個人事業主の店舗にクレジットカード決済導入~自営業のための主要モバイル決済比較、評判・口コミ・キャンペーン情報まとめ

モバイル決済比較と口コミ 【2020年版】(おすすめ&お得)店舗向けクレジットカード導入徹底解説

2月3日【NEW】Coineyが「のっトク!キャンペーン」を開始   2月1日【NEW】おてがるPayが「まだまだキャッシュレス!導入しようキャンペーン!!」を開始   1月21日 Squareがピピッとお試しキャンペーンを開始   12月19日  Airペイが2020年1月よりユニオンペイ(銀聯)の取扱開始を発表しました      

楽天ペイがおすすめ!

あなたにおすすめは 楽天ペイ です。

楽天ペイの実店舗サービスは、1台のカードリーダーで、クレジットカード決済の他、デビットカードや電子マネー決済も利用できます。

 

\ 今ならお得に導入できる /

 

楽天ペイのカード決済・電子マネー決済は、専用のカードリーダーと、スマートフォンやタブレットを接続して使います。

操作は、無料の店舗アプリで行います。

 

no image
楽天ペイ【店舗導入 加盟店登録】評判・口コミ・使ってみた感想まとめ

楽天が実店舗向けに提供するモバイル決済サービス、楽天ペイ(旧楽天スマートペイ)。 クレジットカード決済だけでなく、電子マネーやアプリ決済もでき、決済手数料も安い。 いいところばかり目につきますが、実際 ...

続きを見る

楽天ペイなら電子マネーがAndroidでも決済できる

モバイル決済で、電子マネー決済ができるサービスは他にもありますが、iPhoneやiPadなどのi-OSのみ対応のところが多く、Androidで電子マネーが決済できるところが少ないのです。

しかし、楽天ペイは、Androidでも電子マネー決済が利用できます(利用には審査があります)。

一部、対応していない機種もありますので、公式サイトで、手持ちの端末が使えるか事前に確認してください。

 楽天ペイ 「対応機種」ページでご確認いただけます。

 

楽天ペイの特徴

決済の種類が多い

楽天ペイの最大の特徴は、決済できる種類が多いこと。

主要国際ブランドのクレジットカードはもちろん、交通系の電子マネーやQUICPay、アップルペイやGooglePay、nanacoにも対応しています。

楽天ペイ取り扱いブランド

決済手数料は、他のモバイル決済とほぼ同じ、3.24%~となっています。

 

入金サイクルが早い

楽天ペイは、入金タイミングが早いのが特徴です。

指定口座を楽天銀行にした場合は、決済の翌日に自動で入金されます。楽天銀行以外でも、翌営業日に入金されます。

 

振込手数料

楽天ペイは、指定口座が楽天銀行だと振込手数料が無料になります。

しかし、楽天銀行以外だと、1回の振込につき、210円(2019年10月1日に330円に料金改定)かかります。

振込のたびに、少額でもお金がかかるのは損なので、楽天ペイを使うなら、楽天銀行 を使うことをおすすめします。

逆に、楽天銀行を使いたくないのであれば、楽天ペイ以外のモバイル決済の導入を考えた方がよいです。

例えば、Airペイは、楽天ペイと同じく、電子マネーなど決済の種類が多いのが特徴です。Androidでは使えないのですが、キャッシュレス・消費者還元事業に参加の店舗であれば、タブレットとカードリーダーが無料になるキャンペーンをしているので、お得に始められます。

店舗決済システムAirPAY

Airペイ写真
Airペイの評判~口コミ・感想まとめ-AirPAY(エアペイ)

エアペイは、2020年1月から「UnionPay(ユニオンペイ/銀聯-ぎんれん)」の取り扱いを開始! \ 公式サイトはこちら / AirPAY 0円キャンペーン実施中! このページでは、Airペイの評 ...

続きを見る

 

楽天ペイの審査

楽天ペイの審査は、比較的、審査が通りやすいSquareなどに比べると、やや難易度が上がるようです。

しかし、飲食業・サービス業・小売業など、幅広い業種に導入されている実績があります。

ただ、サークルや実店舗がない事業などは、基本的に審査は通りません。

また、複数回にわたるサービスのまとめ払いや前払いなども、利用規約で禁止されています。

加盟店審査は、Visa・Mastercardの審査 、JCB・American Express・Diners Club・Discoverの審査、電子マネーの審査と段階的に行われます。

(審査結果によっては、利用できるクレジットカードブランドがVisa、Mastercard、楽天カードのみとなったり、電子マネーが使えない場合などがあります。また、タクシー・ハイヤーの業種は、電子マネー決済の利用はできません。

 

キャッシュレス・ポイント還元事業参加で手数料がやすくなる

楽天ペイは、政府の補助事業「キャッシュレス・ポイント還元事業」の決済事業者に登録されています。

楽天ペイ経由で、キャシュレス・消費者還元事業に参加すると、期間限定で決済手数料が安くなったり、決済端末が無料になるなどの特典が受けられます。

端末の無償貸与

楽天ペイキャシュレス・消費者還元事業参加で無償

  • カードリーダーのみ無償貸与
  • カードリーダーとレシートプリンタが無償貸与
  • カードリーダーとタブレットが無償貸与

どのプランかは選べます。

 

決済手数料が実質2.16%

キャッシュレス・ポイント還元事業に登録した店舗は、2020年6月までの期間限定で、決済手数料が実質2.16%に優遇されます。

また、消費者にも、ポイントが還元されるのでキャッシュレス決済を利用するメリットがあります。

 

【注意】審査に落ちたら、機器代が請求される

お得なキャシュレス・消費者還元事業ですが、この事業に参加するには、審査があります。

個人事業主や中小店舗を対象とした事業なので、規模が小さすぎることは問題にならないのですが、対象外の業種があったり、逆に、規模が大きすぎる対象外になってしまいます。

タブレットやレシートプリンタの無償貸与品が届いた後に、キャシュレス・消費者還元事業の審査に落選という結果になった場合は、後から、機器代が請求されるので注意が必要です。

キャシュレス・消費者還元事業について詳しくはこちらの記事で解説しています。

no image
キャッシュレス・消費者還元事業と補助金の情報まとめ~対象外の業種に注意!

2019年10月の消費税率10%へ引き上げにともなう対策として、政府が打ち出した「キャッシュレス・消費者還元事業」。 消費税引き上げの負担感の軽減対策として、キャッシュレス決済で、消費者に最大5%のポ ...

続きを見る

注目

キャシュレス・消費者還元事業の対象から外れた店舗でも、楽天ペイのキャッシュバックキャンペーンを利用すれば、カードリーダーが無料で手に入りいます。

(キャッシュバックされるには、いくつか条件があります)

 

分からないことがあったらチャットでも聞ける

楽天ペイは、電話やメールの他、チャットでも問い合わせを受付しています。

チャットだと、電話やメールより気軽に問い合わせでき、レスポンスも早いので便利です。

導入前の問い合わせにもこたえてくれるので、分からないことがあったら、チャットで聞いてみるのもおすすめです。

チャットの受付時間は、平日の午前10時~午後8時です。

 

楽天ペイの公式サイトはこちら

Copyright© モバイル決済比較と口コミ 【2020年版】(おすすめ&お得)店舗向けクレジットカード導入徹底解説 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.