Square・Airペイがおすすめ

HOME >モバイル決済チャート

 

Square・AirPAY

あなたにおすすめは、SquareとAirペイです。

SquareとAirペイは、どちらも入金される時の振込手数料が無料です。

他社は、金額が少ない場合など、毎回手数料が取られるところがありますが、SquareとAirペイは金額に関わらず、振込手数料が無料です。

SquareとAirペイを比べると、それぞれ一長一短ありますが、このふたつを組み合わせて使うのが一番使い勝手がよくおすすめです。

他社との機能を比較したこちらのページにある比較表をみていただけると、SquareとAirペイの特徴がよく分かります。

 

一社にしぼるならSquareがおすすめ

もし、まずは1社のみ申込したい場合は、Squareがおすすめです。

Squareは導入にかかる期間が短く、操作も簡単なので、はじめてのモバイル決済に選ぶならSquareがイチオシです。

まずは、手持ちの端末が対応機種かどうか確認してみて下さい。

 >Square対応端末【iOS ・Android】<

 

\ 公式サイトはこちら /

 

ただ、Squareは、決済の時の本人確認がデジタル署名(画面に電子サイン)のみで、暗証番号入力に対応していません。

その点が気になる方は、Airペイを選ぶといいでしょう。

Airペイなら、暗証番号入力でも署名でも本人確認が可能です。

 

Airペイの特徴

Airペイは、業界最安水準の決済手数料(3.24%~)で、国際ブランドのクレジットカードや、国内主要電子マネーの決済ができます。(利用には審査があります)

利用できる決済の種類が多いのが最大の特徴です。

振込手数料がかからないのも大きなメリットで、なるべく費用をかけずに使いたいという方にもおすすめです。

また、主要国際ブランドの他、中国人向け中国カード決済「ユニオンペイ(銀聯)」も決済できます。

関連サービスのAirペイQR(要別途申込)も利用すれば、中国人向けQR決済「WeChatPay」「AliPay(アリペイ/支付宝)」にも対応しているので、インバウンド対策もバッチリです。

注意点としては、iPhoneやiPadなどのi-OS対応で、Androidは非対応です。

 

Airペイではお得なキャンペーンを実施中!

Airペイでは、新規の方を対象にiPadとカードリーダーが無料となるキャンペーンを実施中です。

Airペイの公式サイトはこちら

「よくあるご質問」内で手持ちの端末が対応機種か調べられます。

最後に

もし、これからモバイル決済用のタブレットかスマートフォンを購入しようと考えているなら、Androidではなく、iPhoneかiPadを買うのをおすすめします。

クレジットカード決済に限れば、Androidでも問題なく決済できますが、電子マネーの利用や、POSレジの利用を考えると、i-OSの方が色々なサービスに対応しており使える機能が多いのです。

各社の公式サイトのサポートページに、対応するタブレット・スマートフォンの記載がありますので、確認してみてください。

 

Airペイは公式サイトの「よくある質問」から「動作環境」のキーワードで検索すると確認できます。

© 2020 モバイル決済比較と口コミ 【2020年】クレジットカード店舗導入おすすめ診断チャート Powered by AFFINGER5