応
  • 支払い状況の確認機能
  • 自動リマインダー機能
  • 請求書を英語で送信できる

すごく便利ですね。

 

Squareの請求書の詳しい使い方は、こちらの動画をご覧ください。

 

Squareの決済手数料

Squareの基本的な決済手数料は、3.25%~となっており、他社とほとんど変わりません。

カード情報を手入力した場合やブラウザ決済をした場合は3.75%~など、決済方法によって手数料が変わるものがありますが、Square請求書の決済手数料は、3.25%~です。

 

Squareの決済手数料(機能別一覧)

(お客様がカード情報の保存を承諾した場合)保存されたカード情報に基づく支払いにの場合は、VISA、Mastercard、American Express、Diners Club、Discoverカードの場合は3.75%。JCBカードの場合はどの方法でも3.95%の決済手数料となります。

 

Squareの特徴

Squareは、ポケットサイズのカードリーダーを、スマートフォンやタブレットとつないで、クレジットカード決済を行うモバイル決済サービスです。

Squareイラスト

大がかりなシステムを組む必要がなく、簡単に導入できます。

他社と比較した主な特徴

  • 振込手数料がかからない
  • 審査が早くてすぐに導入できる
  • 入金サイクルが早い
  • 本人確認は画面に電子サインのみ(暗証番号入力はできない)

 

Squareの評判

Squareを利用した方からは、どんな意見や感想が上がっているのかまとめました。

 

Squareを実際に使った人の感想・評判まとめ記事はこちら

Squareの操作画面
Square 評判・口コミ・感想まとめ【スクエア-カード決済導入】

中小の店舗や個人事業主を中心に人気のモバイル決済。中でも、導入しやすいと評判なのがSquare(スクエア)です。 このページでは、Squareの評判・口コミ・レビューを集め、スクエアを実際に導入してい ...

続きを見る

 

Squareを導入するなら今がお得

Squareは、政府が実施する「キャッシュレス・ポイント還元事業」に登録している決済事業者です。

規模の小さい個人事業主でも審査が通りやすい政府の補助金(加盟店手数料補助事業)キャッシュレス・消費者還元事業にも、Squareの申込と同時に、簡単に申し込めます。

キャッシュレス・ポイント還元事業に参加する個人事業主中小店舗は、今なら、Squareのカードリーダー(通常7,980円)が無料で手に入ります。

 

キャッシュレス・ポイント還元事業の申込は2020年4月下旬(予定)まで

キャッシュレス・消費者還元事業は、決済端末が無料導入できる他、期間中は決済手数料も安くなり、顧客にもポイントが還元されるなど、お得なメリットがあります。

Square経由でキャッシュレス・消費者還元事業に参加すれば、カードリーダー料金は0円となり、決済手数料も通常3.25%のところ、期間限定で実質2.16%になります。

また、もし、キャッシュレス・消費者還元事業の対象から外れてしまった方でも、カードーリーダーが実質無料になるキャッシュバックキャンペーンが利用できます(キャッシュバック対象となるには、いくつかの条件があります)。

キャッシュレス・消費者還元事業は、うまく使えばとてもお得。詳しくはこちらの記事をご覧ください。


公式サイトはこちら

今なら決済端末が無料!

 

Coiney(コイニー)

 

Coineyの請求書、Coineyペイジ

Coineyの管理画面から、件名や金額を入力して、簡単に決済用のウェブページ(Coineyペイジ)が作れます。

決済ページのURLをコピーして、LINEやメールなどに貼り付けて送ることができます。URLをタップするだけでコピーができるため、スマホでもかんたんにご利用いただけます。

また、QRコードを発行することもでき、対面での決済も可能です。

 

Coineyペイジは多言語対応

ひとつのCoineyペイジを作成すれば、自動的に多言語対応されたCoineyペイジが作成されます。

売上票(レシート)も多言語対応です。

対応言語:日本語、英語、繁体字中国語、簡体字中国語、韓国語、タイ語

 

CoineyペイジはVisa・Mastercardのみ対応

Coineyのカードリーダー(Coineyターミナル)による決済は、Visa・Mastercard・SAISON CARDの他、2次審査通過店舗は、JCB・American Express・Diners Club・Discoverも可能ですが、Coineyペイジの決済は、Visa・Mastercardしか対応していません。

利用できるカードブランドが限られていますので、ご注意ください

 

Coineyの特徴

  • 決済ごとに手数料がかかります(3.24%~)
  • 月額固定費なし
  • 暗証番号もしくは署名(画面にサイン)で本人確認
  • 振込手数料は10万未満は200円、10万以上は無料
  • カードリーダー無料キャンペーン中
  • メールで電子レシートを発行できる
  • 紙の控えを発行する場合は、レシートプリンタの購入が別途必要
  • 電子マネー決済ができる(Android不可)
  • 2回払いやリボ払いができる( VISA / Mastercard)
  • 中国人向けQRコード決済WeChatPayに対応

キャッシュレス・ポイント還元事業に参加すると無料で決済端末が手に入る

政府が実施する「キャッシュレス・消費者ポイント還元事業」にCoiney経由で参加すれば、今なら、カードリーダー(通常19,800円)が無料で手に入ります。

キャッシュレス・ポイント還元事業の参加登録にあたっては、事業内容や規模によっては審査が通らないこともありますが、中小規模の個人事業主や店舗が参加しやすい条件になっています。

決済端末が実質負担なしで導入できる期間は、2020年4月下旬(予定)まで

キャッシュレス・消費者還元事業は、決済端末が無料導入できる他、期間中は決済手数料も安くなり、顧客にもポイントが還元されるなど、お得なメリットがあります。

キャッシュレス・消費者還元事業は、うまく使えばとてもお得。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

対象から外れてもキャンペーン利用で決済端末が無料

もし、キャッシュレス・ポイント還元事業の対象から外れてしまった店舗でも、Coineyでは新規導入の方を対象に、決済端末が無料になるキャンペーンを実施中です。

今ならお得にコイニーが導入できます。

\ 今なら決済端末無料 /

Coineyの公式サイトはこちら

 

 

クラウド請求書・見積書・納品書管理サービス Misoca(みそか)

Copyright© モバイル決済比較と口コミ 【2020年版】(おすすめ&お得)店舗向けクレジットカード導入徹底解説 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.